趣味 人 倶楽部。 趣味人倶楽部とはどんなメディア?シニア向け施策に最適な理由とは

「趣味人倶楽部」を運営するオースタンスが、梅田裕真氏等からの資金調達を実施

趣味 人 倶楽部

60歳以上の消費総額は2020年には106兆円規模と推計され、シニア市場は今後も増加し続ける成長産業です。 自分の身近に、同じような趣味をもつ人がいなくて寂しい大人世代の方々には、心強い存在ですね。 取引先と共同で定期的に「遺産相続セミナー」やタブレット教室、試食会なども実施しているが、運営側が何もせずともユーザー主導で月間約2000件のイベントが企画・開催されている。 それなりに年齢を重ねてきて、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いがはっきりしているというか、振り切っている方が多いのかなと思います。 スマホのメールアドレスでもgmall、フリーアドレスでも構いません。 基本的にはコミュニティに紐づく形で「イベント」が実施されてますが、コミュニティのカテゴリによらず、グルメやカラオケなどの横断的なイベントも多いです。 株式会社オースタンス とは 【会社概要】 会社名:株式会社オースタンス 代表者:代表取締役 菊川 諒人 事業内容:50,60代向けのコミュニティ事業として、WEBサービスとリアル体験を提供 URL:. 時期:4月下旬〜5月 予定• ゴルフやウォーキングも人気で、趣味人倶楽部で知り合った仲間で旅行するグループもあります。

次の

「趣味人倶楽部」を運営するオースタンスが、梅田裕真氏等からの資金調達を実施

趣味 人 倶楽部

日記では、他のSNSに多い短文での「つぶやき」は少数派で、字数が多めの文章が目立ちます。 実際に会って交流を深める 主な目的はこの3つです。 シニアのIT利用がますます増えていく中、オースタンスの成長を支えていきます。 オンライン参加の要望もあったので、新潟県佐渡島在住の女性と、スマホアプリでTV電話をしました! ーオフ会にオンライン参加とは、斬新ですね! おかげさまで、TV電話も盛り上がりました!TVとスマホを繋げられるように、事前に準備をしました。 夜になったらみんなで会話しよう、とトピックで話していました。

次の

イベント

趣味 人 倶楽部

2020年06月13日(土)15:28 素晴らしいイベントでした。 ネット上の顔の見えないコミュニケーションだけでなく、顔を突き合わせたコミュニケーションができることで、退職後の楽しみができた、と言う方や、一人暮らしで寂しかったので、友達ができてうれしい、と言う方もたくさんおられます。 まとめ 趣味人倶楽部では、他の媒体ではできない会員さんを巻き込んだプロモーションも行うことができます。 例えば私は、昔から武道と、社交ダンスを嗜んでおりました。 趣味人倶楽部の主な利用者 趣味人倶楽部は、20代以上の方を対象としているサービスとなっています。 笑 オフ会参加メンバーのリストをファイリングすることも。 趣味人倶楽部の大きな特徴として、オンライン・オフラインを問わず交流している点があげられます。

次の

趣味人倶楽部とはどんなメディア?シニア向け施策に最適な理由とは

趣味 人 倶楽部

趣味、志が一緒であれば友達です。 コーポレート部門の管掌取締役として同社の成長を牽引し、設立4年でIPOを果たしたのち、2019年11月に任期満了に伴い取締役を退任。 オフ会は人生の楽しみの一つです。 というコメントをいただき、趣味人倶楽部ならではの強みが生きたプロモーションの一例となりました。 同い年ならではの悩みや不安、郷愁を、ネット上やオフ会で語り合い、お互いの心の拠り所になれたらいいな、という思いから始まったコミュニティです。

次の

趣味人倶楽部とはどんなメディア?シニア向け施策に最適な理由とは

趣味 人 倶楽部

笑 ただただ、「管理人をお願い」と頼まれて、嬉しかったのです。 肩書きや身分を問わずに上の世代に話を聞きたいならおすすめ。 趣味人倶楽部: 今回の調達した資金を、「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」のプロダクト開発、マーケティング活動のために活用し、会員様に、より快適に、楽しく、ご利用頂けるサービスを目指します。 独りで寂しい老後を過ごすことを覚悟していましたが、こんなにも感覚のあうお友達ができて、とても幸せです。 株式会社メディカルノート 代表取締役CEO 梅田裕真 <プロフィール> 1983年生まれ。

次の

イベント

趣味 人 倶楽部

最後に、バロンさんにとって「趣味人倶楽部」は何でしょうか? 趣味人倶楽部は、会社卒業後の自分を育ててくれた場所です。 若者がメインのSNSには見られない交流の仕方も随所に見られます。 。 このままで元に戻すことはできないのでしょうか? 出来ますことを念じてお願いいたします。 趣味人倶楽部: 今回の調達した資金を、「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」のプロダクト開発、マーケティング活動のために活用し、会員様に、より快適に、楽しく、ご利用頂けるサービスを目指します。 結果 タイアップ記事を見た方を対象にWEBアンケートを取ってみたところ、 商品に対しての好意度が13ポイント上がる結果となりました。

次の