成田 ホノルル ana。 ANA、A380運航の成田/ホノルル線を運休 運航計画の変更を追加

【Zカウンター】成田空港のANAファーストクラス専用チェックインカウンターとは。

成田 ホノルル ana

この特典航空券の発券に必要だったマイル数とコスト(費用)は以下になります。 過去最速です。 ファーストクラスの座席の操作は少々複雑です。 つまりANAのB787-9のフルフラットシート。 私も写真を撮りたかったので、みんな一緒だと助かります(笑) 私の座席は「1K」で、最前列の右の窓側の座席になります。 ここだけ小屋になっているな・・・・。

次の

ANA、A380最終3号機の受領延期 週14便化は未定

成田 ホノルル ana

「出発が遅れる」という放送に実はニンマリ。 目次(このページの内容)• 窓側がいいなーって思っちゃいます。 プレミアムエコノミークラスで利用できる化粧室は、だいたい3〜4箇所くらい? 後ろに乗っていた自分にとって、ビジネスクラスとの境目(下画像左)をどちらのクラスが利用できるかがいまいち不明でした。 000~¥23. もちろんウォシュレットは装備されています。 成田空港の駐機場で撮影したフライングホヌ1号機の「ラニ」です。 それは「ANA SUITE LOUNGE」です。

次の

ANAエアバスA380プレミアムエコノミー搭乗記【NH183ホノルル発成田行き初便】

成田 ホノルル ana

そして到着前には軽食が配られます。 期間は4月から最長1年間で、パイロットや整備士、地上係員(グランドスタッフ)など他の職種については、現時点で一時帰休の予定はないものの、運休状況などをみて検討は続けている。 24時間以内にハワイからA380の初便に乗って折り返してくるというミッションを無事終えました。 FLYING HONUホノルル線搭乗前の注意事項等 「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」の特徴はその外観も然ることながら、総客席数が 520席(ファースト8席・ビジネス56席・プレミアムエコノミー73席・エコノミー383席)もあると言うこと。 この日お世話になる機体(A380)はこちらにあります。 ビジネスクラスが208,000円~。 最後はコースに戻って「デザート」です。

次の

ホノルル帰国便 フライング・ホヌ2号機エコノミークラス ホノルル→成田搭乗記

成田 ホノルル ana

<アペタイザー>• あるTV番組では「神の領域」として紹介されている、限られたもののみが利用できる施設となっています。 蟹進上 蕪のすり流し お碗は体に染みますね。 そしてブログを書いている以上、ネタとして複数の便に乗っておいた方が書くネタが増えます笑。 今回は行きの便のレビューになります。 とても広いチェックインカウンターですね。

次の

2019年版 成田発 ハワイ行きエコノミークラス料金を比較してみました!

成田 ホノルル ana

マイレージの相互利用やコードシェア便が設定される見込み。 中に入ると、手前側にソファー、奥側にカウンターがあり、広々としていて空間の作りにVIP感が満載です。 ドーバーソールのムニエル バルサミックと焦がしバターソース カリッとした焼き加減になっており、焦したバターソースとベストマッチ。 降機自体はスムーズでしたが、入国審査場に着くまでかなりの距離があり、時間もかかりました。 ビジネスが取れなければ、プレエコでもいいかなーって思う部分はありますが、乗れるもんならビジネスクラスに乗りたいです(笑) ハワイの特典航空券(特にビジネスクラス)は競争が激しいですが、年末年始からちょっとズラせば空席がありました。 食事が下げられて少しすると、巾着に入った軽食が配布されました。 と、そこへおしぼりを持って来てくれたCAさん。

次の

ANA(全日空)ハワイ線の時刻表・燃油サーチャージ

成田 ホノルル ana

赤蕪甘酢漬け• チェック済で何やら小さなシールがパスポートに貼られました。 これはそのまま収納できるので、ハンガーを使っていても邪魔にならないように作られています。 モニターサイズは18インチが採用されてます。 そしてなによりラウンジ全体が非常に広く、ハワイらしく開放感があります。 「空飛ぶウミガメ」の意味を持つ「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」と名付け、全機にハワイの空と海、夕陽をイメージした特別塗装を施した。

次の

ANAでハワイ(ホノルル)に行く。どの機材を選ぶべきなのか比較する。

成田 ホノルル ana

結局、 行きはプレミアムエコノミークラス、 帰りはエコノミークラスでの予約となりました。 マイル専門家 はスターアライアンスゴールド資格を保有しているので、ANAラウンジへ入る前にUAのラウンジ「UNITED CLUB」に入り、シャワーを拝借した経緯があります。 1時間くらいは横になったかな? 朝食は特にメニューが決まっているわけではなく、いつでも自由に頼めるメニューの中から自由に選びます。 シートマップとオススメの席 A380 FLYING HONUの場合、2-3-2の座席配列となっているので、二人旅なら窓側・三人旅なら中央部を選ぶことになるでしょう。 メインディッシュは肉(ビーフ)と魚を選ぶことができましたが、この時は魚を選択しました。

次の

ANA A380 フライングホヌ搭乗記(前編) ~プレミアムエコノミー|YOKOHAMA RESORT

成田 ホノルル ana

主菜、炊き合わせ 主菜 ・のどぐろ酒焼き 炊き合わせ ・無花果とあいなめ 胡麻味噌 小鉢 ・水茄子とローストビーフ 玉葱山葵ソース 御飯 ・御飯 ・味噌汁 ・香の物 メインの、のどぐろが飛び抜けて美味しかったです。 リモコンは、上部の部分がトラックパッドになっていて、指でモニター操作をすることができます。 飲み物も各種揃っていて、バーカウンターでアルコールを楽しむこともできます。 機内でのサービスも当然ながら素晴らしかったのですが、搭乗前の「Zカウンター」と「ANA SUITE LOUNGE」、搭乗後の「専用車による送迎と優先入国審査」、というように、周辺のサービスを全てひっくるめて、ファーストクラスのサービスはやっぱりすごいな、と実感することになりました。 テーブルが回るので非常に便利。 これまでANAのプレエコは座席こそ違えど、機内食はエコノミーと同じでしたが、 A380のプレエコでは食事もエコノミークラスとは違うんです。 往路(NH184便) <=今回ご紹介• 「とりあえずブログの写真だけでもアップロードしよう」と必死にPCを叩いていました 笑。

次の