ペンデュラム ディメンション。 カードショップかもめ

遊戯王カード考察:≪ペンデュラム・ディメンション≫融合召喚からそのままエクシーズ召喚に繋げられる!

ペンデュラム ディメンション

された時のを持つとの相性はよく、例えばならでされたを一掃しつつ、再びができる。 融合モンスターさえ出しているのであれば融合召喚である必要性はないので 覇王眷竜スターヴヴェノムあたりを特殊召喚するのもありです。 YES・ NOのサインは人によりまったく異なるため、自分のサインを知る事が必要です。 以外の該当種類の複数体並べるには消費が激しい。 1ターンに1度、 PモンスターをPゾーンかフィールドへ移動させることができるカード 厳密には特殊召喚ですが、リンク先の確保や除去の回避、上級モンスターの特殊召喚など用途は多岐にわたります。 は四天の龍(を参照)のそれぞれのを意識したものだと思われる。

次の

カードショップかもめ

ペンデュラム ディメンション

38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》X召喚+《灰流うらら》サーチができる。 が存在する時はの。 序盤は腐りやすいものの、意識して構築すれば手札補充として活躍します。 or code. このターン、自分の「ペンデュラム・ディメンション」の効果で同じ効果を適用できない。 P効果: もう片方の自分Pゾーンのカードを破壊し、同名カードを1枚サーチするカード EXデッキにPモンスターを増やしつつ、ペンデュラムゾーンを開けることができます。 このターン、自分の「ペンデュラム・ディメンション」の効果で同じ効果を適用できない。

次の

LED6

ペンデュラム ディメンション

。 例えば融合召喚した後に同レベルのペンデュラムを特殊召喚すれば そのままエクシーズ召喚に繋げて今度はエクシーズを出した時の効果に繋げられます。 アニバーサリーパック• シリーズ名をクリックするとエキスパンションが表示されます。 は両手に持っている剣のような武器がの翼の一部分に酷似し、緑色のラインも身体に見られることからがモチーフだと思われる。 EXデッキからの再利用ができるチューナーとして《水晶機巧-ハリファイバー》も使えるなどこのカードを採用することでできることは多いカードです。

次の

【遊戯王OCG】「ペンデュラム召喚」汎用サポート22選

ペンデュラム ディメンション

デッキの闇鍋度も高めるので、イマイチ信用できないカードになってしまうか。 そのPモンスターを自分のPゾーンに置く。 エクシーズモンスターを特殊召喚した場合には そのエクシーズのランク以下のレベルのチューナーをサーチ、 もしくはデッキから特殊召喚が可能です。 Pスケールでペンデュラム召喚可能なレベルをもつモンスター2体を墓地から手札に加えるカード 安定してペンデュラム召喚を行えるデッキであれば万能のサルベージカードとして使えます。 その際、その効果モンスターがフィールドから墓地に送られてもそのターンは効果を発動することが出来るのでとが出来なくなります。 《ペンデュラム・フュージョン》 「ペンデュラム・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。

次の

ペンデュラム・ディメンション

ペンデュラム ディメンション

第3期• モンスターとしての活躍はあまりできませんが、《エフェクト・ヴェーラー》や《ドロール&ロックバード》をサーチできる点は中々侮れません。 また、発売時期や海外の大会では多重スリーブが禁止されている事も考慮している為、商品によっては使用感が多少強めの商品でも状態Aと判断させて頂いている場合もございます。 このターン、自分の「ペンデュラム・ディメンション」の効果で同じ効果を適用できない。 そのカードを破壊し、その後、自分はデッキから1枚ドローする。 P効果で、お互いの魔法の発動につき魔力カウンターを乗せ、 3つ取り除くことでペンデュラムモンスター1体をサーチできるモンスター スケールを揃えつつ、必要なペンデュラムモンスターをサーチできる効果はとても優秀。 このカードを使う場合、ある程度スケールを調整して構築しておく必要があります。

次の

ペンデュラム・ディメンションカード情報・考察

ペンデュラム ディメンション

自分フィールドのモンスター1体を墓地へ送り、元々のレベルと同じPモンスター1体をデッキから1体特殊召喚するカード デメリット:エンドフェイズに破壊 デッキから特殊召喚したいPモンスターはそれぞれデッキによって異なりますが、 例えば ・《ダーク・ドリアード》&《魔の試着部屋》で大量展開コンボを行う ・《EMペンデュラム・マジシャン》で自分のカードを破壊するコンボを行う など 多種多様な使い方ができます。 ・浮幽さくら 自分のモンスターよりも相手モンスターの数が多い場合に手札から捨てて発動することが出来る。 以上が基本的な使い方となります。 どちらの条件も決して満たしやすいものではないものの、《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》に繋げやすいカードです。 などと他を並べやすいと併用したい。 そのモンスターの元々のレベルと同じレベルのPモンスター1体をデッキから特殊召喚する。 このターン、自分の「ペンデュラム・ディメンション」の効果で同じ効果を適用できない。

次の