プラチナ フォトン。 プラチナダイヤモンドフォトン(PDP)

魔法の布、プラチナフォトンで病気が治るか?

プラチナ フォトン

何枚かこのフォトンの肌掛けを 作ったので、 自分でも寝る時に、 お腹あたりに 掛けました。 高額でないのもあります。 スピリチュアルの質問をしていらっしゃるからには その手の知識もあるのではないでしょうか。 ドリーン・バーチュー博士の本です。 そのSOSを感じるまで中々体の異変に気付きません。 それが、健康オタクとしての、 このプラチナフォトンという 健康法としての健康グッズに 対する素直な感想です。

次の

プラチナ繊維でできている布団

プラチナ フォトン

【返送先】 〒654-0102 兵庫県神戸市須磨区東白川台4丁目2-7 有限会社オノ・エンタープライズ 小野 清業 きよかず 宛 TEL:078-747-3550 FAX:078-747-3555 QRコード スマートフォンで閲覧可能 お問い合わせ 小野清業 E v i d e n c e 人と地球の共存を見据えた商品への取り組み 自分の健康は自分で守る時代の今日、環境汚染、社会的ストレス、食品添加物などの直接的なマイナス要因も大きな問題ですが、われわれ一般生活の健康への関心も急速に高まってきております。 血流がよくなる事で、代謝がよくなり様々な身体の不調に効果が期待されます。 金属であるプラチナを身体にまとったなら、体温がプラチナに移動し、プラチナから赤外線が出るでしょう。 この狭い範囲の、自然界にわずかしかない生育光線を増幅して安定的に発する事が出来るのが、 プラチナフォトンなのです。 白血球の一種であるリンパ球の機能を向上させ免疫力を高める 4. 藁にでもすがって欲しいです。

次の

健康素材の最終型!?「プラチナフォトン」ってご存知ですか?

プラチナ フォトン

A ベストアンサー スピリチュアル的には、人として成長したので、今の自分とはあわないものや人と縁が切れた。 しかし、その赤外線のもとは、体温なのです。 女性にとっては次のようなうれしい効果が期待できるようです。 今失っていくものは、本当に欲しいですか? 必要ではなく、欲しいと思いますか? 本当の気持ち、本当に望むもの、こうありたいと思う自分 それを圧し殺す時期は終わりを告げました。 そして、古くなった老廃物を組織から受け取って運ぶ役割も持っています。

次の

最先端素材「プラチナフォトン」のご紹介/コスメディカルジャパン株式会社

プラチナ フォトン

htm 「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。 女性が使いやすいインナーを目指しました。 血液に含まれる白血球は、身体に入ってきた細菌やウイルスを退治する役割を もっています。 はらまきで腸を温めることにより、 効率よくカラダの血液循環を促すことができるんです。 不良品 商品が届きましたら商品をご確認下さい。 *その他機種の上に置いたり下に敷いたり、ケーブルに巻いたり、ご自分の納得のいく形での改善をお楽しみください。 赤外線の波長域はとても広いのですが、その中でも身体に有益な波長域を遠赤外線と呼び、 その中で最も生命に有益な働きを持つ物が、生育光線と呼ばれる波長です。

次の

プラチナフォトンとは « Ti

プラチナ フォトン

偶然と言うにはあまりにも一気に、お金も仕事も人の縁も切れてしまうのは、何かスピリチュアル的な事なんじゃないかと思ったもので・・・詳しい方にお聞きしたいと思います。 コスメディカルジャパンではプラチナフォトンやその他商品の代理店を募集しております。 一番ビックリしたのは・・1ヶ月に1回外来で行く状況(慢性膵炎で)のある時・・。 以下の運指は、間違っていませんか? お教え下さいますでしょうか。 外部からのエネルギーを必要とせずにヒトのからだを温めたり、免疫細胞を活性化することが、世界的な学術雑誌への論文掲載によって科学的に証明されています。 プラチナダイヤモンドフォトン PDP• と評され、健康関連を主体にその応用分野は急ピッチで広がっています。

次の

プラチナダイヤモンドフォトン(PDP)

プラチナ フォトン

以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。 健康素材の最終型ともいわれるプラチナフォトン商品。 遠赤外線効果、光触媒効果、 マイナスイオン効果 などがあります。 と評され、健康関連を主体にその応用分野は急ピッチで広がっています。 『プラチナフォトン』は、医療関連を含めた新たな 世界特許を取得、その必要性、需要、商品力が認められイタリア、フィリピン、ブラジル、中国など海外にも商品や素材・ノウハウを提供しております。 ということは、もし、プラチナ繊維から赤外線が出るとしたら、それは、身体から補給された熱によるものと言えます。 具体的には、以下の表を参考にしてください。

次の