アザラシ ヴィリ。 アザラシヴィリの「無言歌」について 〜 原曲は

【楽天市場】アザラシヴィリ:『過ぎ去りし日々』〜無言歌 チェロとピアノのための作品全集:ナクソス ミュージックストア

アザラシ ヴィリ

のがいまひとつイメージしづらいことの理由は明確で、楽器の成立の歴史が他の楽器と比べて大きく後れをとってしまっているためである。 それは、はからずも日本人が大切にしてきた数々の「うた」の魂と、奇しくも呼応する瞬間ではないだろうか。 1943年 - チェロ協奏曲 「木に同じく」(1996)• 1952年 - チェロ協奏曲(1978)• 1678年 - チェロ協奏曲(チェロ、弦楽合奏、通奏低音) ハ長調 RV. 1910年 - チェロ協奏曲 op. 1926年 - チェロ協奏曲 第1番• 1914年 - 2つのチェロと管弦楽のための二重協奏曲(1950)• 1903年 - チェロ協奏曲 ホ短調(1946)、チェロと管弦楽のためのコンチェルト・ラプソディ(1963)• 1749年 - チェロ協奏曲 ハ長調 op. 236(1982)• 欠点として、やはり器であるためにのようなの妙、といった微細なニュアンスの変化を演奏者が与えることには一定の困難が伴うことは否定できないものの、のみが表現しうるヴィヴィッドかつ鮮烈な世界観の魅力は、今以上に演奏の機会が設けられて然るべきだと言える。 1935年 - 室内音楽第3番「ドン・ファンキホーテの夜の踊り」op. 1939年 - チェロ協奏曲 第2番(1978)• 技巧的な独奏チェロばかりでなく、オーケストラのさまざまな楽器が独奏チェロと対話するソロ・パートを持つなど、聴きどころ満載の楽曲です。 14(第1番 イ長調、第2番 ト長調、第3番 ニ長調、第4番 変ロ長調、第5番 ヘ長調、第6番 ハ長調)• 1933年 - チェロ協奏曲 第1番、第2番 「ニューオリンズ」• しかし、それは非常にもったいないことである。 1910年 - (1945)• 13、チェロと管弦楽のためのボレロop. 1918年 - 『パ・ドゥ・トロワ」形式によるチェロ協奏曲 1966• 415、ト短調 RV. 私は、で触れた通り、この曲はもともとは歌詞のついた「有言歌」だと考えています。 436,Wq171、イ長調 H. その批判意識に向き合うことなしに、あまりにも無邪気にのに耽溺している人々の多さは、枚挙に暇がないという事実を目の当たりにすることができる。

次の

アザラシヴィリの「無言歌」について 〜 原曲は

アザラシ ヴィリ

1901年 - チェロ協奏曲(1941)• 423、ロ短調 RV. の話をするにしても現代音楽の巨星、やの両雄であるとなどが次々と亡くなっている現状は、スター不在のを経て、我々は喪失のを生きているのだ、と言わせるに如かない。 1921年 - チェロ協奏曲(1962)• とはいえ、という国ののイメージのしづらさ(「駅売り名盤を探せ!」、『クラシック・スナイパー3』所収、、二〇〇八年にはのオーケストラについてのほとんど唯一と言っていい記述があるものの)や作曲者のアザラシヴィリの上の位置づけの難しさもあり、国内でのファンの数は未だそう多くない。 1886年 - チェロ協奏曲 イ短調(1932)• 1890年 - チェロと管楽合奏のための協奏曲(1926)• 1934年 - チェロと弦楽合奏のための協奏組曲「四季」op. 1932年 - チェロ協奏曲 「ソット・ヴォーチェ」(1994)• 古典派 [ ] 通奏低音が廃される。 お気に入りのラジオ番組「きらクラ」が終了する。 1931年 - チェロ協奏曲(1966)• Allegro moderato• しかし、ここでは片山やレーベルなどによって取り上げられることがなく、かつインターネットなどでも記述が見られない、もしくは少ない作曲家の作品をわずかばかりだが取り上げることで、「愛好家」のレパートリーをより豊かにすることができればよいと思う。

