クルーズ チェイサー ブラス ティー。 スクウェアとサンライズがタッグを組んだ「クルーズチェイサー ブラスティー」

MODEROID クルーズチェイサー ブラスティー

クルーズ チェイサー ブラス ティー

著者は堀口滋。 バイアス・ドライブを搭載。 そしてなぜ今の時代に「MODEROID クルーズチェイサー ブラスティー」を出すのか、そして本商品が販売される意義などを掘り下げていきたい。 ソノラマ文庫版はちゃんと読みましたので、それなりに書けます。 エイビアーン ゴッサマーの戦闘艦(チェイサーとはちょっと違う)。

次の

『クルーズチェイサー ブラスティー』よりブラスティーがプラモデル化

クルーズ チェイサー ブラス ティー

この宇宙はコミューンと呼ばれる、中枢統括局に統治されていた。 。 量産化されており、次期主力兵器として考えられている。 何度目かの襲来の後、1人の異星人を捕虜とした。 3Dモデリング・設計:ランペイジ• アニメの作画や、当時の立体化では省略されかねない細かい表現は、確かにメカデザイナーの気合いを感じさせられる。 本作は、スクウェア 現:スクウェア・エニックス・ホールディングス が電友社の一部門時代(本作発売と同年に独立)のゲーム。 色々想像して期待していただければと思います」と田中氏は語った。

次の

MODEROID クルーズチェイサー ブラスティー

クルーズ チェイサー ブラス ティー

さらに「1980年代はOVAや小説、ゲームなどで独特のSFブームがありました。 気になるのは次なる展開だが、まだ現時点で明らかにできるものはないという。 チグリフォーンとコレオプテールは戦闘艦として量産されている。 「当時のゲームに思い入れのある人が『ブラスティー』の立体化を喜んでくれるというのは、当時やはり『このロボットのプラモデルが欲しい』と思っていたんだと思います。 ぼんやりしているようだが、宇宙船の操縦に関しては動物的とも言える鋭い感覚を持ち、ブラスティーのテスト・パイロットも務めていた。 使用される部品の精度や材質などによって発揮できる最高速度が機種ごとに異なり、ブラスティーは最高速を誇る。 ちなみに年上。

次の

MODEROID クルーズチェイサー ブラスティー プラモデル

クルーズ チェイサー ブラス ティー

彼女も名パイロット 当初は彼女がブラスティーのメインパイロット&テストパイロットだった。 カツラウ 異星文明「ゴッサマー」に属する異星人。 チグリフォーン 宇宙軍のクルーズチェイサー。 当時としては珍しく、日本サンライズ 現サンライズ がゲーム用オリジナルデザインを描き起こし、スクウェア 現スクウェア・エニックス が戦闘シーンをアニメーションで表現した野心作である。 そして今回、本商品の企画担当者グッドスマイルカンパニーの田中宏明氏に話を聞くことができた。 目的を遂げるためには他人の命をも平然と犠牲にする非情な人物。 足、腕、ビーム砲に、左胸のコクピット、丸いスラスターユニットは背中のバックパックごと取り外す。

次の

『クルーズチェイサー ブラスティー』よりブラスティーがプラモデル化

クルーズ チェイサー ブラス ティー

商品到着時に配達員に現金で支払い。 これでちゃんと手応えが得られれば、次に繋げることができます。 当時を懐かしむことのできる仕上がりになっている。 左側に自機であるブラスティーが、右には敵ロボットのバリアントが表示されます。 そういった中でなぜブラスティーをプラモデルにするという企画を立ち上げたのだろうか? 田中氏は「当時、しっかりした設定画が用意されているロボットだったから」だと答えた。 今では貴重な資料だと思います。

次の

クルーズチェイサー ブラスティー

クルーズ チェイサー ブラス ティー

立たせるためには台座の使用が前提になるようなトップヘビーで左右非対称なデザインは、玩具にも、アニメの作画にも難点のある特徴と言える。 初めて目の当たりにしたそれは確かに衝撃的だったが、プレイを続けていくと、やがてその印象も失せていく。 量産はされておらず1機しか建造されていない。 確認のしようがないです。 各関節可動。 「OVAやコミックなど今は色々なメディアがありますが、当時ロボットと言えばは玩具化、アニメ化が前提のものがほとんどでした。 シルバーに忠実で計画の同志でもある。

次の

クルーズチェイサー ブラスティー(PC9801)

クルーズ チェイサー ブラス ティー

考え方のスケールとしては少し大きい、『1980年代のSFメカ』というところで期待していただければと思っています。 小型のシールド発生器とレーザーが取り付けられており、電気ショック棒(スタンガンの様なモノ)も装備されている。 「ARIEL」は朝日ソノラマ文庫で笹本祐一氏が1986年から執筆したSF小説で、主役メカ・エリアルは全長40mの巨大なロボットだが、その姿は長い髪とグラマラスなボディの女性そのまま、「美少女ロボ」ともいえる存在だ。 コクピットは中央部上部。 恒星間航行を実現した人類は、他星系の惑星に居住地を求め、開拓に乗り出していた。

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

クルーズ チェイサー ブラス ティー

しかし移動は前後左右のみで、上下には行けない 理由は特に説明されていない。 船体後部に補助ドライブ(バイアス・ドライブ)を搭載する事で、亜光速ミサイルにもなる。 こちらを使用することで、さらに情報量の増したブラスティーが楽しめる。 カツラウが言うにはどの文明の同様の機関もすべて光速を超えることができず、それゆえにチャートのような存在が必要となるらしい。 そして新たに配属されたパートナー、スカイと共にブラスティーで宇宙軍の大規模演習「トルネード・カムズ」に参加する事となったフレディ。 大はチェイサークラス、小は数 mサイズまで、大小様々なクラスが存在する。

次の