俺 ガイル ss 八幡 ハーレム。 PC生活: ※ss select>やはり俺の青春ラブコメはまちがっている(八幡-鶴見留美ルート)

#1 俺に振りかかった災難 1

俺 ガイル ss 八幡 ハーレム

それから最近ハマってる漫画やアニメの話題 」 八幡「 しかも愚痴ってる最中から、もう比企谷でいいから結婚してくんないかなーとかいう心の独り言が聞こえた気がするが気のせいだ。 」 あーし「ちょ海老名自重しろし」フキフキ 由比ヶ浜 でもヒッキーほんとかっこいいな〜でも目が腐ってた方がよかったかも... 私も八幡に触れたいもん。 それは……。 あざといあざとい。 」ジー 八「ど、どうしたんですか海老名さん」 姫「いやー、私比企谷君のこと好きだなぁって」 八「!、からかわないで下さい」 姫「あれ?気づいてなかったの?」 八「何がですか... 35 【奉仕部部室】 八幡「うーっす」 由比ヶ浜「あー!ヒッキーやっと来た!遅すぎだよ!」 雪ノ下「あら、やっと来たのね。 やっぱいろはすだわ。

次の

【俺ガイル】比企谷八幡「男前主人公ランキングで一位になったら仕事増えた」【材木座SS】

俺 ガイル ss 八幡 ハーレム

君の第一志望を卒業したらそれなりの会社には就職できるだろう」 八幡 考えるだ、考えるだ八幡… 平塚「そのな…君はが第一志望とは言うが…私も公務員だからさすがに子供が出来ると養うのは厳しいかもしれん…」 平塚「だからな…子供が出来てからでも良いんだ…その働いて欲しい」 平塚「その方が子供の為にもなると思うんだ…」オナカナデナデ 八幡「…ん?ちょっと待て…何で腹を撫でるんすか?」 平塚「そ、それは昨日あんなに激しく中に出されたら…初めてだったのに…バカ八幡」 八幡 ………死のう 八幡「え、えと…ゴムは?」 平塚「ん…八幡は持っていなかったでないのか?」 八幡「いや、せん…静さんは持ってないんすか?」 平塚「その…使うこともないと思ってな…かれこれ10年近く彼氏もいなかったしな」 八幡「えっと…ゴムないのにしたんすよね?」 平塚「まぁそうだな…初めてでな」 八幡「…どっちから誘ったんですかね?」 平塚「それは私だが…は、八幡だって乗り気だったぞ」 八幡「…昨日は大丈夫な日とかじゃ…」 平塚「まぁ…残念ながら安全日だ…」 八幡「ほっ…良かった…」 平塚「確かにこんな形で子供が出来るのはな…そこまで気にかけてくれるとは…さすが私の旦那だ」 八幡 そういう意味じゃねぇよ… 八幡「も、もし出来てたらどうするつもりなんすか?仕事だってあるでしょ…」 平塚「それは八幡と籍を置くまでは一人で育てるつもりだったぞ?」 八幡「はぁ…」 平塚「…私は君以外には股を開くつもりはない…」 八幡「せ、静さんは俺みたいのが初めてで良かったんですか?」 平塚「私はな…気付いてしまったんだ…」 八幡「お、おう…」 平塚「君以外の男とほとんど話してないことに…」 八幡「…」 平塚「八幡と話すのは楽しいのは本当だ…これは前にも言っただろ?」 平塚「それに、君は顔も悪くはない…」 八幡「…」 平塚「そ、それにな…私との行為が終わった後に頭を撫でてくれたから…」 八幡 少女かよ… 平塚「初めてだからって優しくしてくれたのも嬉しかったし…」 平塚「私のこと好きだって…」 八幡 何この人…俺のこと好きすぎでしょ 平塚「…暑くなりすぎた…恥ずかしいな…」 八幡「あはは…」 平塚「八幡は雪ノ下とかと付き合っているわけではないのだろう?良いだろ私でも…」ジワッ 八幡「いや、そのなんというか…」 平塚「頼む…捨てないでくれ…何でもするから…」ギュッ 八幡 ど、どうする…どうすべきなんだ… ユーガッタメールユーガッターメール 八幡「!?け、携帯が鳴ってるんで!」 平塚「…出たまえ」 八幡「もしもし…」 小町『あれ~お兄ちゃん?どこいんのさ?』 八幡「お、小町かちょっとな…」 小町『お兄ちゃん誰の家泊まってんの?友達いないのにさ』 八幡「うるせぇよ…まぁ連絡しなかったのは悪かったな」 小町『ん~?平塚先生の家でしょ?先生から連絡あったよ?』 八幡 …なんてこった 小町『小町はお兄ちゃんが帰って来なくて寂しかった~あ、今の小町的にポイント高い!』 八幡「うるせぇよ…」 小町『まぁそれは置いといてさ、いつ帰ってくるつもりなの?それともそのまま先生の旦那になっちゃう?』 八幡「ば、バカ!聞こえるだろ!」 平塚「旦那…」 小町『ん~何のことかな~小町わかんな~い。 でも目が腐ってた時から私は彼のことを.... 俺が受けた依頼はグループを壊すなだからな」 優「じゃあ、あーしらはアンタに迷惑かけてるうえ守られてただけだったの?」 姫「まぁ、そうなるね」 優「そんなことって... なんで素直になれないのかしら私は... 」 ?「心外ね…比企谷君」 八姫「?」 ガララ そこに入ってきたのは雪ノ下雪乃だった 雪「海老名さん勝手に人の気持ちを伝えないでもらえるかしら」 姫「ごめんねー、でもそろそろみんなの気持ちに気づいて欲しくて」 八「お前らの話についていけないんだが…」 雪「貴方って人は... 」 いろは「八幡先輩…?私に抱きつかれるのは嫌ですか………?私、他の男の人にはこんな事しないのに……。 タイトル 小説ID 227394 原作 作者 あらすじ 野球が女性のスポーツとなった世界。 いえ、比企谷八幡君私は貴方のことが好きです。 推しメンにするから 」 戸塚「じゃあ僕は席に戻るから」テヲフリフリ 八幡「じゃあな」 戸塚「...... いやたしかに聞いたの私ですけど。

