うそ ぐい。 嘘喰い(Usogui)の名言・名セリフまとめ

不思議物件:うそぐいの滝@阿蘇高森: 晴れの日も、雨の日も

うそ ぐい

伽羅(きゃら) 賭郎の元零號立会人。 阿蘇高森は自然豊かで広大な地であるけれど、その秘境みたいなところに、「うそぐいの滝」と呼ばれるユニークな造形の名瀑があるという話を聞き、ツリーハウスを訪れたついでに行ってみることにした。 鞍馬蘭子の専属立会人。 上方の滝口には水は流れていないのに、岩壁から直接水が噴き出て、立派な滝を造っている、素晴らしい造形の美がある。 おまけ漫画「密葬課」では、密葬課の課長でありながら部下であるはずの三鷹花に振り回される一面が描かれている。 そして、その入力を見ていたマルコが獏と会ったことによって、その数字を知られていると思っていました。 梶の正体をバラしつつも、あえて梶と郁斗の戦いを成立させることで、標的の羽山と競合相手の滑川を出し抜いて資産の強奪に成功する。

次の

【嘘喰い】頭脳戦の真骨頂!ババ抜き対決を振り返ってみよう【ネタバレ】

うそ ぐい

業の櫓編においては暗謀を率いてSATと対峙する。 読み切り版では銀髪オールバックの風貌、一人称が「私」、喫煙者という特徴の持ち主となっている。 楽観的過ぎて状況を読めない面もあるが、仲間のために身を張れる側面がある。 「その手があったか!? 元警視庁密葬課の長で、組織を吸収合併されて賭郎入りした。 富士山麓にある廃坑で貘とハングマン勝負をすることとなる。

次の

ウグイス|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

うそ ぐい

獏:天災を喰らう、賭けた5エアをラロに譲渡、残り5エアを破棄される。 しかし、同時に「自分が憐れで不運な存在である」と盲目的に信じており、安易なやり方を徹底して避け、目前にある勝利すら全く信じないという偏った思考回路を持つ。 貘の協力者になって以降はこれまでの弱い自分から脱却し、苦難に立ち向かって全てを手に入れようとする貘や梶を本気で応援するようになる。 互いに正解を引き当て、獏がババを含む2枚、佐田国が1枚で佐田国のターン• 獏:ハルに事前に数字をしらせていたことで、「25」を最強の役にした。 廃鉱編で登場し、当初はアイデアルの協力者であったが、佐田国のテロ計画の失敗によりアイデアルに狙われる身となってしまったため、ボディーガードの伽羅のツテで貘らと行動を共にするようになる。 能輪美年の実娘で紫音の妻、巳虎の実母。

次の

不思議物件:うそぐいの滝@阿蘇高森: 晴れの日も、雨の日も

うそ ぐい

後述のように初登場の迷宮のミノタウロス編で頭部に重傷を負い、再登場のプロトポロス編では外見や性格に大きな変化がある。 賭郎の21代目お屋形様。 姉である蘭子に対しある種の畏敬の念を抱いており、彼女に褒められるよりも叱責される事を望む傾向がある。 完全破壊ではなかったからこそ、そのカメラにも切り替わって10秒間の完全な死角ができたわけですから、もしこれが無かったらと仮定すると多分うまくないような気がします。 貘により弱みに付け込まれる形で協力者となる。

次の

嘘喰い

うそ ぐい

虚弱体質でこそあるが、並外れた頭脳と観察力を持ち、駆け引きも一流。 コミックス4巻 一方で勝負前にゲームの内容を決める際、わざとらしく目隠しをし始める佐田国に対して、何かしらの違和感を持った読者も多いことでしょう。 ドティの部屋での入力(ありえない数を入力してはいけない)• レオと並んで高い戦闘能力を有しており、蘭子の2本の牙の1つに数えられる。 ここで獏は一番可能性の高い「11」を選択します。 その後、マルコの介入を受け、ロデム状態の彼とも渡り合うが、ロデム状態から更に覚醒したマルコと相打ちになる形でタワーから落下し、重傷を負う。

次の

【嘘喰い】頭脳戦の真骨頂!ババ抜き対決を振り返ってみよう【ネタバレ】

うそ ぐい

貘の命を狙って妃古壱と対決するが、互いが強烈な応酬で意識を失うなど泥仕合の結果、重傷を負い離脱する。 夜行立会人 弐號• 専属立会人は亘。 捨隈の思考• そこで「嘘喰い」と呼ばれる男と勝負を行うも敗北。 一方梶は、嘘喰いに先立って迷宮勝負に負けLファイル中のある殺人の罪をなすりつけられていたが、事件の真犯人を突き止め「」勝負に勝利、嘘喰いの力を借りることなく自力で冤罪の呪縛から解き放たれた。 「ハンカチ落とし」においても臨死下にある貘の幻影や回想として登場し、貘がいつから事態を把握していたかの伏線の一つとなる。 後に賭郎弐拾九號立会人。 エア・ポーカーでは、能輪紫音立会人のサポートを務めた。

次の

嘘喰い

うそ ぐい

大柄な体格に正義感の強い男。 梶 隆臣(かじ・たかおみ) — キャスト未発表 ギャンブルにはまり消費者金融に追われていた青年。 「廃ビル脱出勝負」にて梶の賭郎会員権と新たな仲間・マルコを得、廃坑での「ハングマン」勝負を経て嘘喰いは再び賭郎の会員となり、屋形越えに敗れた嘘喰いと共に賭郎を抜けたかつての専属立会人・伽羅も仲間に加わる。 あらゆる勝負に勝ち続けている実力者。 その死体は、卍勝負の間ずっと放置され、屋形越えの立会人を決める立会人らの戦いの最終盤において重要な要素となる。 中途半端に優しさを見せるが、同時に相手の気持ちを考えずに理想論だけを語る様から反発されることも少なくなく、上記のように他人に出し抜かれることも少なくなかった。 立会人としての振る舞いは申し分ないが、担いだ亜面に照れたり、エア・ポーカーの水槽に顔面を押し付けて様子を伺うなど、ややコミカルな行動や反応を取ることがある。

次の

不思議物件:うそぐいの滝@阿蘇高森: 晴れの日も、雨の日も

うそ ぐい

アイデアルの協力者。 と賭けをし、にて彼の首を取り立てたという伝承も残る。 極端な話をすれば 「空気消費量が少なければ、ギャンブルで1Bios負けていたとしても、最終的に生き残れる可能性がある」という不確定な部分も見所の1つです。 ある日、パチンコ屋で機械の演出の意味が解らず戸惑っていた銀髪の男にアドバイスする。 専属立会人は不明。 「なんでこんなこと思い付くの!? しかも「制限時間の取り決めは無かったんだから、ここでルールを追加するなら仕切り直しだ」という言い分もお見事です。

次の