次の

チェロ協奏曲

アザラシ ヴィリ

1870年 - チェロと管弦楽のためのコンチェルト・シュトゥック(1905)• 108(1989)• また、音色の単調さはそのような大規模の作品において致命的な弱点となるだろう。 1786年 - グラン・ポプリ(チェロと管弦楽のためのコンチェルト・シュトゥック) ニ長調 op. 1938年 - チェロ協奏曲• 1722年 - チェロ、弦楽合奏と通奏低音のための6つの協奏曲 op. 全体の構成は六楽章からなり、それぞれ序奏、フーガ、、、アリア、のフィナーレとなっている。 255(1945))• 1926年 - チェロ協奏曲 op. 4、スパでの思い出op. 1844年 - 元来はピアノ伴奏• 31、第4番 ロ短調 op. 作風はモダンな響きを取り入れてはいるものの、決して前衛的になることはなく、コーカサスとグルジア民謡を取り入れた郷愁溢れるユニークな作品を書き続け、常に独自の世界を作り上げることで知られています。 1892年 - チェロ協奏曲 第1番、第2番• 474、第2番 イ長調 G. 今回初めて、同氏作曲の 「DAYS ARE PASSING」をチェロアンサンブルにより演奏しました。 143 (1934)• 1947年 - チェロ協奏曲(2006)• 1877年 - チェロ協奏曲(1964)• 2」(二〇〇九年録音、WAKO RECORDS)のものが最もよい。 1922年 - チェロと小管弦楽のためのカプリッチョ(1999)• 30(1894))• 24 、第3番 ト長調 op. その珠玉の作品の一つが、一九九一年にジェイムズ・バーンズが作曲した「交響的序曲」である。 1924年 - チェロ協奏曲(1973)• 1912年 - チェロ・コンチェルティーノ• 極上の音楽とまったり、さまざまな企画コーナーによって、気楽にに触れることのできるキラキラした日曜の午後をお届けします。

次の

チェロ協奏曲

アザラシ ヴィリ

1936年 - 「... そしてその向き合った結果から、をさび付いた骨董品としてではなく、うねりながら聴き手をゆさぶり続ける有機的な何かとして人生を豊かにする契機となるのであれば、そんなに幸せなこともないのではないだろうか。 1929年 - チェロ協奏曲(1984)• 1756年 - チェロ協奏曲 ハ長調 op. 1897年 - チェロ協奏曲• 1927年 - チェロと管弦楽のためのファンタジア・コンチェルタンテ(2005)• 1916年 - チェロ協奏曲(1954)• チェロ用の「無言歌」が先で、後で歌詞がつけられたとすると、「本当の曲名」などという言葉が作曲家本人の口から出てくることと整合性がとれない気がするのです。 バロック [ ] ヴァイオリンなどの弦楽器群と通奏低音を伴う形で、チェロが独奏になる形式の協奏曲。 演奏団体もやエマーソン四重奏団など、枚挙に暇がない。 チェロ・ソナタ 第1番(1961-1999)(2005年 N. 「無言歌」についての記述を始める前に、アザラシヴィリの作風について簡単にまとめておきたい。

次の

アザラシヴィリの「無言歌」について 〜 原曲は

アザラシ ヴィリ

1923年 - チェロ協奏曲(1966)• 71、チェロと管弦楽のための2つの小品op. 1907年 - チェロ協奏曲 op. しかし、スパッラでなければ妙に高ポジションの音をつかむ必要に追われる曲もなくはないので、「ヴィオロンチェロ 4または5弦 」「ヴィオロンチェロスパッラ 5弦 」「ヴィオラダガンバ 6弦 」の各楽器の選択は非常に緩かったと言わざるを得ないだろう。 98(1992)• 482 と G. 10(チェロ&ピアノ譜のみ現存)、(1894-95))• 1921年 - チェロ協奏曲 op. 第4番:Largo• 今聴けるもののうちではダニエル・デファイエ四重奏団によるディスク「サクソフォーン・アンサンブルの至芸」(一九七八年録音、)が最適解ということになるだろう。 1812年 - チェロと管弦楽のための幻想曲 op. 私がのコンサートから足が遠のいてしまったことの一つの原因は、他ならずここにある。 彼はIVミュージックスクール(Alexander Shaverzashvili教授の作曲のクラス)とトビリシヴァーノサラジシュビリ州立音楽院で作曲のクラス(Iona Tuskia教授)で音楽教育を受けた。 1952年 - 秋の歌曲(チェロと13の楽器のための)• 1841年 - 、ロンドop. 作品はチェロ協奏曲やチェロ、ヴァイオリン、ピアノの編成による「」などがあるが、中でもこの「無言歌」は指揮者のが演奏会のアンコールで取り上げるようになってからを大きく上げた。 第一はペルト「鏡の中の鏡」、そして印象深い記憶はアザラシヴィリ「無言歌」。

