秋月 時雨。 時雨

時雨

秋月 時雨

10-11『20日浦波・竹ト合同名取遭難者救助ニ向フ。 337-338頁『阿賀野 あがの 』• Ref. C13071973700。 「」 Ref. 22日夜に浜風の電探が米艦隊を探知、夜間爆撃を避けるために散開した時に米第41駆逐群の駆逐艦4隻と遭遇し、が勃発した。 駆逐艦2隻(、)が曳航される「秋月」を護衛していた。 8『三. 午前8時56分、艦中央より黒煙と火災が発生。 36-37『一月十九日妙法丸 陸軍輸送船 東経156度20分南緯5度38分ニ於テ雷撃ヲ受ケ航行不能20日未明沈没、秋月右救援ノ途中東経156度20分南緯6度附近ニ於テ雷撃ヲ受ケ一時航行不能司令官以下負傷者十数名行方不明十数名』• 文藝春秋編『完本・太平洋戦争(下)』、1991年12月。

次の

秋月 (駆逐艦)

秋月 時雨

12月1日、第一水雷戦隊所属となった。 43-44『外南洋部隊 10-24 10-25 RXN陸軍総攻撃ハ22日ト決定サレタルモ陸軍進出ノ関係上順次繰下ゲラレ24日ト決定セリ、海軍ハ右作戦ニ策応スル為出撃セリ。 『昭和17年12月1日~昭和18年4月30日 第4水雷戦隊戦時日誌 5 』。 336-337頁 当事の吉田は緒方艦長の生存を知らず、また証言の正確性はあえて検証していない• 『昭和19年6月1日~昭和20年1月24日 第27駆逐隊戦時日誌戦闘詳報 4 』。 奥宮正武『太平洋戦争と十人の提督 下 』朝日ソノラマ、1983年8月。

次の

秋月 (駆逐艦)

秋月 時雨

8月1日、五月雨と共にシンガポールに移った。 艦隊は15日に米潜水艦に雷撃されたが、命中しなかった。 C08030117300。 C08030022500『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌 1 』。 Ref. 「」 Ref. 沈没 [ ] 詳細は「」を参照 時雨はカムラン湾まで船団を護衛し、東南アジアで活動する第二水雷戦隊に合流する計画だった。 C08030707700。 C08030116000。

次の

時雨 (白露型駆逐艦)

秋月 時雨

84-88『13日時雨0450 270度方向約2粁ニ敵潜望鏡ラシキモノ発見之ヲ攻撃 爆雷12個 効果不明 4sd 長良27dg 時雨 「トラック」着、直ニ燃料補給搭載人員物件ノ一部変更等ヲ行フ』『15日4sd 長良 時雨 「カビエン」着 長良ハ湾内ニ入泊直ニ基地人員物件ヲ揚陸 時雨ヲ以テ礁外ノ警戒ニ任ゼシムルト共ニ長良内火艇1隻 爆雷搭載 ヲ水道外ニ派出対潜警戒ニ任ゼシム 1450長良右舷艦尾ニ於テ磁気機雷ラシキモノ爆発横付中ノ大発1隻大破沈没艇長行方不明 長良ニモ軽小ナル損害アリ重傷者小数アリシモ戦闘航海ニ支障ナシ 1730「ラボール」ニ向ケ出撃ス』『17日 有明0515「ラボール」着 4sd 長良、有明 1300「トラック」ニ向ケ「ラボール」発 27dg 時雨 早朝「ブカ」南飛行場着基地人員物件揚陸後出港 1507 4sd 長良有明 夕張ニ合同「トラック」ニ回航ス』『19日4sd 長良27dg 時雨有明 「トラック」帰投輸送及護衛任務ヲ終了ス』『4sd 長良 KdBニ、27dg 白露欠 ヲNTBニ夫々編入セラル GF電令作第638号AdB電令作第246号 4sdハ7月20日附2sdニ編入ノコトトナリ本日誌本日ヲ以テ終了ス』• 秋月生存者は戦艦伊勢に便乗し、本土へ帰投した。 8『27dgハ前進部隊電令作第71号ニ依リZ-2日2200RXE出撃南方航路ヲ経テZ-1日2100迄ニ「ガダルカナル」「ラッセル」島間ニ進出同方面ヨリ来襲スルコトアルベキ敵ノ阻止撃攘ニ任ジ11Sノ「ガダルカナル」飛行場射撃終了後之ニ合同ス』• C08030106100。 C08030051900。 2017 30 30 40 40 148 5 3. C12070097600。 また、初戦に限らずいかなる実戦でも分火を行った記憶が無い。 『昭和19年6月1日~昭和20年1月24日 第27駆逐隊戦時日誌戦闘詳報 2 』。 杉野修一 少佐:1936年9月7日 - 1936年12月1日• C08030729300。

