ドス まりさ。 【凍結】ある男と胴付きまりさの話

ゆ虐SSドスまりさの国

ドス まりさ

できるだけ苦しまないように一撃でお前も家族の元へと送ってやるから」 「ふ、ふざけ……!ゆぶぉぉぉぉっ!?」 「お前、山の群れのゆっくりだろ?人間の畑に入り込んで農作物を食い荒らすゆっくりは問答無用で殺すのが決まりなんだ。 畑の水やり、重い荷物の運搬、喧嘩があればゆっくり光線で仲直りさせた。 MODの追加種族導入したらジュースおねだりされる場面でいきなり水槽へ戻りました。 「さあ!ゆっくりおやまをおりるのぜ!そしてくそにんげんからおやさいをとりもどすのぜぇぇぇぇっ!」 「みんなでおやさいをむーしゃむーしゃしようね!ゆっくりしゅっぱつするよ!」 「「ゆっくちりきゃいちたよ!」」 こうして愚かにもまりさ一家は安住の地である山を自ら捨てて死地へと赴いたのであった…… 「……ゆべえぇぇぇぇっ!?」 まりさは奇声を上げながら盛大にふっとんだ。 「みんな!このゆっくりできないおかざりはさっき、にんげんさんからおやさいをとりもどすといってでていった、 あのまりさとそのかぞくのおかざりだよ!おかざりのにおいのとおり、 まりさはにんげんさんにおろかにもたたかいをいどんだあげく、かんたんっにせいさいっされちゃったよ!」 「「「「「ゆゆっ!?」」」」」 「どすがいつもみんなにおしえているとおりになったね!にんげんさんはとてもつよいんだよ! ひとりじめにしているおやさいをとりもどすといきがったばかなゆっくりがにんげんさんにいどんだけっかがこれだよ! みんなゆっくりりかいしたかな!?」 「「「「「りがいじまじだぁぁぁぁっ!」」」」」 「このまりさたちのようになりたくなかったらみんなむれのおきてをまもって、 にんげんさんのところにはいかないでね!そうすればみんなゆっくりできるよ!ゆっくりりかいしてねっ!」 「「「「「ゆっくじりがいじまじたぁぁぁぁっ!りがいしたがらこのにおいをどうにかじでぇぇぇ!ゆんやあああああっ!」」」」」 ドスは群れのみんなの反応に満足すると、まりさ一家のおかざりを再びビニール袋に入れて口を閉じた。

次の

ゆ虐SSドスまりさの国

ドス まりさ

同時におを喪失したり、おの一部が損傷したりしたは「できない」 として認識され、群れやにおいて迫の対となる。 にんげんさんやおやさいのことをねんいりにおしえても、ああいうはねっかえりはどうしてもでてくるよ」 「ごめんなさいどす……ぱちゅはむれのきょういくっをまかされてるみなのに……ぱちゅはせんせいしっかくね……」 「それよりもあのまりさはにんげんさんのはたけにいくかな?」 「たぶん…」 「そう……そうだね、どすもそうおもうよ。 しかし賢いと言っても他のにべての話なのでには及ばないのがであり、自己の知を過信して破滅することもしばしば。 「はたけにはいつもにんげんさんがいるでしょ?あれはにんげんさんがおやさいさんのおせわをしてるからなんだよ? だからおやさいさんは、にんげんさんのはたけにしかはえてこないんだよ」 「どすぅぅぅぅっ!それはちがうでしょぉぉぉぉぉぉっ? おやさいさんがかってにはえてくるゆっくりぷれいすに、にんげんがかってにはたけをつくってるんだぜぇぇぇぇっ! じゅんじょがぎゃくっでしょぉぉぉぉぉっ!?」 「ちがわないよ。 なぜのにいるかは様々である。

