職場 における 受動 喫煙 防止 の ため の ガイドライン。 職場の受動喫煙防止対策、徹底へ|2020年4月施行の改正健康増進法により喫煙室設置が義務化

職場における喫煙対策のためのガイドライン(全文)

職場 における 受動 喫煙 防止 の ため の ガイドライン

… 続きはPDFをダウンロードしてご覧ください。 事業場における建築物の新設や増改築の場合は設計段階から空間分煙を前提とした喫煙室等の設置を計画し、既存の建築物については創意工夫によって喫煙室等の設置を図ること。 なお、別添2により、関係団体に対して要請していることを申し添える。 Contents• 喫煙室及び非喫煙区域における空気環境の平均が、 一酸化炭素濃度10PPM以下であること。 8 喫煙対策の評価 喫煙対策の担当部課等が定期的に喫煙対策の推進状況及び効果を評価すること。 割合としてわずかではありますが、「喫煙者は雇用しない」「禁煙者への報償(手当など)」といった会社独自の取り組みを講じる例も見られます。

次の

「職場における受動喫煙防止のためのガイドライン」の策定について|安全衛生情報センター

職場 における 受動 喫煙 防止 の ため の ガイドライン

ただし、今回の健康増進法の改正などを受けて、この傾向が変化していく(従業員が勝訴しやすくなる)可能性は高まっていると思われます。 また、喫煙室等から非喫煙場所へのたばこの煙やにおいの漏れを防止するため、非喫煙場所と喫煙室等との境界において喫煙室等へ向かう気流の風速を0. 受動喫煙対策として設置すべき喫煙室 2つのタイプ 一般的な事業者が喫煙室を設置する場合、下記の2タイプより、どちらか、もしくは両方を選択することが出来ます。 なお、第二種施設の定義にある「多数の者が利用する」とは、 2人以上の人が同時に、または入れ替わり利用する施設を意味します(改正健康増進法の施行に関するQ&A(平成31年4月26日公表))。 2020年4月現在も就業意欲の高い主婦のアクセス・応募も増えており、今すぐの掲載でも即応募が入ることが期待できます。 ぜひご一読いただき、対応検討の際の参考にしてみてください。

次の

職場における受動喫煙防止のためのガイドライン|人事のための課題解決サイト|jin

職場 における 受動 喫煙 防止 の ため の ガイドライン

受動喫煙防止対策助成金 最後に、健康増進法の改正に合わせて、中小企業を対象に、喫煙室の設置などに係る経費について、助成金が設けられているのでご紹介します(2019年9月1日現在)。 ぜひご一読いただき、対応検討の際の参考にしてみてください。 労働安全衛生法と健康増進法との関係性と、その違い 労働安全衛生法と健康増進法との関係については、厚生労働省の通達(基安発0515第1号平成27年5月15日)において、「労働安全衛生法の適用を受ける事業場が、多数の者が利用する空間を兼ねている場合は、施設管理者が施設を利用する者の受動喫煙防止対策に努めなければならないことを規定する健康増進法(平成14年法律第103号)の適用を受けることとなるので、留意すること。 事例(裁判中の「和解」で解決したもの) 大手ハウスメーカーの積水ハウス株式会社に勤務していた元従業員が、職場での受動喫煙によって、受動喫煙症ないし化学物質過敏症を発症したとして、会社に慰謝料や治療費など、合計で約300万円を請求した事例があります。 これらの内容をまとめると、次の表のとおりです。

