牛田 智 大。 天才 牛田智大の親兄弟や彼女は?現在の活動や変わった儀式とは?

牛田 智大|アーティスト|音楽事務所ジャパン・アーツ

牛田 智 大

2009年 — 第10回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA コンチェルトA部門 金賞第1位(大会部門史上最年少)• 10月25日 すみだトリフォニーホール ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団• このアルバムを録音する時は、デビュー当時よりも身長が伸びていて、繊細な演奏に力強さが加わり、音のスケールが大きくなったと評判のアルバムです。 2005年 5歳 、第2回上海市琴童幼儿鋼琴電視大賽年中の部第1位受賞。 学生がコンクールからいろいろ学ぶような気持ちで参加しました。 1999年福島県いわき市生まれ。 楽壇へ登場した際に聴かせてくれていた初々しい演奏から、年齢を重ねるにつれ大胆な緩急、時に凄みまで感じさせるようになった牛田。

次の

【公式】 第2位 牛田智大さん インタビュー|ニュース|浜松国際ピアノコンクール

牛田 智 大

この節目に、2年振りとなる横浜でのリサイタルが実現いたします。 1歳の頃には既に鍵盤に触れていたという事ですから、 これはピアニストになる事を約束されていたのかも知れませんね。 母親は幼稚園や保育園で補助教員をされています。 そのときのお話って、何か聞いちゃいけないのかなって思っていたのですが ・・・。 とはいえ、準備期間がほとんどなかったので「すみません、こんなすごいところに出てきて……」みたいな感じでした。 昨夏ウィーンで撮りおろした、多彩な表情あふれるカラー写真も必見です! そして牛田智大は、その素養を持つと 認められたわけです。

次の

牛田智大の経歴がすごい!ピアノの実力、評判は?過去に病気を抱えてた?

牛田 智 大

独創性もあって、ほかに人が弾くのとはまた違った曲調に聞こえるようなことがあるようです。 (文・高坂はる香) 後援団体 外務省、文化庁、静岡県、公益社団法人日本演奏連盟、一般社団法人日本音楽著作権協会、一般財団法人地域創造、 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)、浜松商工会議所、公益財団法人日本ピアノ教育連盟、 時事通信社、産経新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、朝日新聞静岡総局、静岡新聞社・静岡放送、 中日新聞東海本社、NHK静岡放送局、静岡朝日テレビ、静岡第一テレビ、テレビ静岡、株式会社音楽之友社、 月刊ショパン、K-mix、FM Haro! 演奏家の内には入りません。 ただ、初めからピアノではなく、電子オルガンから始めます。 これはいかん、と思っていたところ『りお』という名前だけは運勢が悪くならなかったので命名しました。 女性だけでなく、 子ども時代の智大さんの心も くすぐっちゃったんでしょうね~。 ペットの名前占いというのを読んで一日中調べまして、牛田という名字をつけると、すぐに運勢が悪くなるんです(笑)。

次の

牛田智大(うしだともはる)動画、現在やプロフィール(身長/中学/高校)両親は?日本最年少デビューピアニスト牛田智大(うしだともはる)動画、現在やプロフィール(身長/中学/高校)両親は?日本最年少デビューピアニスト

牛田 智 大

ホール サントリーホール• ホール 横浜みなとみらいホール• 2012年 12歳 、第16回浜松国際ピアノアカデミー・コンクールにおいて最年少1位受賞。 出身高校や 今後の進路など 知りたいことが沢山あります。 その曲を噛み砕いて理解する中、初めて見えてくる作品の魅力というものもありました。 まず、兄弟はおらず、牛田智大さんは一人っ子のようです。 母は、お名前は分かりませんが学生時代には ボランティアで幼稚園や保育園の補助教員、 自閉症の子供の療育などに関わっていました。 2016年の1月2月に倒れてしまったことがあるようですが、どうやら貧血のような感じで特に大きな病気だったというわけではないようです。

次の

【公式】 第2位 牛田智大さん インタビュー|ニュース|浜松国際ピアノコンクール

牛田 智 大

ラン・ランにレッスンを見てもらった こともあるそうです。 やはり天才は違います。 しかし、このアルバムではそう言った声を一蹴してしまう程に、テクニック的にも文句のつけようのないものとなっています。 どこででしょうかね ・・・。 111• ですが、父親が大反対。 ピアニッシモの音を、ホールの後ろまで響かせる技など、ロシア・ピア二ズムの核の部分を学ばれたようです。

次の

牛田智大 ピアノ・リサイタル|公演情報|音楽事務所 ジャパン・アーツ

牛田 智 大

2012年には第16回浜松国際ピアノアカデミー・コンクールに最年少で優勝。 私は3歳の頃の記憶が既にありませんwww 自分が夢中になれることを幼少の頃から見つけてそれを長く続けれるところがすごいです。 違う意味で(笑)。 福島県の生まれで、生後間もなくして、父親の転勤の都合で上海で暮らしたそうです。 幼稚園の時期というのは親の教育もあるとは思いますがそこまでの芯みたいなものは無い時期ですよね。 (公式サイトより引用) 3年に1度開催される国際的なコンクール。

次の

神童は一流ピアニストへ――浜松国際ピアノコンクールで2位を受賞した牛田智大、10代最後のレコーディング|音楽っていいなぁ、を毎日に。| Webマガジン「ONTOMO」

牛田 智 大

このようなコメントを見ても、子供ながらに相当レベルが高かったことが伺えます。 予備審査を通ったと聞いた時は、驚きました。 会社員らしいということはわかっています。 浜松国際ピアノコンクールは、1991年に浜松市制80周年を記念して、楽器と音楽のまちとしての歴史と伝統を誇るにふさわしい国際的文化事業としてスタートし、以後3年毎に開催しています。 2012年 2月 — 第16回浜松国際ピアノアカデミーコンクール 第1位(史上最年少) 2012年の大会のコンチェルトC部門というのは、年齢制限がない部門の1位です。 ピアノ以外はさせないような毎日なのかと 思いましたが、意外や、 「ピアノが大好きで、練習が嫌だと思った ことはない」 といって1日中ピアノに向かう息子を 心配して「やめなさい」と言ったりもします。

次の

牛田智大(ともはる)プロフィール!両親の教育方針や出身校・CD情報も

牛田 智 大

1歳の頃から電子ピアノをおもちゃ代わりに遊んでいて、中国で有名なピアニストのランランやユンディ・リの演奏に夢中になり、自らピアノをやりたいと言ったそうです。 ショパンのテクニックは音楽的な表現に直結している 牛田 ショパンを演奏していて思うのは……ショパンの音楽には矛盾した2つの要素が存在するということなんです。 今では楽々ペダルに足が届くそうです。 しかし、音楽に興味を示せばDVDやCDを 買い与え、いい教師につけてレッスンも 受けさせ、やりたいと思うことの才能を 伸ばせるような環境を整えることは、 きちんとしているように思われます。 それは牛田智大さんが生まれてすぐに、転勤で上海へ渡っている事からも想像できます。

次の