ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差。 【解析・設定差】ツインドラゴンハナハナ

ツインドラゴンハナハナ

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差

しかし、朝一のガックンはお店側が容易に対策ができますし、初回BIG終了後のパネフラも確実ではありません。 ベル確率は微差ですが設定差がありますので• 据え置き濃厚でも、ボーナスが引けずに内容も腐ってるなら心置きなく捨てれますので 笑• レギュラーボーナス中のサイドフラッシュ ドリームハナハナから導入されているシステムですが、サイドフラッシュの色によって設定の偶数・奇数を判別する事ができます。 ハピタスを経由して普通に楽天カードを申し込みました。 だって朝飯なんて慣れないことしたら、途中でコンビニに駆け込みますよね…。 ビッグボーナス突入時のウェイト 新台のツインドラゴンハナハナはこれまでとは少し異なり、777を揃えてビッグボーナスに突入すると、 数秒間ベットランプが効きません。 でも当日は大ハマり前にある程度連チャンもあんましてなかったのでそこは気がかりでしたが。

次の

【解析】ツインドラゴンハナハナ

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差

とは言っても、ある程度腰を据えて回さないとこの辺の確率は荒れますから、その点は悩ましい所ですね! REG中のサイドランプ判別• その色の変化によって、高設定かどうかを示唆してくれますので、もしかするとパネルフラッシュよりも高精度な判別ができるのかも。 今日は連れ打ち。 さらに新筐体「ジェネシス」により、新ハナハナシリーズとしての 『新プレミアム筐体バイブ・バウンドストップ・ウイニングランプレインボー・MAXBET変化』など、今までのハナハナよりも演出がカッコよく豊富になっています。 詳しい情報が判明するまでは、とりあえずはの実戦値を記載しておきますね。 自分の台はハズレ(リーチ目揃ってた?)、周囲を見てもどこもチカってない。

次の

ドラゴンハナハナの設定判別と設定差・機械割・期待収支を徹底攻略!

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差

青 設定1,3,5• 設定推測ツールはまだ使えないので、個人的設定推測です。 動画・画像をピックアップ• 7を揃えた瞬間の演出も楽しめという事なのでしょうか。 「ランプ系演出」 [レインボーランプフラッシュ] 筐体上部のウイングランプが虹色に! [バックライトフラッシュ] 全リール停止後にバックライトがV字フラッシュ! 「MAXBETボタン変化」 通常は赤色のMAXBETが緑に光る(ハイビスカスランプが浮かび上がる)。 ジャグなんかでもそうですがほんとに56の可能性があればBIGだけでなくバケもちゃんと付いてきます。 少なくともBIGを引けているという事は、その日の投資額を抑えるチャンスである事は間違いありません。 イメージとしては、 より精度の高まったパネルフラッシュと言う事になります。 えっ!?REG後の龍玉ランプが出たのかって? そんなの出るわけないでしょう! その後は良さげマイジャグラー3を見つけて打ち出すのでした。

次の

ツインドラゴンハナハナ‐30 掲示板

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差

「最大獲得枚数」 BIG…312枚 REG…130枚 どちらのボーナスもほぼフリー打ちで最大枚数を獲得できる。 青 設定3以上確定• カウント要素も多い機種ので、カチカチくんは必須です。 歌詞が「ハナチカ!ハナチカ!ハナ!」っていうヤツです。 そして今までになかった『花びら部分がクルクル回るように点滅する』他、 今までよりも多くのプレミアムパターンが搭載されています。 ・ボーナス終了後の龍玉パネルフラッシュの色で設定を示唆。 奇数設定では青・緑が出現しやすい 偶数設定では黄・赤が出現しやすい 設定6だけはすべて同じ割合 ハナハナシリーズでサイドランプの色示唆を搭載している「ドリームとグレキン」の確率は以下の通りです サイドランプ色振り分け 設定 青 緑 黄 赤 1 36. 明らかに設定I間違いないです! 前日は設定3. ・連チャン時のサウンド(BGM)で設定を示唆。

次の

ツインドラゴンハナハナ 打ち方 設定判別 パネフラ 解析まとめ

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差

ということで、第3のミッションは失敗。 ボーナス終了後はハイビスカスではなく、この龍玉ランプをきちんと見ておきましょう。 実戦のお話 3月3日の日曜日。 黄 設定3以上確定• 次に当たったのは168G・REG、サイドランプは黄点滅。 BIG後とREG後では示唆内容が異なり、BIG後に関しては「青<黄<緑<赤<虹」の順で高設定期待度アップ! REG後に関しては、青or黄なら 設定3以上濃厚、緑or赤なら 設定5以上濃厚、虹なら 設定6濃厚に!! なお、REG後の龍玉パネルフラッシュは青より黄の方が高設定期待度アップ、緑より赤の方が設定6期待度アップといった特徴もあります。

次の

ツインドラゴンハナハナ 設定差・設定判別・確定演出総まとめ|通常時のベルはカウント必須!

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差

ツインドラゴンハナハナ 1. スロットで勝つ為には、 ホールのスランプグラフとボーナス確率と毎日触れ合う事が重要かなと、個人的には思っています。 しかし、毎日データロボサイトセブンを活用しながらホールの出球状況を観察している間に、その日投入されている設定の推測は随分出来る様になりました。 そこから大連チャンして、REG終了後に龍玉ランプがレインボー点滅。 設定を掴んだと思った 推測した としても、腰を据えて打てない!. レバーフリーズ その名の通り、レバーオンした瞬間に、リール・ストップボタン・ベッドボタンなど全てが数秒間フリーズした後、演出が発生します。 個人的経験則では、ツインドラゴンハナハナは出玉の波がわりと激しい印象があります。 もちろん、左リールの目押しに成功しても スイカを取りこぼすと損をすることになるので、スイカを揃えるところまで集中力を持続させましょう。 動線を意識した2台を選んで翌日を迎えました。

次の

設定判別/立ち回りポイント:ツインドラゴンハナハナ

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差

設定上げ狙いで大切なのは、何はともあれ設定変更がされているかどうかです。 REG後の龍玉ランプには要注意です! レトロサウンド発生 100G以内のボーナス連チャン時にレトロサウンドに変化する抽選が行われています。 設定変更時にはボーナス間ゲーム数がリセットされるのに対して、電源OFF・ON時にはゲーム数が引き継がれることから、 朝一1回目のボーナスで連チャン用BGMに変化すれば据え置き濃厚となりますね。 ハナハナはジャグラーと比較して、結構荒れやすいので前日データが明らかに設定1の場合、当日どんなに差枚がプラスであっても、疑わしい時はスパッとヤメにしましょう! 逆にこの台で 「REGが異常に強くて合算も良い、けどBIGが弱い!」という展開だったら、タコ粘りしてましたね。 ボーナス終了後のフラッシュ ボーナス後にパネルフラッシュの有無によって設定示唆。 今だからわかる正解の立ち回りはこうです。 こうなってくると、うずうずしてきちゃうのが悪い癖。

次の