たかる 漢字。 「強請る」の読み方は何個もある?【使い方や例文】

「紙縒」=「しさ」?変わった読み方をする漢字4選

たかる 漢字

相手の弱みに等に付け込んで、金品を要求する事を言います。 そんな「紙縒」の正しい読み方は…… 「 こより」です。 このような言葉には、様々な用法があることが分かりますが、文章の中に 「強請る」を盛り込むことは、読み方により解釈が大きく変わってくることもあるので、注意が必要でしょう。 慣れ親しんだ読み方とは違う、少し変わった読み方をする漢字。 上司に たしなめられて元気のない同僚• 「たかる」は、弱い人が強い人にすがる思いで 「たかってくる」こともありますし、弱者に対して強者が 「たかってくる」というニュアンスもあります。

次の

たかる 漢字

「強請る」は解釈を間違えやすい漢字 「強請る」という単語を見て、この言葉の読み方を知っている人は、どれだけいるのでしょうか? (ゆする、は強制的な言葉しかないかも) どちらかというと 強制的に相手に求める意味あいで 「強請」という字を使うのかもしれませんね。 その点、民間は気楽でいいですね。 「強請」の漢字の意味は? 扱き下ろす• 字の通りに、強く請求する事です。 もし自分より上の立場の人に対して間違いを指摘したり注意を促す場合には、「たしなめる」ではなく「いさめる」という言葉を使った表現が正しくなります。 「集る」(たかる) 1、一つところにあつまる。 その点に関しては好ましい。 「強晴る」と 「晴」という文字を当ててみたり、 「強靖」と 「靖国神社」の 「靖」を入れてしまうこともあるのではないでしょうか? 言葉遣いが良くないのを兄から たしなめられた• 字の通りに、集まるとか、群がるとかと言う意味です。

次の

「紙縒」=「しさ」?変わった読み方をする漢字4選

たかる 漢字

たりたりしてを出させたり、おだててをたりする。 さらに例幣使は日光から持ち帰った前年の幣帛を切り刻んで、江戸住まいの諸大名に送りつけ、金品を要求したそうです。 以下では「たしなめる」の類語をいくつか挙げていきたいと思います。 大事な時期に勉強しない弟を厳しく たしなめた 上記の具体的な例では、全て目下の人に対して注意を促すという形が取られているので分かりやすい形になっていると思います。 とても紹介しきれませんが、ともかく弁天小僧氏はご自分のお仕事に誇りを持っているようです。 今回のタイトルは 前回の「揺る」からの流れで、たまたま「揺すり」の語源を見つけたことからです。 「たしなめる」に関するまとめ ここまで述べてきた通り「たしなめる」とは、目下の人の良くない言動に対して注意を促すという意味を持っています。

次の

漢字メモ2 ~クイズ対策~

たかる 漢字

運搬に必要な人足や馬などは街道沿いの人たち持ち。 現在では、くしゃみが出ない時などに使われています。 もし今回、読めなかった漢字があれば、ぜひここで正しい読み方を覚えておくと、今後の役に立ちそうです。 よりあつまる。 どういうわけか、あまり良い意味では使われません。 これに 「る」を付け加えて、 「強請る」という言葉はいくつもの読み方があり、尚且つ、読み方によって、それぞれ微妙に意味も異なってくるのです。

次の

「紙縒」=「しさ」?変わった読み方をする漢字4選

たかる 漢字

「強請る」の例文4 「宝くじで10億円当たった人に、多くの人がたかってきた」 このセリフでは、 「人に金品を請う」という意味で、 「強請る たかる 」が使われています。 AR30. 「たかり」は、その「ゆすり」をする為に、個人対して、近付くと言うか接近すると言う意味に成ります。 ( 『のから』)• この2つの言葉の使い分けを間違わなければ、誤った使い方をすることも少なくできるでしょう。 「強請る」を使った例文• 一般的によく見かける使い方としては「新入社員の勝手な行動をたしなめる」など、 目下の人に対して注意を促す形が多いと言えます。 自分が伝えたい意味で相手が受け取ってくれるとは限らないためです。

次の

漢字メモ2 ~クイズ対策~

たかる 漢字

人やが集まる。 普段の生活の中で無理に使おうとしてしまうと違和感が出てしまう為、 基本的には「注意」など同じ意味合いの使い慣れた言葉を使う事をおすすめします。 また、「たかる」に「強請る」という漢字をあてるのは古い用法で、現在では 「集(たか)る」という字の方が一般的です。 「強請る」だけでも、色々な読み方や解釈があるのに、 「たかる」だけでも文章の流れで、少し意味合いが違ってくる可能性もありますから、とても興味深い言葉ではないでしょうか? えっ! 特に「集り」には、意表をつかれました。 といっても最初から「こより」と読んだわけではなく、最初は「かみより」だったのが「こうより」になり、最終的に現在の「こより」へと変化したそうです。 たかり. 「ゆする」では、 「人を脅して、金品を巻き上げる」という非道とも言えることを指していますし、 「ねだる」となると言葉の主体者が、一変して全く異なった人が 「相手にお金やプレゼントを甘えた言葉で要求する」ようなイメージがあります。 毎年家康の命日の祭礼に「日光例幣使」が派遣されることになりました。

次の