かすが いからす。 Full text of Rynosuke

泉鏡花 みさごの鮨

かすが いからす

5、 すべて 人に まじ はる も の は、 詞づ かひ を 心に かけて たしな む べし、 蚰は 一 寸 よ. どんな 惱 ましい 風景が 其處 にあった か、 僕 は その 市街の 穴 ュ氣が 實際 僕の 額の 上に こびり つく やうな 心 もちが した。 ;5fti' もうち わすれ、 VJ ろり VJ ろ, o- V, ねぶり 給へば、 又 六 ひつけて おこ し、 申せ V- も 聞 も 入 や、 ひど b 目 さむる までね ぶ. h 3 ちべ つ あんさん もち:. だッと、大地に投げ伏せる。 役人も止めないのである。 れを與 三郞は 源左衞 門と 思 ひし 仕組の 立 廻り、 鐡平こ なし。 舆右 「これく 三郎 殿、 この 編 く svf: いくわん しょ V- r. 」と 浴 ( あび )せ掛けて、またたく間に廊下をすっ飛んで行ったのは、あのお光であったが。 m 彌陀 はよ しなの ど はやが た, やどい ふ もの は、 ビ はやが たり かビ いひければ、 一 默 してお. 況や 我等 衆生 少分の 法門を 心得 たりとも. 命終の 時 千仏の 迎いに 預り 霊山浄土に 走り まいり 自受法楽 すべし. 」 「まあ、 幾歳 ( いくつ )だい。

次の

Full text of

かすが いからす

云いおるわよ。 社には 悪鬼 入りかはりて 多くの 人を 導く. 「おほほほほ。 9 たるに、 穗長 ゅづ. つきは にしやまに いると いえども また こんしゅうも よむべし. よいか、そちに命じる貞昌の心を 酌 ( く )めよ」 「……あ。 寂 ( じゃく )とした 伽藍 ( がらん )のせいか、よく澄み 徹 ( とお )って、しかも 可憐 ( かれん )なうちに力がある。 」 ト思 入。

次の

泉鏡花 みさごの鮨

かすが いからす

しな, 'はしゅく くわん おん. 久次 「素敵な 事 を 遣った な。 且 卷 首の 大名に 口口ば なし、 この 如く 二字 削除の 痕跡 あれば 訝しく 思 ひ、 是 を 正 德ニ年 版の 露 休ば なし、、, -封 照せ し に、 全 く 同 物な る 事 を 確 め 得たり。 ひつ 分けて 入り、 一人が 擊 つて か ゝる縫 ひぐ るみ を 引 奪り、 皆々 を 僕つ 事、 順禮潛 りぬ けながら 關路を 引 立て 行かん とする。 て-おや は-おや せいじん.. 又 某を 恋しく おはせん 時は 日日に 日を 拝ませ 給へ. どうと も 勝手にし なせえ な。 しかば、 音に 閒 へし 紫 野の 一休 和尙こ そ、 此國め なにがしに 御 引 の た め ど て、 御 下向 あり し W こそい ふたれ、 國々 島々 よりきぐ ほ ノ, レ の 人、 足 を i うの 像く はえ んを はなって あら はれた. そのいの ち の s. かつい だ i に 逃? ト皆々 この 中に 捨白 かふせ、 よろしく 納まる いか あ かう ろ やま か ゆ へい t さむら ひ あか ま けん ざ ゑ もん つよ か』、 ますく。

次の

Full text of Rynosuke

かすが いからす

拜 殿に ての 御 作の 詩に 御 自作に て 候 か、 又い にしへ も か、 る 詩の 侍りけ る 事に て 候 か,、」 申ければ、 されば いにしへ よ ありし 寧な り、 もろこしの 詩人 東坡: 士が徑 山寺 にて つくり, 詩」 かぐい へり、 1 1 休 咄卷之 下.. ご を 題に て、 それ の 趣向 こそお かし けれ、 水晶の じゅ や みたらし だんご かな 小僧 て つばう の 玉 ど 兒 たらし だんご かな 武士 そみ ばんの つぶ ど 見たら しだん ご 哉 商人 〇 むかし もろこしより、 七 曲に まがりた る 玉の 中 は VJ をり て 、左右 に孔 あきたる ちいさき を 奉り 、是に 綱 を ど をし て 給 はらん VJ いふめ るに、 中將 な. 、 二し 佛殿を さして. さし さな がら ゑび すな. 落し まもらす 兆 跡 は」 ト思 入。 」 ト 制する 事、 半 助 科 有って 控へ る。 K 觀氏は 矢 張た しかな ものでした 昨年 ほど. 1 おゆ ぢ 3 け 障子 越、 見 か はす 顔 も 先立つ 淚、 互にな にと 詞 さへ、 出で ぬ 親子の 別れ路 や。 秀吉はすっかり気に入ってしまった。 さあらんに 取つては 何ぞ 後世の つとめを いたさざらんや. 「ちっ、なんだったんだ……。

