時節柄 どうぞ ご 自愛 ください。 「ご自愛くださいませ」の例文・使い方・返信|相手別/季節別

「ご自愛くださいませ」の例文・使い方・返信|相手別/季節別

時節柄 どうぞ ご 自愛 ください

つまり、「ご自愛ください」とは、 目上の人などに対して「健康に気をつけてください」と体調を気遣う意味を持っています。 「おいといください」は「煩わしいことを避け静養してください」というニュアンス 「おいといください」は「お厭いください」と書き、「お体をいたわり、大事にしてください」の意味になります。 そのため「ご静養のほどお祈りしております」は、「ご自愛のほどお祈りしております」より、相手の健康面を気遣う言葉になります。 似たような表現で「愛」の字が入っていることから、よく間違える言葉の一つでもあります。 季節の変わり目に、体調を崩されませんよう願っています。 きちんとした言葉で気持ちを伝えたいものです。

次の

正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう!

時節柄 どうぞ ご 自愛 ください

手紙やメールで結びの挨拶に使いやすい言葉ですが、注意点もあるのです。 ・お引っ越しのお疲れが出ませんよう、ご自愛ください。 「ご自愛ください」って? 日本語の ご自愛くださいという表現は、あまり会話では使われませんが、メールや手紙の結びの言葉として使いますよね。 皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。 しかし、「どうぞご自愛ください」の前に時候の挨拶を足すことで、さらに季節感をプラスして活用できます。

次の

「時節柄」の使い方や意味・例文

時節柄 どうぞ ご 自愛 ください

時節柄 / 時期が時期だけにという意。 しかし「ご自愛」の意味は「体調を崩さないように」という意味をもっています。 むしろ目上の方だからこそ申し上げることばになります。 夏空が眩しく感じられるころとなりました。 梅雨の晴れ間の美しい青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。

次の

【季節別】「ご自愛ください」の意味と使い方|目上/年賀状

時節柄 どうぞ ご 自愛 ください

しかし、「ご自愛ください」は基本的に「元気な人」「健在な人」に対して使われる言葉です。 相手の健康、幸福、繁栄などを祈る挨拶• 「浅春の折、何卒ご自愛くださいませ」• 「時節柄」も「季節柄」も、季節を表しますので、次のような使い方をします。 難しい言葉を使わなくても、素直に「体に気をつけてね」と言った方が良い時もありますが、時には使ってみて言葉の良さを味わっても良いでしょう。 残暑厳しき時節、くれぐれもご自愛くださいませ。 季節に関しては「祭りの季節なので、町が活気づいています」、世の中の動き、情勢については「最近は物騒なので」、手紙文などでよく使われるのが、「寒さ厳しい折、風邪など召されませんように」とそれぞれ置き換えられる表現です。 「どうぞご自愛ください」は、手紙やメールの最後に使用し、相手の健康を気遣う意味が込められた一文です。

次の

季節を問わず年中使える「結びの挨拶」

時節柄 どうぞ ご 自愛 ください

体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 ・何卒お力添えをいただきますようお願い申し上げます。 早く元気になってほしい、回復してほしいという気持ちを「ご自愛」ではなく他の言葉で表現します。 また夏ですので、涼しげな言葉を使いたいと考えますが、「ご自愛ください」は「体を大切にする」という意味ですので、涼しげな言葉は合わないです。 ぜひ、マナーを重んずる社会人として積極的に使ってみましょう。 ・春爛漫の折、何卒ご自愛ください。 改まった文でなくても、メールなどを送信した結びに「ご多忙中の折ですが、ご自愛くださいませ」などを添えると気遣いが伝わるでしょう。

次の

手紙の最後、結びの言葉まで神経を使って正式な手紙を書きましょう

時節柄 どうぞ ご 自愛 ください

」と伝えるにふさわしい挨拶状でもあります。 会話でも使われますが、メールなどの最後に友人との別れ際の挨拶として、それじゃ、またね!を意味する、 See you! 折り返しご一報ください。 どうぞご自愛ください。 ・炎暑酷暑のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。 「酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます」 「これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください」 暑中見舞いは7月下旬から8月上旬の暑い時期に出しますので、暑さに負けずに過ごして欲しいという願いを込めた言葉にすれば良いです。

次の

「ご自愛ください」の意味・使い方・ビジネスで使えるメール例文4選

時節柄 どうぞ ご 自愛 ください

したがって体という意味が2回はいってしまいますので、「お体を」は不要です。 「ご自愛ください」は目上の人でも、同じ立場にいる人でも、ほぼ関係なく使うことができる便利な言葉の一つです。 文章の体裁を整えるために、漢字の「下さい」を使いたくなる場面があるでしょう。 」など花粉症の方へも気をつけてくださいねという意味で使うこともできます。 ご出席いただける方は、このメールに返信いただくか、幹事の田中までご連絡をお願いいたします。 」の類語ですが、 ご自愛くださいが、 相手に対して、体を大切にするよう促す表現ですので、 「ご多忙の由、くれぐれも御身お大事に。

次の