名前 を 見 て ちょうだい。 「名前を見てちょうだい」がまだ教科書に載ってて、思い出の引き出しをめっけた。 [No.58]

「名前を見てちょうだい」がまだ教科書に載ってて、思い出の引き出しをめっけた。 [No.58]

名前 を 見 て ちょうだい

帽子の裏側の名前をさが す。 (キヨ) mkbkc. と記している。 それから、えっちゃんは、あっこちゃんのうち にあそびに行きました。 ここ は、いろいろな音声表現の仕方が出来ます。 (二人とは、えっちゃんときつね) (二人が大声で追いかける。 以下には、「ナレーター」を「ナレ」と、「えっちゃん」を「えっ」 と、「おかあさん役」を「おか」と、略記することにします。

次の

「名前を見てちょうだい」がまだ教科書に載ってて、思い出の引き出しをめっけた。 [No.58]

名前 を 見 て ちょうだい

他の多くの児童は、ナ レーター役となります。 各場面が どんな場面か、おおざっぱな話し合いをします。 えっちゃんが、指さしをしてか ら、言う) 「えっ」 あっ、あたしの、ぼうし。 (2)いろいろなお話を読んで、「読書ゆうびん」を書きましょう。 「うし」 わたしのですよ。

次の

名前を見てちょうだい

名前 を 見 て ちょうだい

だけど、この年齢の子たちは、まだまだ気持ちがまっすぐ。 (きつねさん、少しずつ後へ後退りしながら、小声で・小さな声 で言う。 「大男」 たべちゃったよーー。 各場面に登場する人物を数名を決め、児童に 配役をします。 そうして大男とおなじ大きさにな ってしまいました。

次の

あなたは誰? 名前を見てちょうだい!

名前 を 見 て ちょうだい

新日本童話教室第一期生。 ありがとう。 両手(片手)を前方へ差し出していても よい) 「ナレ」 えっちゃんは走りだしました。 みなさんの学級では以下を参考に、いろいろなヴァリエーショ ンを考案して楽しい劇化活動の授業をしてみてください。 三人の声は、 ばらばらでもよい。 名前という固有名詞の奥深さについて授業記録とは別に詳しく話もされています。 またという日本を代表する研究者が、どのような数奇な人生遍歴を経て今に至ったのか。

次の

「名前を見てちょうだい」がまだ教科書に載ってて、思い出の引き出しをめっけた。 [No.58]

名前 を 見 て ちょうだい

(大声で追いかける。 三人の目線は帽子が飛 んでいる同じ方向にする。 いそがしくて、いそがしくて。 すぐに簡単な動作化や役割音読に入ります。 内容量が多すぎるので、2パートに分けた劇化にすると演技しや すいでしょう。 「そ の帽子、わたしのよ」という気持ちで、強い調子で呼びかけ て言う。 】 (えっちゃんは、ひるみません。

次の

あなたは誰? 名前を見てちょうだい!

名前 を 見 て ちょうだい

(「ピューピューピュー」を挿入する) 「えっ」 こらーー、ぼうしーー、まてーー。 風に吹かれている帽子に目線を当て て教室内を少し駆ける。 あたし、おこっているから、あつ いわよーー。 さらに怪訝そうにキョトンとする子どもたちにむかって、今度は「本当に君はウダガワくん?」と言い出す始末。 (分かりやすくするため「ぼうしを」を入れたナレーションする) 「二人」 こらー、まてーー。 子ども達が、えっちゃんになった り、きつねさんになったり、牛さんになったりしながら、それら人物に同化 して簡単な動作・身振りをさせます。

次の