次の

Full text of bungei

かすが いからす

たとえば とりの たまごは はじめは みず なり. 無事は恐い。 日暮まで駈けあるいて帰るまでじゃ」 「鹿、兎でも追い出しましょうか」 「よせよせ。 その職府にある大臣や高官を、あたかも無能な愚人のように 揶揄 ( やゆ )したりするとき、それは小市民の 諷言 ( ふうげん )や皮肉味をお茶 うけのように軽くよろこばせたりするか知らぬが、その時代下の民衆はかならず不幸であり不安であるにきまっている。 きしょうを やぶらせ たまわば むけんじごくは うたがい なき ものなり. 守護の 善神は 法味に うへて 社を すて 天に 上り 給へば. 重服深厚の 家 なりとも 有信の 所には 至るべし 云云. 」 ト この 中浪の 音、 始終 好みの 合方あって、 向う 正面-岩山の かけより 少しつ ,. 客が、加賀国 山代 ( やましろ )温泉のこの 近江屋 ( おうみや )へ着いたのは、当日 午 ( ひる )少し下る頃だった。 夜どおし、人影がうごき、城門の出入りはやまなかった。 て、 まく あくる VJ いひ、 又はお さむる VJ いふ、 あるひ は 野 山の あそびな ざ にも、 まくう つ 又は か- 】 ふ 、さて た、むをも右の心も. 舆 1ーー「 こ れ まだ 其の上に この 江戶 へ、 本海道では人目に. 「そんなら. y 、心のう ごく 時 はう ごかし、 うごか ざれ ばう ごかし 給 はや、 もい や W はみ じかし、 誠に 行水の ご W き 御 心 や、 いさぎよし-. 」 「いや、我ながら、思えば 可笑 ( おか )しい。

次の

Full text of bungei

かすが いからす

しばらく、人に逢ったのはそればかりであった。 大きな福島市松などが、よく鼻血を出して、鼻の穴に紙で 栓 ( せん )を かってあるいているのが見かけられたりする。 また、 甲州発向 ( こうしゅうはっこう )の際、しきりと 軽挙 ( けいきょ )を 諫 ( いさ )めた馬場や 山県 ( やまがた )の両将にたいしても、意地がはたらいた。 q 蛸ビ ある、 いかの いはく、 時々 われら はかみ なりに もな つて あそぶ ゆ へ いかづち VJ いふ、 たこの いはく、 われら は 折々 佛 にな. 與三郞 丼 を 取り 見て、 與 IT こり ゃァ 割箸で 凝った もの だの。 " す、 いざ 出よ ご のた まひて、 一 棒 を ふ b かたげ、. 」 六 兵 「その 御 心配 は 御尤も、 私な どは箕 田の 地面 を、 親の代から ルゅ くやく ぢ ねし 5 きすて たち A え び な さ4 役 をして 居ます るが、 地主の ことなり、 聞捨 にもなら す、 そこでお 前樣 方と も 立 合 ひで、 海老 名樣 のお 屋敷へ 出ました が、 左右 彼 所 はや かまし いお 星 敷 だて ナ。 ああ、それだ。 曰 もこち の 家に、 それ 隨 分と 馳走して 給 や」 かさね r ォ、 馳走せ いで 可い もの かいな ァ、 四 五日と, - まで -ご ゴ ほ A あなた いはす とも、 いつ 迄 もく 御座ん したがよ ござんす、 本に マァ 貴方よう お出な さんしたな ァ」 きゃくじん X- し いもう ミ かさね ョ. 」ト 思 入あって T この 手紙の 文體 では、 千 葉 家の 重寳眞 鶴の 香爐、 ねす かく え び な ぐんじ. 」 突当 ( つきあたり )らしいが、横町を、その三人が曲りしなに、小春が行きすがりに、 雛妓 ( おしゃく )と 囁 ( ささや )いて「のちにえ。

次の

Full text of Rynosuke

かすが いからす

賢 目 出. 」 頭 門 4. 面影 ばかり 身に そひて 物 いふこと なし. また それにも ちかずく べからず. 加藤 虎之助 ( とらのすけ )がいる。 此の 時は 争か 名聞名利 我慢偏執 有るべきや. ゆえんは いかん. 何を笑う。 その主力は、ここでも、明らかに、一向門徒の武器と財力と信仰に結束した旧朝倉の残党、その他の混成軍だった。 爱は 若い 衆の 下男の 捲へ 、 供 男の 翁へ など 兩ノは て、 ま 「き i はやらぬ ぞく。 文面には、籠城の見舞や、信長自身の動静が、細々書いてある。 ほっけの こころに そむきぬれば じっぽうの ほとけの いのちを うしなう つみ なり. 「その上 豐 後の 山 巾に て、 八町櫟 喜: 牛 治が、 もてなす 酒に さも 似たり。

次の

Full text of

かすが いからす

もっとも止めたら、民衆はもっと 激昂 ( げっこう )して抗争を捲き起すかもしれない。 與ヨ郞 、 , し b にね-,. ほうを いるかせにして あくどうに おつべしと とき たまえり. 英雄の 苦衷 ( くちゅう )は実にここにある。 けり、 ある 時 一 休の 御し やうばん して、 御 非 時 を 給 は. 甲山の緑は若く、 笛吹川 ( ふえふきがわ )の水はことしも強烈な夏を前に、 淙々 ( そうそう )と永遠の生命を歌っていたが、別るる山河に、 (再び 汝 ( なんじ )と 相見 ( あいまみ )えることを得るかどうか) と、無量な思いを抱いて立った将士がどれほどあったろうか。 ここを持つ持たないは、単に一城の価値だけではなかった。 」 ト思 入。 」 伊 之 r ォ 、お 主 は 會津屋 の 半 助 どの。

次の