強い 農業 担い手 づくり 総合 支援 交付 金。 群馬県

強い農業づくり交付金/長野県

強い 農業 担い手 づくり 総合 支援 交付 金

強い農業・担い手づくり総合支援交付金(産地基幹施設等支援タイプ)とは 趣 旨 産地や担い手の発展の状況に応じて必要となる集出荷施設等の産地の基幹施設の整備を支援します。 強い農業・担い手づくり総合支援交付金(先進的農業経営確立支援タイプ・地域担い手育成支援タイプ)(令和元年度) 事業の概要 事業要望調査について 事業要望調査の方法 本事業の要望調査は、事業実施主体である市町村等から国に要望を提出していただきます。 PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。 新規就農者のための優先枠「チャレンジ支援枠」も設けられています。 それぞれ対象者や要件が異なるので、必ず公式ホームページを確認するか、資料を取り寄せ、自分が対象者かどうか確認するようにしてください。 施設等の被害の状況がわかる書きものや写真等• 申請書類の提出締切は7月10日 金 17時00分 必着 です。 「アニマルウェルフェアへの配慮」というぼんやりした言葉だけでは具体性がなく実行力にかけます。

次の

「令和2年度強い農業・担い手づくり総合支援交付金(産地基幹施設等支援タイプ)」についてのお知らせ

強い 農業 担い手 づくり 総合 支援 交付 金

しかしなぜここでもスマート整備に限定されるのかという問題があります。 併せて、融資の円滑化等を図るため、農業信用基金協会への補助金の積増しによる金融機関への債務保証を支援します(補助率:定額)。 強い農業・担い手づくり総合支援交付金(被災農業者支援型)(令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号、第15号及び第17号の暴風雨を含む。 お問合せ先 経営局経営政策課担い手総合対策室 〈北海道にお住まいの方のお問い合わせ先〉 担当者:担い手支援第1班 代表:03-3502-8111 内線5206 ダイヤルイン:03-6744-2148 FAX番号:03-3502-6007 【地方農政局等お問い合わせ先】 〈青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県にお住まいの方のお問い合わせ先〉 東北農政局経営・事業支援部経営支援課 代表:022-263-1111(内線4546) 〈茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県にお住まいの方のお問い合わせ先〉 関東農政局経営・事業支援部経営支援課 代表:048-600-0600(内線3839) 〈新潟県、富山県、石川県、福井県にお住まいの方のお問い合わせ先〉 北陸農政局経営・事業支援部経営支援課 代表:076-263-2161(内線3947) 〈岐阜県、愛知県、三重県にお住まいの方のお問い合わせ先〉 東海農政局経営・事業支援部経営支援課 代表:052-201-7271(内線2356) 〈滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県にお住まいの方のお問い合わせ先〉 近畿農政局経営・事業支援部経営支援課 代表:075-451-9161(内線2797) 〈鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県にお住まいの方のお問い合わせ先〉 中国四国農政局経営・事業支援部経営支援課 代表:086-224-4511(内線2496) 〈福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県にお住まいの方のお問い合わせ先〉 九州農政局経営・事業支援部経営支援課 代表:096-211-9111(内線4495) 〈沖縄県にお住まいの方のお問い合わせ先〉 沖縄総合事務局農林水産部経営課 代表:098-866-0031(内線83290). 2017. また、労働力不足等の課題に対応する農業経営のイノベーションに向けて、新たな技術を活用した農業用機械・施設の導入について、優先枠を設けて重点的に支援します。 強い農業づくり事業の運用について 新旧対照表 ( ・ ・ ・ )• 「令和2年度強い農業・担い手づくり総合支援交付金(産地基幹施設等支援タイプ)」についてのお知らせ 事業内容 ・農業経営の発展・改善及び産地競争力の強化を目的として、農業用施設等を取得する場合に、導入に要する経費に係る消費税額を除いた資金の一部について助成する取り組みです。 (都道府県交付金様式) 改正なし• 強い農業づくり交付金実施要領(平成17年4月1日付生産第8262号大臣官房国際部長、総合食料局長、生産局長、経営局長通知)第8号の別記Iの第12に基づき、以下のとおり公表します。