次の

【俺ガイルSS】一色いろは「先輩……、今付き合ってる人って……いますか?」

俺 ガイル ss 八幡 ハーレム

今日の授業はここまでとする。 八幡くん。 安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。 その点俺は大丈夫だ。 意外と天然ジゴロ入ってるし 」 八幡「天然ジゴロってなんだよ……」 小町「げっ!?あっれれー?小町また口に出してたっぽい!?」 小町「えー、えっと、とりあえずそろそろ支度しないと遅刻だから早く準備してねー!!」コマチハニゲダシタ!! かっこいいね.... 今日は疲れた」グダー 八幡「 それにしても...... かくして、年度末に奉仕部は解体された。 姫「えーと、比企谷君改めてごめんね君の守ってくれたグループ無くなっちゃった。 雪ノ下さんとは逆でさ、しゃべりを勉強しろ、って怒られちゃった」 雪乃「んー今はバラエティに出ないと人気がでないからねー 私もできるなら映画、ドラマだけに出たいよ」 葉山「しゃべりなら俺にまかせな」キランッ 八幡「葉山さん、あなたはそりゃ本職ですから」 雪乃「芸人さんにはかなわないよねーやっぱ」 葉山「俺はしゃべりすぎだって怒られるな。

次の

#1 俺に振りかかった災難 1

俺 ガイル ss 八幡 ハーレム

99 小町「おにいちゃーん」 八幡「おー小町」 八幡「マネージャー、最初の仕事何時からですか?」 マネージャー「んー? まだまだ先だけど」 八幡「じゃあちょっとお昼ご飯いってきます」 マネージャー「わかったー。 倒れたっつっても風邪が少しぶり返しただけだ。 一人は俺の自転車押し。 姉さんも一緒に行きましょう。 72 静「フッフッフッ・・・わかったわよこの静」 小町「わかりましたか」 静「ええ小町ちゃんも?」 小町「はい。 無料体験中に退会で料金は一切不要 無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。

次の

【俺ガイルSS】一色いろは「先輩……、今付き合ってる人って……いますか?」

俺 ガイル ss 八幡 ハーレム

君が、羨ましいよ 」 葉山「 だが君は彼女たちから、周りの人間から、遠ざかろうとする。 本音隠れて無いからね。 」 葉山「...... 辞めた方が良…」 平塚「君が卒業するまで内緒にしておいてくれ」 八幡「oh…」 八幡「えっと…まず服を着ませんか?」 平塚「それもそうだな」ガサゴソ 八幡 やべぇ…なんでこうなったんだ…なんか結婚する気満々だし… 八幡 俺は無理だぞ…それに先生だって冗談だよな… チラッ 平塚「うふふ」ルンルン 八幡 …まだ、慌てるような時間じゃない… 八幡 まずは情報を… 八幡「せ、先生!」 平塚「?」 八幡「あの、聞きたいことがあるんですけど良いですか?」 平塚「聞こうか…ただ…」 八幡「な、なんすか…」 平塚「二人の時は昨日みたいに名前で呼んで欲しい…」 八幡 …いや、なんて呼んでたかしらねぇよ 平塚「そうでなければ聞けんな」テヘペロ 八幡「…静…さん?」 平塚「む…まぁそれで良い、聞きたいこととは何だ?」 八幡「えっと…俺は昨日先生の家に漫画借りに来たんでしたよね?」 平塚「ああ、そうだな」 八幡「その後に先生…静さんの愚痴に付き合わされて…」 平塚「君は案き上手だからな。 ありがと」 静「あーいいわーあの初々しさ。 だ、だから海老名さんの言った通りわ、私は貴方のことが............ 苦情きたら困るしなー」 材木座「わかんないじゃないですかそんなこと」 八幡 いつもヘラヘラしてる材木座さんが熱い 八幡「俺も納得できません。

次の

雪乃「お願い…んっ出して!?」 平塚「はぁはぁ…八幡…私にも…」【俺ガイルss/アニメss】

俺 ガイル ss 八幡 ハーレム

」 由比ヶ浜「うん.... ピッポッパッ。 ?」 八幡「...... あっ雪ノ下さんは近くにいるんで聞いときます。 見限ったんだ」 八幡「俺が雪ノ下や由比ヶ浜との関係を停滞させているから」 八幡「この男はつまらない。 叶えたかった日常。 ヒッキーと話にくくなるかも... vip2ch. 32 いろは「……」チラッ 雪ノ下「…………」ソワソワ いろは え、ちょっと待って。 まぁ、それは良いとして本当にいつ帰ってくんの?』 八幡「…そろそろ戻る」 小町『はいよ、じゃあお昼ご飯は用意しておくね。 総武高校の2年だ。

次の