フィリピン ロック ダウン 延長。 なかなか減らないフィリピンのコロナウイルス感染者!ロックダウンから1ヶ月経過したフィリピンを振り返る

[マニラ・セブなどロックダウン緩和(GCQ) 6/15まで]フィリピン新型コロナウィルス感染症(COVID

フィリピン ロック ダウン 延長

フィリピンでの強化されたコミュニティ隔離措置(ECQ)、いわゆるロックダウンが5月15日まで延長されることが決定しました。 フィリピン第2の都市であるセブと、第3の都市であるダバオでは、対策に大きな違いがみられました。 バギオはそのいくつかの地域に含まれていて、4月30日(木)以降ロックダウンが解除、あるいは緩和される可能性が残っていました。 世界的プロボクサーである政治家である、マニー・パッキャオ氏は、マニラのロックダウンの延長を支持する考えを示しています。 治安の悪化については、稼ぎを失った労働者が裕福層を襲ったり、食料配給者から食料を奪ったり、政府関係者や医療関係者に対して暴行を行うなどの行動が発生している模様()()。 中国、イタリアに続いて世界で3番目に自宅隔離政策を導入した。 さらに、ドゥテルテ大統領から4月24日(金)にアップデートがありました。

次の

[ロックダウン5/15まで延長マニラ・セブなど]フィリピン新型コロナウィルス感染症(COVID

フィリピン ロック ダウン 延長

これはやばい。 またロックダウンにより、93,000軒の店舗の一時閉鎖等により250万人の解雇されたと労働省が発表がありました。 これはある程度仕方のないことかもしれませんが、今フィリピンに来ることは、コロナの危険の中に身を置くようなものです。 ロドリゴドゥテルテ大統領は金曜日、マニラ首都圏、中央ルソン、カラバルソン、および「その他のすべての高リスク」地域での5月15日までの強化されたコミュニティ検疫の 延長を命じました。 バギオのフィリピン留学生たち(日本人を含む)が許可なしに学校から外にでて散歩していたところ地方警察官にみつかり補導、連行。 心折れる、ってこういうことを言うのか、、、っいう感じですかね。 どちらがより深刻かといった話ではなくて、このコラムを読まれている方の中にはフィリピン留学を考えていて、フィリピンの状況を知るために見てくださっている方もいるかと思います。

次の

6月1日フィリピンロックダウンが規制緩和へ。フィリピン政府の対策は成功?失敗?

フィリピン ロック ダウン 延長

また、現実問題として、マニラでは医療関係者が嫌がらせを受けているとも報道されています。 報道官によると、低リスクと認定された国内の大半の地域では規制が緩和される。 つまり、国、国民ともに、限界に達したわけです。 ボランティア(40)• ,Cebu Business Park,Cebu City 電話:(市外局番032)231-7321 FAX:(市外局番032)231-6843 SHIN. インターンシップ(91)• 5 在留邦人及び短期渡航者の皆様におかれては,感染予防に万全を期すとともに,上記のようなコミュニティ隔離措置に関する最新情報のほか,感染状況,医療事情,航空便,入国に係る規制(検査・検疫措置を含む。 しかし、フィリピン政府としても、今回の決断は非常に苦しいものだったと推測されます。

次の

フィリピンメイン都市でロックダウンが5月15日まで延長

フィリピン ロック ダウン 延長

つまり、フィリピン政府が行った、一発ロックダウンという施策は、その当時、非常に適切な対応だったと個人的には考えます。 これまでフィリピンの医療機関は、臨時の施設を設けるなどして、何とかコロナウイルスに対応してきました。 このまま順調にいけば、日本、フィリピンとも新型コロナへの対応方法が確立され、フィリピン旅行が再開できる日も近いのではないでしょうか。 ネットを見る限りでは、この流れを歓迎する声が多くって、余程余力のある人が多いんだろうな、っていう感じだけど、実際はどうなんだろう。 6月にGCQ(規制緩和)に移行して、モールも開いて、美容院もカットだけならできるようになって、少し色々できるようになり始めたな、これからだな!という時に・・・ 個人的には相方がもしかしたら感染者と濃厚接触してるかも(バランガイの職員がその疑い)で、自主隔離で6月初旬から2週間家にこもっていたので、ようやくちょっと市内にも行けるな、と思っていた矢先でのこのニュース。 ドゥテルテ大統領は12日午前に国営テレビで放送された新型コロナ対策会議で、措置の延長に言及したが、具体的にどの地域が対象になるかや延長の期間については触れなかった。 結論からいうと、5月15日(金)までの延長ということになり、これが「2度目のロックダウン延長」ということになりました。

次の

マニラのロックダウンが4月30日まで延長決定。その背景も説明します

フィリピン ロック ダウン 延長

日本の場合は「緊急事態宣言」が発令されてはいますが、 あくまで「要請」であり法的拘束力がないのが特徴的です。 理由の一つとして考えられるのは、やはり 感染者数の増加です。 <悲惨>新型コロナウィルスでセブ島の治安大幅悪化へ(まとめ) マニラ、セブ島ともロックダウンは延長となる可能性大 治安は間違いなく悪化 原則外出しない、出歩いても二人をおすすめする 学生、無給インターンは帰国を強くおススメする 感染リスクだけなら日本のほうが危険かもしれません。 (涙) 前回の3月末から6月初旬までという2ヶ月強のロックダウンの期間、どこよりも厳しい規制が敷かれていたフィリピン、セブ。 まとめ 6月1日に行われたフィリピン国内におけるコロナに関する規制緩和について紹介しました。

次の

[マニラ・セブなどロックダウン緩和(GCQ) 6/15まで]フィリピン新型コロナウィルス感染症(COVID

フィリピン ロック ダウン 延長

現在、多くの都市が、立ち入り禁止を続けています。 ロックダウンが終了するまでは、この「リカーバン」は続く予定とのことです。 バギオ留学の情報のYouTubeなども企画中。 キャリアアップ(464)• 親子留学・ジュニア留学(670)• 「ロックダウン」の期間延長 3月17日(水)に始まったロックダウンは当初の予定では4月中旬までの1ヶ月間の予定でした。 この状態では、やはりロックダウンを解くのは厳しいですね。 大学の春休みを利用して留学していた人、仕事を退職して留学していた人など様々な留学生がいました。 アナウンスがされた4月24日(金)時点では、私の住むバギオは少し特殊な状況下に置かれていました。

次の