次の

アザラシヴィリの「無言歌」 〜 「音楽の友」(2016.07)記事掲載、クァルテット・エクスプローチェによる新盤発売

アザラシ ヴィリ

センチメンタル・タンゴ(1972)- Tempo di Tango (2001年 V. 予想通り、チェロアンサンブルのために書かれた曲ではなく、もとは"Dgeebi Midian"というタイトルの歌でした。 1911年 - チェロ協奏曲 第1番(1972)、第2番(1973)• 1936年 - チェロと弦楽合奏のための協奏曲(1988)• なぜなら、そこではリスナーとプレイヤーの立ち位置が完全に逆転しているためである。 1925年 - チェロと室内オーケストラのための「夢の回帰」(1976)• ヴァツァーゼ編) 2-5. 1901年 - チェロ協奏曲 ハ短調• 16(1964)、第2番 op. 1956年 - チェロ協奏曲• 日曜午後のFMきらクラ を毎週録音しているが、聴くのはカーステレオだからかなりタイムラグがある。 1953年 - チェロと吹奏楽のための「カサノヴァ」• それはもちろんや、といった作曲家たちによるかけがえのない作品群のもたらすジャンルの豊かさであるが、四重奏に関して言えば、楽器の歴史の問題はあるにせよ十分な言及や演奏の試みがなされてきたとは言い難いどころか、少なすぎるとさえ言える。 1936年 - Brado(チェロと管弦楽のための)(1999-2000)• 作品の構造としては極めて単純で、弱起を伴った四分の三のリズムでノスタルジックな八小節の主題がハーモニーや調性を変えて何度も変奏されるだけであり、転調もピアノのブリッジをきっかけに半音上昇するという低難易度の合唱曲などでよく見られる手法である。

次の

アザラシヴィリ: Days Go By

アザラシ ヴィリ

とはいえ、という国ののイメージのしづらさ(「駅売り名盤を探せ!」、『クラシック・スナイパー3』所収、、二〇〇八年にはのオーケストラについてのほとんど唯一と言っていい記述があるものの)や作曲者のアザラシヴィリの音楽史上の位置づけの難しさもあり、国内でのファンの数は未だそう多くない。 1887年 - チェロと室内オーケストラのための協奏曲 op,35(1924-25)• 【演奏会 感想】ベートーヴェン/交響曲第9番 〜 アントニ・ヴィト指揮新日本フィル 2018. 2、第2番 イ短調 op. まだまだきらクラを聞き季節外れを楽しむのや。 1908年 - チェロ協奏曲(1962)• 1864年 - チェロと管弦楽のための組曲op. 3、第2番 ニ長調 op. 1960年 - チェロと室内オーケストラのための協奏曲 op. 介護していた父親を10日前に亡くしたというリスナーからのこの曲の再放送リクト。 「オリジナルは、ピアノとチェロのソロパートを含む弦楽6部」「オリジナルのチェロのソロパート」というフレーズがあって、前述の山田氏の記事だけをソースとしていればそれは間違いではありませんが、この曲の「オリジナル」を長年探していた私にはちょっと違和感があります。 134a(ショスタコーヴィチ編曲)、チェロと48のチェロ、12のダブルベースと打楽器のための協奏曲(チェロ協奏曲 第2番)(1969)、同曲 通常管弦楽伴奏版(1979)• 作風はモダンな響きを取り入れてはいるものの、決して前衛的になることはなく、コーカサスとグルジア民謡を取り入れた郷愁溢れるユニークな作品を書き続け、常に独自の世界を作り上げることで知られています。 1923年 - チェロ協奏曲(2002)• なお、現状は米国及び欧州の一部出版社の遅延になっておりますが、今後の世界的な状況により納期に大幅な遅延がでることも予想されますので合わせてご了承いただけましたら幸いです。

次の

アザラシヴィリの「無言歌」 〜 「音楽の友」(2016.07)記事掲載、クァルテット・エクスプローチェによる新盤発売

アザラシ ヴィリ

1886年 - チェロ協奏曲 イ短調op. そのような行為に対して我々が取りうるに対しての身の振り方、しかもある種の構造転換を行えるほどの、というのは、やはり日の目を見ない作曲家の楽曲に対して、我々自身が持てる言葉で向き合うという以外ないだろう。 422、変ロ長調 RV. 1953年 - チェロ協奏曲• 1732年 - 、• 「無言歌」については、当ブログで何度も記して来ました。 1950年 - チェロ協奏曲(1998-99)• 1944年 - チェロ協奏曲• 103「カンブリア紀」(1936)• ヴァージャ・アザラシヴィリ-無言歌( Vaja Azarashvili-Song Without Words) ヴァージャ・アザラシヴィリは一九三六年に生まれたの作曲家で、チェロを響きの主軸に据えた楽曲が多い。 当ディスクの「交響的序曲」はでも視聴可能()。 アメリカ空軍バンドの結成五十周年を記念して作曲されたというこの曲は、という国の「善」と「聖」を体現してやまず、それでいて鼻白むことのない、二十世紀を代表するマの一つと断言したい。

次の