次の

改正法のポイント|なくそう!望まない受動喫煙。

職場 における 受動 喫煙 防止 の ため の ガイドライン

なお、これらの計画については、経営首脳者の指導の下に、労働者の積極的な協力を得て衛生委員会等で十分に検討し、確実に実施できるものとすること。 まとめ 職場における受動喫煙対策は、それを講じないことによる、健康増進法の罰則があることはもちろん、労働安全衛生法に違反することによる訴訟リスクなどもありますが、それ以上に、従業員を始めとする国民の受動喫煙に対する意識の高まりから、平然と受動喫煙が存在する職場には従業員が定着することはないと考えます。 なお、たばこのにおいについての対策についても配慮することが望ましいこと。 「受動喫煙」とは、人が他人の喫煙により、たばこから発生した煙にさらされることをいいます。 の設置等を行うこととされていたが、新ガイドラインでは、受動喫煙を確実に防止する観点から、可能な限り、非喫煙場所にたばこの煙が漏れない喫煙室の設置を推奨することとしたこと。 (2)TVOC 総揮発性有機化合物 濃度• この事例では、会社が、喫煙所を別に設けてビニールの暖簾などで仕切るなどの措置を講じていたことや、その後、元従業員と産業医との面談の機会を設け、元従業員の作業場所を禁煙にしたことなど、 ある程度危険を予知しながら、回避措置を講じていたことが評価されています。

次の

職場の受動喫煙防止対策、徹底へ|2020年4月施行の改正健康増進法により喫煙室設置が義務化

職場 における 受動 喫煙 防止 の ため の ガイドライン

また、経営首脳者は、衛生委員会等の場を通じて、労働者の喫煙対策についての意見を十分に把握すること。 一方、労働安全衛生法では、特に「事業主の下で働く従業員」が安全に働くことができるよう、事業主が従業員の健康や安全に配慮すべき義務(安全配慮義務)の観点から、規制をしています。 4 喫煙対策の推進体制 喫煙問題を喫煙者と非喫煙者の個人間の問題として、当事者にその解決を委ねることは、喫煙者と非喫煙者の人間関係の悪化を招くなど、問題の解決を困難にする可能性がある。 これらを背景として、職場の喫煙対策については、労働者の健康確保と快適な職場環境の形成を図る観点から、一層の受動喫煙防止対策の充実を図ることとし、新たにのとおり「職場における喫煙対策のためのガイドライン」 以下「新ガイドライン」という。 また、これらにより外来者に対しても喫煙対策への理解と協力を求めること。

次の

改正法のポイント|なくそう!望まない受動喫煙。

職場 における 受動 喫煙 防止 の ため の ガイドライン

一方、労働者はそういった事業者の対策に理解を示し、積極的な意見を述べなければなりません。 ただし、この事例では、第二審である大阪高等裁判所で、会社は結果的に350万円の和解金を支払っています。 一の大規模会社が発行済株式の総数の2分の1以上を有する場合などを除く。 また、効果のあった職場における喫煙対策の事例等の情報は、積極的に外部に公表することが望ましいこと。 「職場における受動喫煙防止のためのガイドライン(令和元年7月1日基発0701第1号)」では、募集時や求人申し込みの際に、会社が明示する内容の例として、以下のような事項が記載されています。 受動喫煙対策とは 多数の人が利用する施設などで、望まない受動喫煙を防止するために意識・取り組みをしてきた「受動喫煙対策」。

次の

職場における喫煙対策のためのガイドラインについて(平成27年5月15日 基発0515第1号により廃止)|安全衛生情報センター

職場 における 受動 喫煙 防止 の ため の ガイドライン

一定の要件を満たすことにより、喫煙室の設置などに係る経費のうち、 工費、設備費、備品費、機械装置費などの2分の1(飲食店は3分の2) について、 上限を100万円として助成金が支給されます。 詳細は厚生労働省WEBサイトの他、都道府県労働局までご確認ください。 2020年度より、喫煙専用室以外での「屋内での喫煙」は認められなくなります! なお、により、関係団体に対して要請していることを申し添える。 喫煙室及び非喫煙区域における空気環境の平均が、 浮遊粉じん濃度0. さらに、会社がこの指導に従わないなど、よほど悪質なケースと判断される場合には、行政(都道府県知事)から勧告や命令を受けることとなり、その後、最終的に罰則が適用される流れとなります。 健康増進法の改正はいつから施行される?(健康増進法の施行日) 健康増進法の施行日は、 2020年4月1日です。 (2) 喫煙対策の担当部課等 事業者は、喫煙対策の担当部課やその担当者を定め、喫煙対策委員会の運営、喫煙対策に関する相談、苦情処理等を行わせるとともに、各職場における喫煙対策の推進状況を定期的に把握し、問題がある職場について改善のための指導を行わせるなど、喫煙対策全般についての事務を所掌させること。

次の