次の

強い農業づくり交付金|農林水産|東京都産業労働局

強い 農業 担い手 づくり 総合 支援 交付 金

それが「持続化給付金」です。 どのような施策であっても畜産への交付金を実施する場合はアニマルウェルフェアへの配慮は必須とすべきです。 〇 〇 〇 〇 東日本大震災農業生産対策交付金(要綱・要領等)【令和2年4月1日改正】 持続的生産強化対策事業(実施要綱・交付要綱)【令和2年4月1日改正】 実施要綱(別紙) 申請様式等 問い合わせ窓口 水田農業高収益作物導入推進事業 園芸作物課 園芸流通加工対策室 TEL:03-3501-4096(直通) 端境期等対策産地育成事業 園芸作物課 園芸生産第2班 TEL:03-6738-7423(直通) 園芸作物課 需給調整第2班 TEL:03-3502-5957(直通) 園芸作物課 花き産業・施設園芸振興室 TEL:03-6738-6162(直通) (Iの事業) 園芸作物課 施設園芸対策班 TEL:03-3593-6496(直通) (IIの事業) 畜産振興課 技術第2班 TEL:03-3591-3656(直通) 茶・薬用作物等 地域対策官 TEL:03-6744-2117(直通) 甘味資源作物等 地域作物課 でん粉 TEL:03-6744-2115(直通) さとうきび TEL:03-3501-3814(直通) 新品種・新技術の確立支援 技術普及課 普及活動推進班 TEL:03-3593-6497(直通) (施肥設計の見直しによる資材費低減対策の推進) 技術普及課 生産資材対策室 資材効率利用推進班 TEL:03-6744-2435(直通) 技術普及課 生産資材対策室 安全指導班 TEL:03-6744-2111(直通) 農業環境対策課 有機農業グループ TEL:03-6744-2114(直通) (I、II、III、Vの事業) 農業環境対策課 GAP推進グループ TEL:03-6744-7188(直通) (IV、VIの事業) 畜産振興課 TEL:03-6744-2276(直通) 畜産企画課 畜産経営安定対策室 TEL:03-3502-0874(直通) 1の事業 畜産振興課 家畜改良推進班 TEL:03-6744-2587(直通) 2の事業 畜産振興課 個体識別システム活用班 TEL:03-6744-2276(直通) 牛乳乳製品課 TEL:03-3502-5987(直通) 牛乳乳製品課 TEL:03-3502-5987(直通) 穀物課 TEL:03-3502-5965(直通) 産地生産基盤パワーアップ事業(要綱・要領等)【令和2年2月28日制定】 実施要綱・要領本体(共通) 申請様式 問い合わせ窓口 総務課生産推進室 TEL:03-3502-5945 実施要領(別紙) 申請様式 (新市場対応に向けた拠点事業者の育成) 総務課生産推進室 TEL:03-3502-5945 青果物等の輸送におけるパレット等の導入) 食料産業局食品流通課 TEL:03-3502-5741 花きの輸送における台車等の導入) 生産局園芸作物課 TEL:03-6738-6162 (収益性向上対策) 総務課生産推進室 TEL:03-3502-5945 (生産基盤強化対策のうち生産基盤の強化継承) 園芸作物課 TEL:03-6744-2113 (生産基盤強化対策のうち全国的な土づくりの展開) 農業環境対策課 TEL:03-3593-6495 総務課生産推進室 TEL:03-3502-5945 農畜産物輸出拡大施設整備事業(要綱・要領等)【令和2年1月30日改正】• ただし一般的には区別なく使われていることが多いため、ここでは「助成金」と統一してご紹介していきます。 ・成果目標の基準、面積要件等を満たしていること。 (様式)、(様式) (様式)、(様式)• 24 新型コロナウイルスの感染拡大により、さまざまな事業者向けの補助金や助成金といった支援制度が目に入るようになりました。 優先枠を設定し、集出荷・加工の効率化に向けた再建合理化(20億円)、次世代施設園芸の取組拡大(20億円)、中山間地域の競争力強化(30億円)の取組を推進します。

次の

強い農業・担い手づくり総合支援交付金(被災農業者支援型)(令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号、第15号及び第17号の暴風雨を含む。)、台風第19号等)について:農林水産省

