ジャパン ハンドラー。 【ジャパンハンドラーの終焉?】アーミテージ&グリーンがトランプ政権誕生により失脚か?米関係者「両氏はブラックリスト入り」

日本を裏で操る米国「ジャパンハンドラーズ」ってなに?誰?

ジャパン ハンドラー

(中略) 皇室に繋がる日本の右翼は、 イエスズ会が管理する国際戦略研究センターを含む日本の秘密施設全体が安倍政権に逆らっているので運命つけられている。 ヘンリー・キッシンジャー(アメリカ元国務長官)• つまり、 (ヒラリーを推していた)軍産複合体の傀儡政治家が数多く失脚し、 その代わりに「全く新しい軍事勢力」がアメリカ国内で構築されていく可能性があるということだ。 もちろん生後9カ月1日以上の本会登録犬でなくてはなりません。 小泉氏は大学卒業後の2004年に、コロンビア大学付属の英語学校に入った。 そんなところから、CSISとアーミテージ・ナイリポートが日本の政策をすべて決めているなどという陰謀論めいた見方さえ、ささやかれるようになった。

次の

知日派

ジャパン ハンドラー

アーミテージ氏は、トランプ候補の選挙期間中「共和党のトランプではなく、民主党の大統領候補だったヒラリー・クリントンに投票する」と明言していたのです。 トランプ大統領におねだりされて戦闘機やミサイルなどを爆買いし、普天間返還の見通しも立たぬまま辺野古新基地建設を強行、そしてトランプのノーベル平和賞推挙……。 170• ロックフェラーのCFRの元研究員、元国家安全保障会議アジア部長、そしてCSISの副理事長。 知られてはマズイからです。 2013年6月24日(月)、東京都港区のホテルオークラ東京別館2階「オーチャード」にて、笹川平和財団主催「日米安全保障研究会」記者会見が開催された。

次の

影響力を増すジャパンハンドラーの正体【国際関係のパワーバランスとは】

ジャパン ハンドラー

今回の訪米も、「主人」である米国に対し、与えられた課題をいかに達成したかということを、「報告」しに行くだけのことに過ぎない。 14日付のしんぶん赤旗によれば、第二次安倍政権の2013年度からの6年間で、日本政府がCSISへ寄付した金額はなんと2億9900万円にのぼるという。 「ジャパン・ハンドラーズ」とは、この日本を裏で操っているアメリカ人たちのことを言います。 というのも、CSISは日本財団傘下の東京財団と密接な関係にあり、2016年の2月にはCSISと笹川平和財団が共同で研究会を設立しているからだ。 時事ブログでは、ジャパン・ハンドラーズは、今や全員が、しましたが、今回のフルフォードレポートでそれが裏付けられたと思います。 そして、「ジャパン・ハンドラーズ」のお眼鏡にかなう人たちというのは、決して我々国民にとって有益なことはしてくれません。

次の

RAPT

ジャパン ハンドラー

この安倍首相の異常とも言えるCSISへの忠誠の背景には、祖父である岸信介の影響があるのではないかとも言われている。 世間ではそう見る向きがあるが、実はそんな単純なものではない。 アジア諸国蔑視の「先進国人」には、耳障りかもしれないが<過不足なく偏りのない>の『徳』は修得すべし。 (中略) 一方 米国では、ホワイトハットが大勝利を続けている。 少なくとも1年以上の会員歴がないと資格取得試験にチャレンジすることができません。 同書には、講師として招かれたIWJ代表・岩上安身を含む14人のジャーナリストの講演がまとめられている。

次の

ジャパン・ハンドラーズに英才教育を受けた小泉進次郎

ジャパン ハンドラー

もちろん、貪欲の悪党は例外かもね。 先週の最大の兆候は、トランプ政権の筆頭経済顧問の元ゴールドマンサックスのCEOコーエンの辞任であった。 ただ、スペースの都合上でしょう、個別のハンドラーについての突っ込んだ分析はなされていません。 だから、<ペンタゴン>がどう焦ろうが、<アメリカ様>の軍事予算は、次期大統領に誰がなっても、減らされることはあっても増やされることは決して無い。 マイケル・グリーン氏については説明するまでもありません。 だから、アメリカにとって、横須賀が重要なのであり、 第7艦隊の母港であり、そして手下の日本人をお守り役として置いているわけです。

次の

ジャパン・ハンドラーズ―日本を操るアメリカの政治家・官僚・知識人たち

ジャパン ハンドラー

- 315,535 views• ひとつには、ジャパンハンドラーたちが日本の政府、特に政界の有力者たちを自由自在に操っているという点だ。 - 513,419 views• それを突破するには、日本社会に非論理的集団が感情に訴えて勢力を張らせるしかない。 176• 善と悪の区別と判断力を身に付けることだね。 米政府の政策決定に深く関わっているいるシンクタンクです。 占領期も米国対日評議会 American Council on Japan, ACJ などでの活動を通じて日本の復興路線を支持した。

次の