一 時間 天気。 大阪市の1時間天気

【一番当たる】京都市伏見区の天気予報

一 時間 天気

0 23. 午前中 備考 一般には午前0時から正午までだが、5時予報、11時予報 の「今日」の予報では、発表時から正午までの期間に対して用いる。 用例 気圧の谷が周期的に通る。 4 4 西北西 0 0 21時 28. 0 23. 9 25. 7 22. 2 24. 4 19. 5 22. 8 22. 5 20. 0 27. <天気変化等の留意点> 27日の留意点(雨、風、雷)は、特にありません。 いま 用例 いまは晴れているが、次第に曇ってくる。 9 26. 春 3月から5月までの期間。

次の

富里市の1時間天気

一 時間 天気

3 26. 5 21. 8 23. b 週間天気予報で使用する場合は、日付を併記することが望ましい。 9 1 北北東 0 0 22時 25. 4 20. 4 22. 5 23. 5 25. 6 22. 9 2 北 0 55 14時 30. 0 25. 0 24. 9 25. 1 21. 備考 時刻の1時とまぎらわしいので、「 ・・・ 午後一時雨」とはせずに「・・・・ 午後には一時雨」とする。 1 23. 1 23. 6 23. 0 21. 東海地方は、晴れや曇りとなっています。 7 29. 0 20. 0 24. 1 26. 夜 18時頃から翌日の午前6時頃まで。 また、週間天気予報などでも用いる。 0 20. 6 2 北北東 0 35 05時 23. 0 23. 7 26. 28日の東海地方は、前線や湿った空気の影響で午前中を中心に雨となり、雷を伴い激しく降る所があるでしょう。

次の

富里市の1時間天気

一 時間 天気

備考 できるだけ具体的な期間を用いる。 8 20. あさって 明後日 天気予報では「明後日の0時から24時まで」。 0 26. 5 24. 3 28. 4 24. 7 22. 平年(値) 平均的な気候状態を表すときの用語で、気象庁では30年間の平均値を用い、西暦年の1位の数字が1になる10年ごとに 更新している。 0 25. 9 27. 2 29. 7 25.。 9 21. 2 2 南南東 0 20 17時 29. 8 20. 7 24. 0 25. 3 27. 5 23. 2 3 北北西 0 0 24時 26 4 北西 0 0 23時 26. 9 23. 予報期間(予報期間の区切りは による) 用語 説明 きょう 今日 5時、11時発表の天気予報では「発表時刻から24時まで」。

次の

東大阪市の1時間天気

一 時間 天気

1 22. 9 23. あさって 備考 a (明後日)とも書く。 4 23. 0 24. 「・・・ のち ・・・」は大局的な傾向を表す用語であるから可能な限り用いないで、具体的な時間帯を示すように努める。 7 27. 7 22. 8 2 南西 0 0 21時 28. 6 4 西南西 0 16 17時 31 3 西南西 0 17 16時 31. 備考 寒候期予報では、10月から2月までを予報期間としている。 3 25. 0 21. b 季節予報の発表文には使用しない。 4 29. 5 27. 3 23. 9 24. 3 23. 前線が東シナ海から東海道沖を通って日本の東にのびています。 0 30. 季節、地域にもよるが「夜明け」からおよそ1~2時間。 備考 「ここ一両日」も同義。

次の

大阪市の1時間天気

一 時間 天気

備考 日の暮れ頃を指す用語であるが、予報用語としては上記の意味で用いる。 3 1 東 0 0 24時 25. ~の日がある a 週間天気予報では、記述した現象の発現期間が予報期間内で1~2日あるとき。 5 22. 7 21. 5 21. 4 27. 1 2 南 0 36. 9 21. 5 0 17時 24. 5 23. 8 4 西南西 0 0 12時 23. 4 21. 4 4 西南西 0 37 15時 30. 8 3 西南西 0 0 23時 23 4 西 0 0 22時 23. 1 20. 昼過ぎ 12時頃から15時頃まで。 5 25. 5 27. 冬 12月から2月までの期間。 8 24. 9 3 南西 0 0 11時 23. 9 22. 4 20. 用例 例年だとこの季節には ・・・・・。 0 21. 備考 使用する場合は日付を併記することが望ましい。 用例 朝晩:午前0時頃から午前9時頃までと、18時頃から24時頃まで 備考 a 気象庁における予報、注意報・警報、気象情報では、24時制を用いる。

次の

東大阪市の1時間天気

一 時間 天気

9 2 北東 0 0 02時 24. 備考 a 「朝方」、「朝のあいだ」も同じ意味だが、これらは予報用語としては用いない。 8 2 西南西 0 0 15時 25. 6 20. b これより後は暦日を用いる。 1 29. b これより後は暦年を用いる。 9 26. 備考 観測の成果を発表するときに用いる。 0 22. 8 27. ここでおよそ1時間とは、気象官署以外での現象の確認の難しさを考慮したものである。 7 3 西南西 0 0 20時 23. 夏 6月から8月までの期間。

次の

第一小学校の天気(3時間毎)

一 時間 天気

8 25. 7 22. あす 備考 (明日)とも書く。 6 23. 5 22. 0 22. 28日は、梅雨前線や気圧の谷の影響を受ける見込みです。 7 22. 5 21. 0 23. 1 30. 6 23. 7 22. b 「朝の最低気温」と用いるときは0時から9時。 8 22. 9 31. 8 25. 8 3 南南西 1 17 14時 31. 備考 a 乾燥注意報の本文において用いられることがある。 5 1 南西 0 0 02時 22. 備考 使用する場合は日付を併記することが望ましい。 夜のはじめ頃 18時頃から21時頃まで。

次の