強い 農業 担い手 づくり 総合 支援 交付 金

そのため国や地方自治体が助成金などの支援策を打ち出していま... 税金で虐待施設を整備しないでほしい、アニマルウェルフェアへ配慮しない農場に交付しないでほしいと、ぜひ皆様からも地元の国会議員へ意見を届けてみてください。 経営開始型 内容:独立・自営就農する認定新規就農者に、資金が交付される 金額:最大150万円(1年当たり) 期間:最長5年間 『農業次世代人材投資資金』は交付要件を満たし、助成金が交付されたとしても、要件内容に見合わないことが生じた場合(例えば適切な研修を行っていない、適切な経営を行っていない等)には、交付停止や返還等の措置がとられます。 補助金:令和2年度強い農業・担い手づくり総合支援交付金(新たな生産事業モデル支援タイプ)の3回目公募 支援情報ヘッドライン 補助金:令和2年度強い農業・担い手づくり総合支援交付金(新たな生産事業モデル支援タイプ)の3回目公募 種類 補助金・助成金 分野 生産性向上・IT化、地域活性化 地域 全国 実施機関 農林水産省 実施機関からのお知らせ 地域農業者の減少や天候不順の多発等を克服しながら国産品への需要を満たす生産・供給主体の確保が急務であるため、拠点となる事業者が連携する生産者の作業支援など様々な機能を発揮しつつ、安定的な生産・供給を実現しようとする新たな生産事業モデルの育成が必要です。 (様式)、(別紙様式)• ・受益地の全てにおいて人・農地プランが策定されていること。 2020. )、台風第19号等により被害を受けた日以降の取組(着工)であれば、事業計画の承認等の手続き前の取組でも対象となりますので、以下の資料の保存をお願いします。

次の

強い農業づくりの支援:農林水産省

強い 農業 担い手 づくり 総合 支援 交付 金

また助成金の中には、『農業次世代人材投資資金』のように、要件を守らなかった場合に交付停止になったり、返還の義務が生じたりする場合があります。 1 産地競争力の強化 需要に応じた生産量の確保,生産性の向上,品質向上等 2 食品流通の合理化 安全・安心で効率的な市場流通システムの確立,卸売市場の再編の促進等 詳細は をご覧ください。 新型コロナウイルスの感染拡大により、影響を受けた事業者向けの補助金や助成金、融資といった支援制度の話題が目に入るようになった人も少なくないのではないでしょうか。 22 新型コロナウイルスの感染拡大により、農業を含むさまざまな生業が打撃を受けています。 牛豚鶏の飼養施設のスマート整備への交付にあたってアニマルウェルフェアへの配慮が求められるようになったのは悪いことではありません。 このため、供給調整機能を有する拠点事業者を中心とした協働事業計画に参加する主体が実施する計画の目標達成に必要な取組を本事業により支援します。 準備型 内容:必要な技術等を習得するために研修を受ける人に、資金が交付される 金額:150万円(研修期間1年当たり) 期間:交付対象となる研修期間は最長2年間• 強い農業・担い手づくり総合支援交付金の評価結果について 強い農業・担い手づくり総合支援交付金実施要綱(平成31年4月1日付け30生産第2218号農林水産事務次官依命通知)第8の6に基づき、評価結果について公表します。

次の

強い農業づくり交付金|農林水産|東京都産業労働局

強い 農業 担い手 づくり 総合 支援 交付 金

知っておいて損はない助成金まとめ 設備投資するなら 『強い農業・担い手づくり総合支援交付金』は「強い農業づくり交付金」と「経営体育成支援事業」が統合されたもので、そのタイプによって対象者はさまざまですが、主に• 事業の活用をお考えの農業者の方は、申請書類やその提出方法について、市町村にご相談ください。 内容:荒廃農地の再生利用及び発生防止活動のため• お問合せ先 農林水産省生産局総務課生産推進室 TEL: 代表 03-3502-8111 FAX:03-3502-8518 担当:企画調整班課長補佐、事業推進班課長補佐(内線4717) 東北農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 022-263-1111 FAX:022-217-4180 担当:地域指導官(内線4337) 関東農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 048-600-0600 FAX:048-601-0533 担当:地域指導官(内線3307) 北陸農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 076-263-2161 FAX:076-232-5824 担当:地域指導官(内線3316) 東海農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 052-201-7271 FAX:052-218-2793 担当:地域指導官(内線2414) 近畿農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 075-451-9161 FAX:075-414-9030 担当:地域指導官(内線2378 中国四国農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 086-224-4511 FAX:086-232-7225 担当:地域指導官(内線2416) 九州農政局生産部生産振興課 TEL: 代表 096-211-9111 FAX:096-211-9745 担当:地域指導官(内線4440) 沖縄総合事務局農林水産部生産振興課 TEL: 代表 098-866-0031 FAX:098-860-1195 担当:生産総合指導係(内線83362). 農業人口の減少に歯止めをかけるためにも、国としてはそういった人達を支援... (令和2年5月20日) 北海道の規程 強い農業づくり事業• また、品質・衛星管理の強化等を図る卸売市場施設、産地・消費地での共同配送等に必要なストックポイント等の整備を支援します。 また、スマート技術で得られたデータは畜産クラウドに提供すること。 01 新型コロナウイルスの感染拡大により、売り上げが下がってしまった事業者に対し、国は現金給付を行うことを決めました。 ... 補助金 予算が決まっており、最大何件と決まりがある などの違いがあります。 (都道府県交付金様式)• 参考文献• ・費用対効果分析を実施していること。

