ツバサ ちゃん 君 は マッチング した 女 は 殺人 鬼。 ツバサちゃん,君は マッチングした女は殺人鬼(1)

出会ってしまった。最低最悪の運命の人。恐怖のマッチングアプリで地獄の日々|今日のおすすめ|講談社コミックプラス

ツバサ ちゃん 君 は マッチング した 女 は 殺人 鬼

あなたに少しでも何かが届けばと思います。 ソラ 國生史の義兄の友達の女の子。 ちなみに、Anonymous(アノニマス)は匿名という意味。 管理人の思う『ツバサちゃん、君は』が伝えたいこと(考察) 出典:「ツバサちゃん、君は マッチングした女は殺人鬼」、著者:福岡玲旺奈、出版社:講談社 『ツバサちゃん、君は』は、匿名でつながるマッチングアプリの危険性を伝えたいように感じられます。 マッチングアプリで出会った「ツバサちゃん」は、主人公の願いを全て叶えてしまします。 ただもしそれが正であるならば『史』も事件の加害者の一人であることになる) で、やっぱりというか予想通りに『ソラちゃん』はお兄ちゃんの友達であった そして意味深な 「だったら、連れて行けないね」という発言……ひ、ひええええええええええええええええええええええええええええええええええ このシチュエーションではただ単に遊びに誘うって意味なんだろうけど、すぐ後に『みつは』が落とした本を読んだ『史』の発言から察するに、『ソラちゃん』という人間はかなり怪しい……というか、ここだけ切り取ったらもうこいつが犯人だと言ってもいいくらいだ ただ、今までの話の中で「あの時の事件を再現しようとしているものがいる」と言っていた発言があったことから それを信じるならば、当時の犯人が確かにいたとしても、昔に何かわだかまりを残してしまった誰かが今の事件を起こしているとするならば『史』か『みつは』が犯人である可能性も拭いきれない…… そもそも当時の犯人を見つけようとしているのは、今回の犯人を見つけようとしていることからちょっとズレている気がする。 『ソラちゃん』が事件に関わっているのは明らかですけど、彼女が たった一人の犯人だとは決まったわけではありませんから。

次の

【19話の感想と考察】ツバサちゃん、君は…

ツバサ ちゃん 君 は マッチング した 女 は 殺人 鬼

壮介が憎い相手の死のシチュエーションをふざけ半分で話したら、その人たちが壮介の発言通りの死に方をするのです。 でももうこれ『 ソラちゃん』が犯人としか思えないよ。 また郵便追跡はできませんのでご了承ください。 「こんなことになったらイヤだな」がすべて現実になる あの子も可愛い、この子も可愛い……そう思ってマッチングアプリの画面をスワイプしていくうちに、やがてとんでもない目に遭う男子大学生の話です。 (紙の書籍ではありません)• 壮介と同じ大学の1年生と思われる。 会いたい。 つまり、ある男が謎の殺人鬼に好かれてしまい、地獄を見るわけです。

次の

出会ってしまった。最低最悪の運命の人。恐怖のマッチングアプリで地獄の日々|今日のおすすめ|講談社コミックプラス

ツバサ ちゃん 君 は マッチング した 女 は 殺人 鬼

出会ってしまった。 さっきまでウキウキしてたのにね……あんなに待ちわびていたツバサちゃんからの着信は、もはや壮介を「ひぃ!」とビビらせる存在です。 マッチングした相手が危ない人であるかもしれないということをわからせてくれる作品ですし、可愛い子がたくさん登場するため男性には特に読んでもらいたいです。 出会ってしまった。 どの子がツバサちゃん……? それにしてもかわいいな。 しかしソラと一緒に遊びに行った後から消息を絶っている。

次の

ツバサちゃん,君は マッチングした女は殺人鬼(1) ツバサちゃん、君は マッチングした女は殺人鬼 (マガジンポケットコミックス)

ツバサ ちゃん 君 は マッチング した 女 は 殺人 鬼

可愛くて、優しい。 事件をきっかけに美少女がいっぱい壮介に接触します。 戸井八瑠花(とい はるか) アイドルをしている可愛い女の子。 可愛くて、優しい。 冴えない大学生・壮介。

次の

【連載断念】ツバサちゃん、君は マッチングした女は…

ツバサ ちゃん 君 は マッチング した 女 は 殺人 鬼

西田(にしだ) マッチングアプリをしている壮介をからかう意地悪な男。 また登場する女の子がみんな可愛いため癒されるのですが、事件の狂気さとのギャップで感情が忙しくなります。 可愛くて、優しい。 ちょっとそれどころじゃない本人に代わって私が喜んであげたいよ……全員めっちゃ怪しいけど……。 しかし、壮介の友達であるがゆえに、ツバサちゃんから目を付けられて…。

次の

出会ってしまった。最低最悪の運命の人。恐怖のマッチングアプリで地獄の日々|今日のおすすめ|講談社コミックプラス

ツバサ ちゃん 君 は マッチング した 女 は 殺人 鬼

「どこにいる?」の意味が変わってしまう イヤな予感は的中します。 お疲れ様です。 早く病気が治ることを願っています。 題名は『ツバサちゃん、君は マッチングした女は殺人鬼』。 そんなアプリで出会った子が自分のために人を殺して回るという恐怖を、ぜひ味わってみてください。 冴えない大学生・壮介がマッチングアプリで知り合った女性「ツバサちゃん」は、可愛くて優しくて、話していると良いことばかりが起きる。

次の