次の

秋月 (駆逐艦)

秋月 時雨

46頁「『時雨』は単艦になってしまったから、主力ではなくワシのほうにいてくれ。 12日夜に挺身攻撃隊がガダルカナル島に突入し、13日未明に第三次ソロモン海戦の第一夜戦が勃発した。 本艦の完成(竣工)はを予定していたが公試で主砲塔に不具合が判明し、6月中旬に延期。 11『9月20日1416「ブカ」第一次輸送隊 指揮官27dg司令兵力27dg《時雨》松風 「ラバウル」発。 35頁• 特ニ漣ガ15000米ノ距離ニ於テ敵艦隊ヲ露見シ第二十七駆逐隊 時雨 ガ敵中型巡洋艦 又ハ大型駆逐艦 一隻ヲ轟沈シタルハ功績顕著ナリ。 当時「秋月」罐部四分隊士・海軍中尉山本平弥『防空駆「秋月」の死命を制した最後の一弾 秋月の沈没原因は敵潜の魚雷か直撃弾か。 国見 秋月軍医長 は北方反転を聞いて心底安堵したという。

次の

秋月 (駆逐艦)

秋月 時雨

C13071974300。 出渠後、一旦佐世保へ回航したのち内海西部に移動して待機した。 12『21日 中城湾ニ向フ 浜風秋霜早霜満潮同航 』『23日0950中城湾入泊 筑摩ニ横付燃料補給 補給量100噸』『23日1440出港 1537七S直衛ニ就ク 浜風秋霜早霜時雨五月雨直衛 』p. 25『17日5S、27dgハ南洋部隊ヨリ除カレMO機動部隊ノ編制ヲ解カル』• 「時雨」は単独で攻撃の機会をうかがっていたが、単独では危険であり、また味方の妨害にもなるとの判断から1時45分頃に「妙高」、「羽黒」と合流し、その後避退。 1945年(昭和20年)1月24日、輸送船護衛中にマレー半島近海で米潜水艦に撃沈された。 ベララベラ沖海戦 2 』。 6m 4. 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書83 南東方面海軍作戦 2 ガ島撤収まで』朝雲新聞社、1975年8月。 13『5日対空戦闘ニ依リ時雨艦爆7機撃墜』pp. 一応戦場ヲ避退後図ヲ計ルベク南下中、舵取機械故障一時人力操舵ヲ以ッテ航行セリ。

次の

秋月 (駆逐艦)

秋月 時雨

C05034725900。 3月8日、大佐が第27駆逐隊司令に着任した。 22『龍鳳飛行機発進之ニ随伴ス』• C08030050100『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第10戦隊戦時日誌 2 』。 15 北海道行幸の際の海軍儀礼、行動等に関する件 1 』。 4『4月18日以降二十七駆五航戦司令官ノ指揮下ニ入ル』p. 17日、機動部隊乙部隊に編入しマリアナ沖海戦に参加した(編制は参照)。 Ref. 時雨は萩風、嵐、江風によるコロンバンガラ島輸送を護衛したが、6日夜に米第31. Ref. 戦史研究家村井至『太平洋戦争と日本の駆逐艦 満潮、朝雲、山雲、時雨。

次の