次の

【農家が知っておきたい、助成金まとめ】知っておいて損はない助成金を紹介

強い 農業 担い手 づくり 総合 支援 交付 金

(国直接採択様式)• 内容:経理や総務等の業務の効率化をはかるためのITツール導入を支援• にはその施策の一つに「スマート農業の推進に関する施策」が加わり、そしてスマート農業整備で交付金を受けるためにはアニマルウェルフェアが求められることになりました。 事業要望調査の実施期間 平成31年3月12日火曜日から平成31年4月16日火曜日まで。 事業の対象となる取組に係る発注書、納品書、請求書などの書類. こちらも3つのタイプに分けられます。 )及び台風第19号等被災産地施設整備等対策(実施要領) 【令和元年11月19日制定】 令和元年8月以降の前線に伴う大雨及び台風対応産地緊急支援事業(実施要領)【令和元年10月31日制定】 実施要領本体(共通) 申請様式 問い合わせ窓口 総務課生産推進室 TEL:03-3502-5945(直通) 実施要領(別紙) 申請様式 問い合わせ窓口 総務課生産推進室 TEL:03-3502-5945(直通) 園芸作物課需給調整第2班 TEL:03-3502-5957(直通) 地域対策官 TEL:03-6744-2117(直通) 強い農業・担い手づくり総合支援交付金(実施要綱・交付要綱)【平成31年4月1日制定】 東日本大震災農業生産対策交付金(要綱・要領等)【平成31年4月1日改正】 産地パワーアップ事業(要綱・要領等)【平成31年2月18日改正】 農畜産物輸出拡大施設整備事業(要綱・要領等)【平成31年2月13日改正】 持続的生産強化対策事業(実施要綱・交付要綱)【平成31年4月1日制定】 実施要綱(別紙) 申請様式等 問い合わせ窓口 園芸作物課 園芸流通加工対策室 TEL:03-3502-5958(直通) 園芸作物課 需給調整第2班 TEL:03-3502-5957(直通) 園芸作物課 花き産業・施設園芸振興室 TEL:03-6738-6162(直通) 園芸作物課 施設園芸対策班 TEL:03-3593-6496(直通) (1、3の事業) 畜産振興課 技術第2班 TEL:03-3591-3656(直通) (2の事業) 園芸作物課 施設園芸対策班 TEL:03-3593-6496(直通) (茶・薬用作物等) 地域対策官 TEL:03-6744-2117(直通) (甘味資源作物等) 地域作物課 でん粉 TEL:03-6744-2115(直通) さとうきび TEL:03-3501-3814(直通) (事業、新品種・新技術の確立支援) 技術普及課 普及活動推進班 TEL:03-3593-6497(直通) (ICT導入効果の分析・情報発信) 技術普及課 スマート農業推進班 TEL:03-6744-2218(直通) (施肥設計の見直しによる資材費低減対策の推進) 技術普及課 生産資材対策室 資材効率利用推進班 TEL:03-6744-2435(直通) 技術普及課 生産資材対策室 安全指導班 TEL:03-6744-2111(直通) 農業環境対策課 有機農業グループ TEL:03-6744-2114(直通) (I、II、IVの事業) 農業環境対策課 GAP推進グループ TEL:03-6744-7188(直通) (III 畜産GAP拡大推進加速化事業) 畜産振興課 TEL:03-6744-2276(直通) 畜産企画課 畜産経営安定対策室 TEL:03-3502-0874(直通) 畜産振興課 畜産技術室 TEL:03-6744-2587(直通) 畜産振興課 技術第2班 TEL:03-3591-3656(直通) 牛乳乳製品課 TEL:03-3502-5987(直通) 牛乳乳製品課 TEL:03-3502-5987(直通) 穀物課 TEL:03-3502-5965(直通) 技術普及課 スマート農業推進班 TEL:03-6744-2218(直通). 併せて、融資の円滑化等を図るため、農業信用基金協会への補助金の積増しによる金融機関への債務保証(経営体の信用保証)を支援します。 畜産におけるスマート整備とは、例えばAIを活用して死亡鶏を発見したり母豚の種付け時期を推定したり、畜舎内にセンサーを設置してインターネット経由で異常を察知したりなどが想定されますが、要するに農場のデジタル化のことです。

次の