218i グラン クーペ m sport。 BMWが2シリーズグランクーペ発売。新型4ドアクーペは、E90型の3シリーズと同等のサイズ感

カッコよくて機能的!大人気BMW2シリーズ・グランクーペを大研究!

218i グラン クーペ m sport

また、力強いボンネット上のプレス・ラインや、左右に大きく広がる大型エア・インテークが、スポーティなフロント・ビューを形成。 「アクティブツアラー」、「グランツアラー」は、それぞれに「ラグジュアリー」と「Mスポーツ」も用意。 インテリアでは、センター・コンソールはドライバーに向けて僅かに角度がつけられ、全ての重要な操作系がドライバーの手の届く範囲に配置されたドライバー・オリエンテッドなコックピットとした。 ラインアップは、2L 直列4気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、最高出力135kW(184馬力)/5,000rpmを発生する「220iクーペ スポーツ」、「220iクーペ Mスポーツ」、3L 直列6気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、最高出力250kW(340馬力)/5,500rpmを発生する「M240iクーペ」、1. 安全面では、「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、「BMW SOSコール」および「BMWテレサービス」を全車標準装備し、優れた安全性を実現。 お支払例は年間走行距離9,000kmタイプの「BMWバリューローン」で試算しております。

次の

BMW・2シリーズ

218i グラン クーペ m sport

今回、「クーペ」、「カブリオレ」のエクステリアを一新し、よりスポーティで洗練されたデザインを実現。 M235i xDriveの価格は665万円と、かなり高額になる。 もしマンションにお住まいで立体式駐車場などの場合、パレットにも収まるサイズとなります。 例えば、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを起動する際、「OK, BMW(オーケー・ビー・エム・ダブリュー)」だけでなく、「(例)2シリーズ」と、呼びかける言葉を任意に設定することが可能なため、より身近な存在としてストレス無く使用することが出来る。 ワイドで逞しさ溢れるボディと躍動的なキャラクター・ラインが、筋肉質なアスリートを彷彿とさせるスタイリングを形成。 BMWらしさを象徴するスポーツグレード、M235i 新型BMW M235i xDriveグランクーペは、パワフルなエンジンを搭載して電子制御8速ATと組み合わせるとともに、BMWのインテリジェント4輪駆動システムであるxDriveを採用している。

次の

新型BMW 2シリーズ グラン クーペ発表

218i グラン クーペ m sport

車両返却による据置額のご清算の際、一般財団法人日本自動車査定協会等(BMW正規ディーラーを含みます)の評価に基づく査定価格と据置額の差額分のご清算が必要となります。 BMWに限らず年々大型化する新型車モデルにあって、日本の狭い駐車場、道路事情にマッチする「BMW 218iグラン クーペ」は、昔からの3シリーズオーナーなどにも強くアピールしそうなパッケージ、サイズになっていて、一躍人気モデルになるかもしれません。 そのため、安全確認や運転操作をシステムに委ねる運転は、重大な事故につながる危険があります。 これまでクーペ、カブリオレ、MPVをラインナップしていた2シリーズの新しいボディタイプとなる4ドアクーペとして製作• ボディカラーは専用カラーの「インペリアル・ブルー・ブリリアント・エフェクト」を含む3色を用意。 それぞれに「ラグジュアリー」と「Mスポーツ」も用意。 youtube. スポーティで美しいデザインと圧倒的な運動性能による、新たなプレミアム・コンパクト・モデルのBMW「2シリーズ」。 2019年9月に日本でもフルモデルチェンジが発表された「1シリーズ」と同じく最新技術が採用されています。

次の

2シリーズ(BMW)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

218i グラン クーペ m sport

0Lツインパワーターボエンジン 最高出力:103kW(140HP) BMW 220d グラン クーペ 直列4気筒DOHC 2. 7km/Lを実現。 5L 直列3気筒DOHCツインパワー・ターボ搭載の「218iグランツアラー」、2L DOHCツインパワー・ターボ搭載の「220iグランツアラー スポーツ」、新世代のクリーン・ディーゼル・エンジン搭載した「218dグランツアラー」は、圧倒的に力強い走りを実現するとともに、燃料消費率(JC08モード)は輸入車トップクラスの21. 5Lガソリンターボ:5. 右ハンドルのみの設定。 この新開発の4気筒エンジンは、ツインスクロール・ターボ・チャージャーに、高精度ダイレクト・インジェクション・システム、無段階可変バルブ・コントロール・システムのバルブトロニック、バリアブル・カムシャフト・コントロール・システムのダブルVANOSを組み合わせた最新のBMWツインパワー・ターボ・テクノロジーを採用し、最高出力135kW(184馬力)/5,000rpm、最大トルク270Nm(27. 5L 直列3気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載したプラグインハイブリッドモデル「225xeアイパフォーマンス アクティブツアラー」、1. 25インチのフルデジタルメーターパネル、10. また、「218dアクティブツアラー Mスポーツ」、「218dグランツアラー Mスポーツ」、「220iグランツアラー Mスポーツ」にシフト・パドル付きの8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションを新たに標準装備した。 0L・直4ディーゼル(218d)についてはアクティブツアラーに準ずるが、2. と同様のUKLプラットフォームを採用した、BMW初のモデルとなった。 標準金利の実質年率は3. ストレッチ版のグランツアラーが2780mmである。 2015年3月25日、日本市場向けにカブリオレが追加された。

次の

日本で使いやすいサイズと高い実用性、流麗なスタイルが魅力の新型「BMW 2シリーズ グラン クーペ」が登場【新車】

218i グラン クーペ m sport

jp). 5リッターのガソリン、または2リッターのガソリンもしくはエンジンの3タイプをラインナップする。 ただ、日本マーケットでは、もはや自動ブレーキなどの予防安全装備は、軽自動車でも標準装備化されている。 BMW ならではのスポーティーさに荘厳さすら感じさせる「コンパクトモデルの新しいリードモデル」としての威厳が感じられるエクステリア・インテリアデザイン、走行性能がそこにはあります。 「BMWバリューローン」は、BMWファイナンシャル・サービスの据置型ローン・プログラム(オープンタイプ)です。 「220iクーペ スポーツ」、「220iクーペ Mスポーツ」は、JC08モード(燃料消費率)16. 特徴的なフロント・セクションからフレームレス・ドアとなだらかに傾斜したルーフ・ライン、LEDテールライトを備えたスポーティなリヤに至るまで、気品に満ちたエレガンスをまとったスタイル。 0Lとディーゼルには8ATが組み合わせ、3種の走行モードが選べる「ドライビング・パフォーマンス・コントロール」も備わる。

次の

BMW、新型「2シリーズ グラン クーペ」受注開始。初のコンパクト4ドアクーペ

218i グラン クーペ m sport

FFのデメリットであるコーナリング時に外側に膨らんでしまう現象も抑えられ、安心して長距離のドライビングを楽しめます。 通常の2シリーズに比べ全幅を80mm拡大し、ワイドトレッド化を図っている。 2013年に輸入車として初めて導入された。 ARBはエンジンコントロールユニットで直接スリップ状況を感知し、「ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)」を経由することなく、以前より約3倍の速さでその信号を直接エンジンに伝達する機能。 エンジンは最高出力140PSの1. FF特有のアンダーステアを制御するためにARBを採用。

次の