次の

ゆ虐SSドスまりさの国

ドス まりさ

死体はこっちで埋めておくから……」 「ゆ、ゆっくりりかいしたよ!」 「ああそれから……ドスに伝えておけ。 また、が手を下さなない方法(=自滅原因)についてもここに記す。 「いつものように持って帰れ。 。 死ねっ!」 「ゆぎゅぶぅっ!?」 青年は全力で一気にまりさを踏み潰した……まりさ絶命。 そしてある日のことなんだぜ.... _____________________________________ 始めに。

次の

anko3606 ドスまりさはゆっくりできない

ドス まりさ

>もしかして精子餡を使っていませんか? の身体は物で構成されているため、による忌避さえなければ、「あまあま」を好むにとっては非常に魅的な栄養物となる。 悪いのは全部糞人間のはずだ。 成体 「成ゆ」のように呼ぶ場合もあるが、最この状態では「」で通じる。 その他の美醜もおで判断され、わずかな傷やほつれ、小さなでさえも侮蔑、迫の対となる場合がある。 では感情的な書き込みは避け、前向きで健全なを心がけてください。

次の

anko3606 ドスまりさはゆっくりできない

ドス まりさ

排物であると気づかれなければ、が非常に好む「あまあま」と大差はない。 おの破片ほんの1枚ですら識別が可である。 温かい目で待って頂けたら幸いです。 中身は飯、あるいはがという設定がつくことがある。 にんげんさんがはたけをつくるから、そこにおやさいがはえてくるんだよ。 しかもたくさんのゆっくりをつれて、だぜ」 零士「何ッ!?」 まりさ「た、たくさんってどのくらい?」 するとドスは口を重々しく開く。

次の

ゆ虐SSドスまりさの国

ドス まりさ

を好する側は 「と関係の場にを持ち込まないこと」• しかもぱちゅりーはもしかしたら金バッジを取れるんじゃないかってぐらい頭が良い。 お前を潰して終わりなんだからよ」 「どぼじてどぼじ……ゆぐぶぅぅぅっ!?」 青年は思考停止状態のまりさを踏み潰そうと、まりさの頭上に足を振り下ろした。 中身は餡子。 ドス達が生き延びる為に泣く泣く捨てた宝物をいつまでも持ち続ける真実のゆっくり…… まりさこそがまさにそれだとドスは内心尊敬さえしていた。 ドスと言うを持ち、数人程度であれば相手にで対抗できることもあれば、にも駆除されるだったりと、設定による強さの変動が非常に大きい。 らん種へのあこがれがあります。 視聴(閲覧)にあたっては、表現が明示的に使われていない等で、不用意に設定を持ち出したりを想起させるようなをしないこと。

次の

anko4123 賢い野生ゆっくり ※r2

ドス まりさ

幹部ゆっくり達もいつのまにか泣き止んでいた。 ハクレイ「じゃあドス、作戦を決めましょうか」 ドス「ゆん。 の個体や種のみを優遇して増長させ、その後の不和を誘う• さらにその群れ特有の自警団を引っ張っているエリートでもある。 をする、という自体は「ゆっくり虐待」が発祥というわけではなく、以前にも存在していた。 ゲームのたるくささはなくなってきびきびキャラが動きますね。

次の

anko4123 賢い野生ゆっくり ※r2

ドス まりさ

多くのゆっくり虐待の側からは、「」のような間口の広いに持ち出すことは好ましくないと考えられている。 起きる判定の前に数回行動できているような。 なぜならこの群れのゆっくりはみんな小さい頃から人間は強くて恐ろしい生き物であり、 お野菜は勝手に生えてこないと厳しく教育されてるからだ。 俺も手伝おうか?」 ぱちゅりー「お気持ちは受け取っておくわ。 自分がドス化してから、誰もまりさをまりさとは呼ばなくなった。 先ほど青年がジャガイモを植えようと畑を耕していたらいきなり 「ここをまりさたちのゆっくりぷれいすにするよ!」という大声が聞こえてきた。

次の