アーロン パークス。 アーロン・パークス / Aaron Parks【現代ジャズ辞典】

AARON PARKS LITTLE BIG |アーロン・パークス・リトル・ビッグ

アーロン パークス

16歳でマンハッタン音楽院に入学し、ケニー・バロンにジャズ・ピアノを師事。 1983年、シアトル生まれ。 Q: フランキー・ルソーについて教えてください。 爽やかなルックスもさることながら、2005年にバークリー音楽大学を奨学生として卒業。 「天才ピアニスト」の名を欲しいままに 彼が天才と言われる理由。

次の

AARON PARKS LITTLE BIG |アーロン・パークス・リトル・ビッグ

アーロン パークス

ただパターンとスケールを演奏するだけでなくね。 人間のパフォーマンスとそのような要素をマッチングさせるときは、何を注意していますか? FR: 僕はいつも、アコースティックとノンアコースティックな楽器を組み合わせた作品を書くことに魅力を感じているんだ。 Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)で再生できない場合は、ブラウザをGoogle Chrome(グーグルクローム)やMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)などに変更してください。 またあなたのブログでは、ブラームスやジョン・コルトレーン sax だけでなく、ルイス・コール ds やデイダラス sound production もリファレンスとして言及しています。 僕自身は自分の音楽に対して、本当に新しい視点を得られたんだけど、これはかなりクールな経験だよ。 AARON GOLDBERG TRIO アーロン・ゴールドバーグ・トリオ 2019. 4, CDジャーナル ヒップホップ バスタ・ライムズ 2014. また、同じ時期に参加した グレッチェン・パーラート vo のデビュー作は、今でも僕にとってうってつけの作品だ。 に見いだされ、若干16歳で「ザ・プロミス(The Promise)」をレコーディングしたということもそうですが、それ以上に彼の経歴がすごい。

次の

Aaron Parks

アーロン パークス

また、 ルイス・コールも全く新しいことをやっている。 14歳で参加したジャズのワークショップでその才能を認められ、16歳でマンハッタン音楽院に編入。 All The Things You Are 1964 Paul Bley Turning Point King Korn 1970 Paul Bley Synthesizer Show The Archangel 1972 Paul Bley Open to Love Closer 1986 Paul Bley Fragments Line Down 1986 Paul Bley Fragments Seven 1988 Paul Bley Solo Piano So Hard It Hurts 1993 Paul Bley Synth Thesis Cold Fusion• アーロン・パークス|インビジブル・シネマ Genre:ジャズ Style:コンテンポラリー、ピアノ=ギター・カルテット Recording:2008 Release:2008 Label:Blue Note Aaron Parks p , Mike Moreno g , Matt Penman b , Eric Harland ds 1983年生まれ、若干16歳でデビューしたアーロン・パークスのメジャー、というかブルー・ノート移籍後の第一作。 このアルバム、通算5作目にしてまだ24, 5歳とだったというから神童というのはこういう人を指すんでしょうか。 全て順と、彼の好奇心旺盛な心のおかげだ。 ブルーノートからの第一作目「インヴィジブル・シネマ(Invisible Cinema)」はアーロン・パークスが24歳の時のアルバムで、全曲、彼のオリジナル。

次の

アーロン・パークス&フランキー・ルソー|慶應ライトとの共演、音楽的ルーツを語る

アーロン パークス

通っていたところはジャズ系の学校だったけど、いつもクラシック寄りの講師と一緒に勉強していた。 まだまだ研究中だから。 [だけど]ドミニクはそうした2つの要素を機能させるマスターなんだ。 ギターのチャールズ・アルトゥラ(Charles Altura)は2010年、上原ひろみさんも参加した、グラミー賞受賞のスタンリー・クラークのアルバム「ザ・スタンリー・クラーク・バンド(The Stanley Clarke Band)」にも参加していて、「久しぶりに西海岸からジャズギタリストが輩出された!」と話題の人物。 ランダム• 食べ物のおすすめの聞くと、いつもどこに行くべきか教えてくれるんだ。 ロックを融合させたブルックリン系ジャズ 「リトル・ビッグ(Little Big)」というバンドも率いているアーロン・パークス。

次の

最新のジャズを聴くならアーロン・パークス(1983年~)

アーロン パークス

Having cut his teeth playing with highly-respected trumpeter Terence Blanchard, Aaron Parks' jazz credentials were already firmly established when he released his critically acclaimed album Invisible Cinema on Blue Note records in 2008. 僕はジャズとクラシック両方から同等に学んでいるつもりだけど、最近はクラシックのスコアに目を通している時間が多い。 でも、自分では電子音楽とジャズのスタイルを融合させる最適なミュージシャンを見つけることができなかった。 トランペッターのテレンス・ブランチャードに認められ、彼のバンドで本格的な活動を開始。 ブラッド・メルドーやアーロン・パークスとの共演歴を持つペンマン、ジャッキー・テラソンやジョヴァンニ・ミラバッシを支えてきた重鎮パーカーと共に展開される、ジャズ・ピアノ・トリオの新世界を見逃すわけにはいかない。 Q: それでは次に、今までサイドマンとして参加したレコーディングで好きな作品をいくつか教えてください。 またアーサー・ナテクは p の『Mockroot』に参加し、ティグランのピアノ・トリオでも2度来日した経験を持つ若手ドラマーだ。

次の

アーロン・パークス Aaron Parks

アーロン パークス

AP: うーん、最初に頭に浮かんだのは テレンス・ブランチャード tp の『Flow』かな。 その後も現在まで、ジャズファンをうならせる素晴らしい活躍。 4, CDジャーナル クラシック バルトーク、モートン・フェルドマン、アルヴォ・ペルト、武満徹「弦楽のためのレクイエム」 2014. アーロン・パークスのジャズの軌跡 ドイツのレーベル、ECMレーベルのアルバム「アーバレセンス(Arborescence)」 発表されたのは2013年で、録音は2011年。 彼から学ぶことはまだまだ沢山ある。 フランキーが手がけた楽曲を演奏するのは、彼が作ったアレンジメントの内部に分け入るという意味で冒険になるだろうね。

次の