デュエル リンクス クリス トロン。 【遊戯王デュエルリンクス】新リミット後の水晶機巧(クリストロン)はどうなる?

トロン(遊戯王ZEXAL)とは (トロンとは) [単語記事]

デュエル リンクス クリス トロン

デッキからします。 はじめまして リンクスプレイヤーの皆さんはじめまして、しらこと申します。 ) その後がとの戦いへ移っていき、彼のたちがたちと共に勢との戦いへ身を投じ、彼らのを行ったのち消滅してしまってもなお長らく姿を見せなかったが、が倒されとの互いのを賭けた最終局面にてようやく登場。 《》を除外できる《》が天敵となりそうです。 古代の機械やユベル、ネフティス辺りと組ませるプレイヤーが多く現れるものと予想されます。 現状一歩劣るものの、Tier1にいつ上がってもおかしくない強さを持つ。

次の

【デュエルリンクス】水晶機巧(クリストロン)デッキレシピ【キング帯で勝率70%】

デュエル リンクス クリス トロン

アルマデスやスクラップドラゴン、ブラックローズドラゴン等の汎用性の高いシンクロモンスターは大体パックが散らばって収録されているのでシンクロテーマは完成度の高い構築を作る難易度が高くなっています。 こちらが実際に使用した構築なのですが、低ランク帯の時からずっとこの固定構築で戦い、キングになっています。 これにより「」が採用されることとなりそうだ。 やがて第話、と達のが決着後にが崩壊を始める中、フェーや達の前に姿を現すと、残された紋章ので達の身柄をの外の安全な場所まで送り届け救出してみせた。 そして決勝戦にてはついに、準決勝でを破った『』の召喚をきっかけにを外し素顔を明かす。 ここでついにのが初披露となるのだが、にものを言わせたので(く「璧なだ、隙なんてない」)を展開されたにも関わらずはの効果で相手から名前を奪う事でが構築したを逆利用しを追い詰め、さらには紋章のでから記憶や精を奪いにしてしまうという ぶりを見せつけ、や以上のえげつなさで達を驚かせる。

次の

トロン(遊戯王ZEXAL)とは (トロンとは) [単語記事]

デュエル リンクス クリス トロン

クリストロンについての解説もして行きたいところですが、今回は先程紹介した『デッキ選択5つのポイント』に注目し紹介をしたいと思います。 しかし、その場合自分のカードを破壊しなければいけなくなるのですが、このカード自身を破壊してあげると…… 戦闘・効果で破壊されるとデッキから「クリストロン」をできます。 それでは戦績へ。 という効果があるので、フューチャーから出してもいなくなってしまうので注意です。 《》へのアクセスが今まで以上に難しくなるなど、多少なりとも影響は受けている印象。 そればかりか作中ではとのを経て、「他者の記憶を封印したり、奪い取る(く『記憶を食べる』)」という 千年錫っぽいを披露した事もあり、『 の正体とは、の記憶を食べた何者かがに成りすましているのではないか?』という予測が出ていた事もあった。

次の

【遊戯王デュエルリンクス】クリストロンのデッキレシピ|回し方と対策を紹介

デュエル リンクス クリス トロン

その場合でも、に関する制限は生じる。 故に、動かし方や戦術が分からない人多いと思います。 ぶっ潰してあげる!」などとをかまして去っていく。 結果、強いし将来性もあるんですが伸びしろがバグってるので強化できないという悲しい運命を背負っているんですね。 それぞれターンに1回。 しかし、それだとどうしてもジェムが足りません。 シンクロするだけで相手のモンスターを3枚除外可能。

次の

頑張りすぎないデュエルリンクス~無課金勢のためのデッキ選択5つのコツ~|しらこ|note

デュエル リンクス クリス トロン

ですが、結局のところTCGをベースに作っているので新カードが登場したその直後はTCGプレイヤーの方にアドバンテージがあります。 イベントストーリーの進行にあわせて出てくるのかもしれませんが。 そして、そこで得たジェムを次のデッキ制作資金にするのです。 (本名:)• そしてクリストロンは「自身のカードを破壊する」という効果を持つため自壊をトリガーとするカード群と相性の良さを誇ります。 フリーチェーンによるサクリファイスエスケープの強さは「仮面魔獣の下準備サブテラー 」でみなさんも知っての事だとは思いますが。 そのカードを破壊し、デッキから「クリストロン」チューナー1体をする。 具体的には『沈黙の魔術師サイレント・マジシャン』や『ネオス・フュージョン』のことです。

次の

【デュエルリンクス】古代の機械&水晶機巧(アンティークギア・クリストロン)デッキレシピ【キング帯で勝率64%】

デュエル リンクス クリス トロン

フェニキシオンは『クリストロン・インパクト』のイラスト手前に移っているモンスターで、相手の場と墓地の魔法・罠カードを全て除外するというグリオンガンドの対になるようなド派手な効果を持っています。 もっとも当のからは名前も存在も忘れられたようであったが、後述の通り「」という名前が彼の本来の名前ではない以上、忘れられるのも理はいかもしれないが。 海の伝説へスキル変更が必要 クリストロンデッキで多用されていたスキル「」が大幅な下方修正を受けた。 デッキの強みについては概ね動画で紹介されている通りですが現段階で既にコズミック・サイクロンを使わない構築を試している人が多く、海潜奇襲が相手にとってかなりの脅威になっていたと思います。 私もこの【空牙団】にお世話になったプレイヤーの一人なのですが、このカードが公開された時にそれまで貯め込んでいた 無課金だからね ジェムを全放出してこのデッキを組みました。 しかも、テーマの殆どのカードが既に実装されているのです。

次の