オリヴィエ ルフレーヴ。 ワインとグルメと世界遺産★フランス2週間の旅★メゾン・ド・リヴィエ・ルフレーヴ

ルフレーヴ|ワイン・ショップ、イーエックス

オリヴィエ ルフレーヴ

その親族である、オリヴィエ・ルフレーヴ氏が設立したピュリニー・モンラッシェの優良生産者がオリヴィエ・ルフレーヴです。 この新事業立ち上げにはヴァンサン氏も協力したという。 ルフレーヴ家は1500年代からワイン造りを行っている名門です。 60にも渡る区画の、平均樹齢49年のブドウ樹から収穫した上質なブドウだけを厳選して買い付け、丁寧に仕上げられています。 最初は1時間だけ見学をして11時に出る予定だったけど、返却場所がすぐにわかるか不安だし、ガソリンも入れないといけないので、 結局次の日の見学はキャンセルした。 あまりカジュアルすぎる料理を選ぶと、お口の中でTシャツ短パンの青年がドレスアップした気品ある女性に出会い、気まずい思いをするかもしれません(笑)。 自社畑も徐々に拡大していき、その広さは15haにまでなりましたが、さらに2010年にはドメーヌ・ルフレーヴより相続した2haの畑を正式に取得。

次の

沿革

オリヴィエ ルフレーヴ

Maison d'Olivier Leflaive Hotel Puligny-Montrachet• 熟成が進むほど、果実味は熟した果実の甘やかさが現れ、ミネラルや酸などの複雑な成分が溶け合う事で、全く角が無い球体を連想させるような格別の味わいに成長していきます。 ワインのプロも絶大な信頼を寄せる、ピュリニー・モンラッシェの最高峰 ブルゴーニュ白ワイン最高の造り手の1つとして君臨する、ピュリニー・モンラッシェの至宝、ドメーヌ・ルフレーヴ。 力強いワインがダメということはありませんが、私のように「繊細さが持ち味の産地でまで力強いワインを造るようになってしまうのではないか」と不安になった方も多いはず……。 そしてジャン・マルク・ボワイヨは1984年~1988年まで、メゾンの為に醸造をしました。 ルフレーヴがこんなに高い知名度を誇っているのには理由があります。 このドメーヌ・ルフレーヴから独立したオリヴィエ氏が1984年、自らの名を冠してスタートさせたネゴシアンが「オリヴィエ・ルフレーヴ」です。

次の

沿革

オリヴィエ ルフレーヴ

若きビッグヴィンテージ。 Other than that, perfect hotel. そうした年月を経て完成したのが、今のクリーンなルフレーヴスタイル。 フランス ブルゴーニュ• ドメーヌ・ルフレーヴの名声を不動のものとした故ヴァンサン・ルフレーヴ氏の甥にあたるオリヴィエ氏は、1982年~1994年の12年間ドメーヌ・ルフレーヴの経営に携わり一時代を担った人物。 ラムチョップをレモンバターソースで 白身魚のソテーをバタークリームソースで など、上質でコクのある味付けをした料理などと合わせることで、洗練された気品溢れる風味とコクの広がりある至極のマリアージュを楽しめるでしょう。 【香り】 グレープフルーツやレモンの爽やかさにリンゴや白桃などのフルーティな果実香、白い花やナッツ類に鉱物的なミネラル香、そして樽に由来するバニラやバターの優しい風味が広がりを見せます。

次の

Dom. Leflaive(ドメーヌ・ルフレーヴ)

オリヴィエ ルフレーヴ

そのワインは、安定した品質が厳しく求められる一流ホテルのオリジナルワインに採用されるなど、ワインのプロから「いつ飲んでも高いクオリティを保っている貴重な造り手」と称賛され、高い支持を集めているのです。 ワインセット• このような数々のこだわりにより、安定した美味しいワインを生み出しているのです。 そんなドメーヌ・ルフレーヴの生み出す珠玉のワインは、品質もさることながら価格も高騰してしまう事は必然で、その最高峰であるモンラッシェ・グランクリュはそもそも販売店を見つけ出すことも困難で(実際私はネット上で見つけられませんでした)、極めて手の届きにくい存在と言えます。 ラッピング・のし• 瞬く間に人気生産者の仲間入りをしました。 我々はネゴシアンではなく、ネゴフィカトゥールだ」と主張するように、オリヴィエ・ルフレーヴは17haの自社所有畑で栽培するブドウ、もしくは、契約農家から購入したブドウを使ってワイン造りを行っています。 しかし、 もう一つのルフレーヴ、オリヴィエ・ルフレーヴはどうでしょう。 このシュヴァリエ・モンラッシェの評価があまりに高いため、「ルフレーヴにモンラッシェは必要なし」と言われていたが、91年、ついにモンラッシェを入手。

次の

オリヴィエ・ルフレーヴ モンラッシェの【価格】と味は?【当たり年】【口コミ】など詳しく解説!!

オリヴィエ ルフレーヴ

マルシェ オ ヴァン ワイナリー - 11. 2009年からはの名前のもと、買いブドウに よるワインを少量生産しているが、ネゴスといってもブドウ栽培からルフレーヴのスタッフが携わり、栽培方法もビオディナミがとられている。 2周くらいしてたかな・・・。 【香り】 グレープフルーツやレモンの爽やかさにリンゴにアンズなどの豊潤な果実香、白い花やナッツ類、樽に由来するバニラ、蜂蜜を思わせる甘やかなニュアンスも広がりを見せます。 」 「3年熟成の2015は素晴らしいですね。 234• 良いブドウを得るために畑での栽培から徹底管理し、さらに厳しい選別を課していることで、どのアペラシオン、どんなヴィンテージでも安定した品質を維持しているという点が、オリヴィエ・ルフレーヴの大きな魅力。

次の

ラック・コーポレーション|ルフレーヴ

オリヴィエ ルフレーヴ

ドメーヌ・ルフレーヴの長い歴史の中で培われた精神は、今でもオリヴィエ・ルフレーヴの白ワインに息づいている。 名入れ彫刻ギフト• このシュヴァリエ・モンラッシェの評価があまりに高いため、「ルフレーヴにモンラッシェは必要なし」と言われていたが、91年、ついにモンラッシェを入手。 面積は2ウーヴレ=約0. 《こんな場合におすすめ》 手頃な価格でピュリニー・モンラッシェを購入したいのであれば、このワインは必ず候補に入れるべきだと思います。 ワインづくりのこだわり ぶどうの品質管理にこだわりを持ち、栽培方法から収穫日まで細かく指定。 ムルソー市庁舎 - 4. こちらもやはりワイン界での評価や知名度は当然高いですが、ドメーヌ・ルフレーヴほどは価格も高騰しておらず、比較的手の届きやすいワインを生み続けています。 120haに相当する生産量のうち、 17haが自社畑にあたります。

次の