プレイ バック パート 2 歌詞。 プレイバック Part2 /山口百恵の歌詞

山口百恵 プレイバック Part2 歌詞

プレイ バック パート 2 歌詞

その中でも代表作が プレイバックパート2です。 歌詞同様バラエティーに富んだメロディー。 言い換えれば、新しい女性像を受け入れる男性はが好きだということだ。 サビまではスネアを使わずタムをリズム隊も京平チックで素敵。 を特別な存在に高めたのは、「」から始まる一連の宇崎竜童・夫妻による作品群だ。 今まで一体何を教わってきたの?」 と彼とけんかしたなあ・・・ というような状況だと思うんですが、わからないのがこの後。 僕の周辺のオヤジには、熱心なファンが多い。

次の

”2”の前には”1”がある <プレイバックPart1 (山口百恵)>

プレイ バック パート 2 歌詞

男子の幻想の投影とは精神的な憧れの対象であり、性的な対象という視点はむしろファンの側が排除していた。 なんとプレイバックpart2の 名セリフ 「馬鹿にしないでよ!」の意味は こんな急に仕事を依頼してきやがって! 馬鹿にしないでよ!っていう 阿木燿子の愚痴だった・・ みたいな事が予告では語られていました。 大分前に、借りるだけ借りてあったベストアルバムを聞いているとあったんです。 。 2番の歌詞に「勝手にしやがれ、出ていくんだろう、これは昨日のあなたの台詞」とあるのですが、沢田研二さんの「勝手にしやがれ」へのアンサーソングだったのです。

次の

山口百恵 プレイバック Part1 歌詞

プレイ バック パート 2 歌詞

2kHz|96. 作詞は阿木曜子。 ところで、プレイバックPart2があるのなら、Part1は?という話しになりますが、プレイバックPart1は、同時進行で作られ『THE BEST プレイバック』というアルバムに収録されています。 provided courtesy of やっぱりあるんですよね。 1973年のデビューから1980年の引退までのわずか8年の間で、250曲余りもの曲が発表されたといわれています。 いやあ何かこの話、よく言ってますけれども、ホントビックリ。

次の

プレイバックPart2/山口百恵

プレイ バック パート 2 歌詞

ドスの入れ方、力の抜き方、判っていらっしゃる風。 つまり、出て行った女のその後が書かれています。 『プレイバックpart2』は『』の登場人物2人について、今度は女性の側からの視線で書かれた歌詞だったのです。 緑の中を走り抜けてく 真紅なポルシェ 一人旅なの 私気ままにハンドル切るの 交差点では隣りの車が ミラーこすったと 怒鳴っているから私もついつい 大声になる 馬鹿にしないでよ そっちのせいよ ちょっと待って Play Back Play Back 今の言葉 Play Back Play Back 馬鹿にしないでよ そっちのせいよ これは昨夜の私のセリフ 気分次第で抱くだけ抱いて 女はいつも待ってるなんて 坊や いったい何を教わって来たの 私だって 私だって 疲れるわ はるかな波がキラキラ光る 海岸通り みじかい旅よ 力一杯アクセルふむの 潮風の中ラジオのボリューム フルに上げれば 心かすめてすてきな唄が 流れてくるわ 勝手にしやがれ 出ていくんだろ ちょっと待って Play Back Play Back 今の歌を Play Back Play Back 勝手にしやがれ 出ていくんだろ これは昨夜のあなたのセリフ 強がりばかり言ってたけれど 本当はとても淋しがり屋よ 坊や いったい何を教わって来たの 私やっぱり 私やっぱり 帰るわね あなたのもとへ Play Back Play Back あなたのもとへ Play Back. 2番でのあなたのセリフ。 あれは真夏の出来事でした 今から話すけれど もらい泣きなど しないで下さいね 「聞いてね」 想い出の中の遠い季節 Play Back 痛みを覚えた若い季節 Play Back 涼しい素振りで私は嘘をついたの 両手の指でも足りない恋のお相手 馬鹿だわ そんな事をあの時言うなんて あれは真夏の出来事でした あの子の腕の中で愛して愛され 夢見て揺られた日 潮騒を聞いて燃えた恋よ Play Back 素肌にやさしく触れた砂よ Play Back あの夜が初めてだったの 私 続きを聞きたい? 私と彼のその後ね あれから電話も手紙も来なくなったわ 馬鹿だわ 私今も 待ち続けているの あれは真夏の出来事でした あの時 はしゃぎすぎて 大人の女のそぶりをしただけよ も一度できたらそうよ彼と Play Back も一度会えたら言うわ彼に Play Back 今度こそは 素直な心で 「Play Backしたいの」 彼に 言うわ 私. キャラとか淳子の方が好きだったので、アナログでは「美・サイレント」しかもってませんでした。

次の

山口百恵「プレイバック Part 1」の楽曲ページ|20294953|レコチョク

プレイ バック パート 2 歌詞

自分が知っている曲はまだほんの一握り。 なので、それ以前の『プレイバックpart2』の歌詞を取り上げて「自己主張する」というのは奇妙な話だと思うんですよ。 昭和53年では結構斬新だったと思います。 ところで、この曲、あるヒット曲のアンサーソングになっているのですが、その曲は何でしょう?ヒントは、歌詞の中にあります。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。 ちなみに、女性の自己主張というのは、さんが得意としたテーマです。

次の

プレイバック Part 2 山口百恵 歌詞情報

プレイ バック パート 2 歌詞

アレンジは名トリオの萩田光雄。 京平先生とはまた違った散漫ぶり。 それはなぜなのかということを考えてみたときに、女性アイドルというものが、社会変革と大きな関係があることがわかった。 セールスチャート1位、約66万枚の売上を記録。 ところで最近、よく見かけるGUのCM。

次の

山口百恵『プレイバック part 2』

プレイ バック パート 2 歌詞

Disc1のラストに「 プレイバックPart1」、そしてDisc2の1曲目に「 プレイバックPart2」が収録されています。 この方は や は「自己主張する」最初のアイドルだったと語られています。 だから、あなたのもとへ帰るんです。 この「自己主張する女性」は、当時の芸能界にあっても、一般の社会にあってもまったく新しい女性像だった。 「プレイバックPart2」山口百恵 1978年5月1日リリース 1973年4月に、シングル「としごろ」でデビューした山口百恵さんは、同じ頃に「スター誕生! 作詞家の阿木燿子さんが妻ですが 阿木燿子さんと言えば 伝説の歌手山口百恵さんの数々の曲を 作っています。

次の