エコ ストア パパラギ。 藤沢のオーガニックショップ『エコストアパパラギ』が無農薬・プラスチックフリーにこだわる理由とは?

藤沢のオーガニックショップ『エコストアパパラギ』が無農薬・プラスチックフリーにこだわる理由とは?

エコ ストア パパラギ

是非水筒を持参してお越しください。 WEBを使ったマーケティングに興味がある• それは、自ら操船する帆船(ヨット)で太平洋を航海し、洋上での気候変動の兆候に関する探査や、ミクロネシアの島々を訪ねる巡航の旅でした。 何より多くの人々の応援があることが一番の希望です。 変わりゆく海の姿を見て、「太平洋のもっと遠くの方は一体どうなっているのだろう?」と気になりだし、5年前から「太平洋帆船航海プロジェクト」という活動を開始しました。 ・洗剤、石鹸などは海に優しい生分解をするもの。 課題#5 お客さんの声 ほんの4か月ほど前の開業当初と現在を比べてみるだけで、商品構成を始めストア全体が日々変化をしています。

次の

BULK STORE

エコ ストア パパラギ

それらのほとんどが、お客様からの声を反映したものでもあります。 しかし、危機感をただ訴えるだけでは、変革は望めません。 実際に「量り売りで販売してほしい」と言っていただける生産者の方とのお付き合いも始まっています。 皆様からの、より一層のご支援をお願い申し上げます。 しかし、それらのほとんどは野菜を始め、包装菓子類など、プラ包装や過剰包装に溢れている、と言っても過言ではありません。

次の

全国に広めよう!プラスチックフリー・エコストア!

エコ ストア パパラギ

セミナーイベント・後援会活動等 エコストアパパラギの創立者で、環境活動家の武本匡弘が講師として行っている店内セミナー及び各地での各主催団体による講演会などは、この1年間で延べ70回を超え、聴講者の方々の来店にも、繋がっています。 無農薬&プラスチックフリーを掲げるエコストア・パパラギ 藤沢駅から徒歩5分の場所に店を構える『エコストアパパラギ』にやってきました。 パパラギは、元々はダイニングスクールが発祥のお店で、 『陸での生活スタイルを変えれば、人も海も地球も元気を取り戻せるかもしれない』という想いで立ち上げたお店で、以下のこだわりを持って運営しています。 このような業態は消費者の支持のもと大変な勢いを持って増え続けています。 エコストアパパラギ スタッフ一同. 全国からの来訪者の中には「将来自分もこのような店を持ちたい」という方々も少なくありません。 結局セルフサービスで購入してもらう事での人件費削減でしか道はありませんが、まだまだ課題があり、なかなかうまくいきません。 牡蠣の養殖いかだで使われている「豆管」と呼ばれるものが打ちあがった姿です。

次の

全国に広めよう!プラスチックフリー・エコストア!

エコ ストア パパラギ

そして、何より自分自身が、レジ袋やペットボトルの様な使い捨て商品などを、とても使う気にならなくなりました。 プラスチックフリー商品の販売• こちらも量り売りです。 私たちの挑戦に終わりはありません。 もし、興味がありましたら「パートナー企業募集」のページをご確認いただき問い合わせいただければと思います。 エコストアパパラギの外観 開業: 開業したエコショップ、商品構成や仕入れなどのほとんどは妻が担当、「使い捨て包装や、プラスチック製品を使わない用品だけで、どこまで生活できるか?」というテーマでそろえた商品が、現在では130種を超え、店内一杯に並んでいます。

次の

BULK STORE

エコ ストア パパラギ

プラスチックフリー商品開業当初から比べ2倍ほどの品揃えになりました。 その意見には深く納得したものです。 5年間での航海距離は、23,000キロ、航海日数は延べ180日間にも及びます。 個人事業規模だけでは解決できない問題も、時間はかかるでしょうが、生産者の方々との連携で解決の道が開けるのではないかと希望を持っています。 お店に着くと、いきなり『無料給水スポット』の文字。 そして、主催者を始め、そこで出会い知り合った方々の熱心な姿、普段の活動の様子などを知るにつけ、「社会を変えていく人達は生活者の人達ではないか?」と思い始めました。

次の

BULK STORE

エコ ストア パパラギ

このレポートは、エコストアパパラギの1年間の実践を一つのモデルケースとして作成致しました。 ・プラスチックで作らなくても作れるもの、竹や木製など昔からあったものでそろえる。 エコストアのような物が流行っていることに惹かれ、「これが自分のやりたかったことだ!」 という動機で始めても、いつかは飽きることにもなりかねません。 あきらかに日本からのプラスチックゴミというものもあります。 しかし、20年ほど前の当時はまだプラスチックゴミに対する世間の関心が薄く、活動らしい活動も出来ず終わってしまいましたが、私にとって、漂流プラスチックゴミに対する最初の取り組みではありました。

次の

藤沢のオーガニックショップ『エコストアパパラギ』が無農薬・プラスチックフリーにこだわる理由とは?

エコ ストア パパラギ

現在このストアは開業して4か月目をむかえました。 店内には無料給水スポットを設置しております! 写真のステッカーはロンドンにあるエコストアーのドアーに貼られた無料給水のロゴ、市内の幾つかの店で見かけました(今年の2月取材時写真) エコストアーパパラギでは活水器を設置した「体にいい!」水を無料で提供しております。 また、対等な関係での商品研究・開発においても大きな力になっています。 そしてペットボトルをはじめ、プラスチック製の様々な商品、色とりどりのキャップ等のゴミは、どこのビーチに行っても必ず大量に見られるのです。 なんと、パパラギでは浄水器を設置した美味しい水を、無料で提供しているそうです。

次の