日産 ラフェスタ ハイウェイ スター。 ラフェスタ ハイウェイスターG(日産)の中古車

ラフェスタ(日産)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

日産 ラフェスタ ハイウェイ スター

サイドカメラ• 豊富なシートアレンジにより、荷物を自在に積み込める。 トランスミッションは、2WD車にはマニュアルモード付電子制御5速オートマチックを搭載、低燃費と高トルクで力強い走りを実現する2. 販売終了後は、2005年から並行して販売されていたラフェスタハイウェイスターが2011年にマツダのプレマシーからOEM供給を受け、現在もラフェスタの名を引き継ぎ生産されている。 愛媛県 0台• 変速機は5段オートマチック。 プレマシー以降のマツダ車、乗り味がとっても良いんです。 それにスペシャルモデルとして設定されるオーテックジャパン製「ハイウェイスター」は、スポーティかつスタイリッシュな専用装備が内外装にわたるエアロバージョン。 下記リストにて、日産 ラフェスタ の各グレード・仕様別の新車で メーカーより出荷される際の標準設定タイヤサイズをご確認できます。

次の

日産 ラフェスタハイウェイスター

日産 ラフェスタ ハイウェイ スター

ということで、日産好きクルマ好きならば 「外観違いより乗り味の違う」クルマを求めるかもしれません。 リアハッチは樹脂製Assy。 3列シート• それにスペシャルモデルとして設定されるオーテックジャパン製「ハイウェイスター」は、スポーティかつスタイリッシュな専用装備が内外装にわたるエアロバージョン。 ラフェスタライウェイスターに試乗しました。 バネレートやスタビライザーを固めることなく、スタビリティをしっかり確保している。 04 DBA-CWEFWN 2012. 宮崎県 0台• オットマン• センターデフロック• 前席、セカンド席に大型ヘッドレスト採用した。

次の

日産 ラフェスタハイウェイスター 価格・車種カタログ情報

日産 ラフェスタ ハイウェイ スター

さらに、ヘッドランプレベライザーを標準設定するなど、平成18年1月から実施される灯火器(改正)技術基準にも適合させている。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-B30 1997cc 5 CVT FF 7名 15. 少しホンダっぽい感じもするが、万人に受け入れられやすいデザインだろう。 09-2016. 山梨県 0台• 04-2014. の共同開発車で製 ハイウェイスター BA1 B30A 軽トールワゴン。 09-2016. 横滑り防止装置• リアシートを荷物の出し入れだけに利用するなら、電動スライドドアはなくても良いと思う。 三列シートの車ですが、ボディサイズもちょうど良いサイズなので大きめのミニバンの運転に自信がない方でもこの車ならコンパクトカーに近い感覚で運転ができると思います。 ちなみにヘッドランプは両車共通だ。 又、本車種のバッジエンジニアリング元であるプレマシーは、同義の英語「SUPREMACY」を語源としている。

次の

日産 ラフェスタハイウェイスター

日産 ラフェスタ ハイウェイ スター

2列目・3列目シートを折りたためば広い荷室スペースが出来上がり、足を伸ばして眠れだけの長さを確保できる。 ブルーレイ再生• インテリアは、シート地を変更するなどし。 07-2018. フルフラットシート• 従来の標準グレード20Sが「JOY(ジョイ) X」、上級グレード20Gが「JOY(ジョイ) G」へと変更。 PDF プレスリリース , 日産自動車、マツダ(2社連名), 2011年1月28日 , 2016年7月5日閲覧。 - ラフェスタを販売開始。 毎回新しい発見があります。 「20S」はフロントグリルをメタルブラックに変更し、「PLAYFUL」と「ハイウェイスター」はフォグランプとオートライトシステムを追加。

次の

日産 ラフェスタハイウェイスター

日産 ラフェスタ ハイウェイ スター

04 DBA-CWEFWN 2013. 日産ホームページではComing Soonとされている。 新型ラフェスタ ハイフェイスターとプレマシーの違い 新型ラフェスタ ハイウェイスター(上段)とそのOEM元であるプレマシー(下段)のエクステリアを比較してみる。 この他、シートバックポケットを運転席にも追加し、ラゲッジアンダーボックスの収納容積を拡大したことで利便性を高めた。 何も考えなくたってまっすぐ走ります。 それでも質感なら全然悪い訳じゃありません。 だから名前は同じでも、モデルチェンジではなく新車種の追加という見方もできる。

次の

日産・ハイウェイスター

日産 ラフェスタ ハイウェイ スター

日産ラフェスタ ハイフェイスターのありがちかもしれないがシンプルなデザインの方が多くのユーザーに受け入れられるはずだ。 2代目「ハイウェイスター」はのバッジエンジニアリングならびに車両となり、全幅1. 山形県 0台• さらに、エクステリアにも光輝仕様の17インチアルミホイールやサイドターンランプ内蔵のドアミラー、クロームメッキのアウトサイドドアハンドルなどの専用装備を追加し、高級感を演出している。 操縦安定性はこの手のミニバンにしては秀逸。 常時発光式のメーターは緻密ではなく、なんとなく視認性が悪い。 また、無段変速CVTの採用で変速ショックがなく、快適な走りを可能にした。

次の