Ntt データ。 NTTデータ

NTTデータ

ntt データ

その後、NTTデータはブログサービスを再開することなく、「ブログシステムを構築するための技術的知見、およびを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できた」として、同サービスからの撤退を決定した。 (平成12年) - ビジネス企画開発本部、情報ネットワークビジネス事業本部設置等組織改編。 日本語、、アルファベット等に対応。 - 元BMW傘下の情報システム子会社。 これは、ITサービス事業者として見た場合、国内では、に次ぐ第3位の売上高であるものの世界規模では第15位と大きく出遅れていたためである。 webシステム開発、業務アプリケーション製品。 日本電子計算株式会社• (昭和60年) - 日本電信電話株式会社設立、データ通信事業本部に改められる。

次の

NTTデータ

ntt データ

(昭和49年) - 地域気象観測システム「」開始。 (平成4年) - 本社を豊洲に移転、SCAWデザインシリーズ開発。 2009年には、人件費を削減するため出向社員のうち2010人を子会社へ転籍させた。 公共分野を始めとする国内市場の成長鈍化に対し、海外ITサービス企業へのを基本とした成長戦略を軸に据えている。 公共・官公庁関連 [ ] システム開発費に対する対価ではなく、その後のによるデータ通信設備サービス料で利益を上げるビジネスモデルを採用している。

次の

NTTデータ

ntt データ

広域災害救急医療情報システム - 災害発生時の医療機関稼動状況や災害医療情報の情報共有システム。 国内においてもシステム開発などから脱却し、ITソリューションの拡充とグループ会社を横断したサービス提供を経営目標としている。 - 米国向けオフショアが主力事業。 都銀キャッシュサービス() - /の相互接続ネットワーク。 と共同出資した新会社に事業を吸収分割し、2017年(平成29年)に子会社化。 - 世界最大級のシステムと称される郵便貯金ネットワーク。 「あまりにずさんな契約」と非難を浴びた。

次の

NTTデータ

ntt データ

(平成21年)、NTTデータは「Doblog(ドブログ)」を終了した。 - 旧情報システム部門と合併独立。 パートナー系• MEJAR- 汎用パッケージによる、・および、開発チームとの共同開発による。 気象庁地域気象観測データ通信システム() - 日本国内の地域気象観測システム。 その他各種銀行系子会社を買収。 法人系•。

次の

NTTデータ

ntt データ

- を利用したサービス。 機関投資家向けXNETサービス ポートフォリオマネジメント、勘定仕訳、入出金管理、現物管理等。 情報系システム統合基盤 - 同取引所の6つに機能分割されている情報系システムを統合する基盤システム。 (平成29年) - NTTデータグループ全社の開発方法論をグローバルレベルで統合。 - 国内初の性能プロフェッショナルサービス。 2012年度には海外売上高3,000億円の達成と、海外拠点50カ国への拡充を計画している。

次の

NTTデータ

ntt データ

NTTデータビジネスブレインズ かつてのグループ会社• (NTT)のデータ通信事業本部を源とし、その完全子会社であるのNTT株式会社が発行済総数の54. - オフショア開発、中国企業向けSI、BPO。 同社を中核にエヌジェーケーグループ 株式会社、株式会社 を形成していたが2017年4月に子会社をエヌジェーケーに吸収合併。 (日銀ネット)。 - SI、ITコンサルティング。 特許庁汚職 [ ] 2010年6月、の基幹システム再構築プロジェクトの入札関連情報を提供する見返りにNTTデータ社員が数百万円分のタクシーチケットを特許庁職員に渡し、NTTデータ側・特許庁側双方に逮捕者を出した。 - 導入コンサルティング。 従業員数は連結で約6万人、単独で約1万1千人。

次の

NTTデータ

ntt データ

- 預かり資産業務推進ソリューション。 ブログサービスのデータ消失と長期間のサービス停止 [ ] NTTデータが運営する「Doblog(ドブログ)」は、(平成21年)に発生したによりを損失し、約3か月間の長期間にわたってを停止した。 (平成5年) - 実施賞を受賞。 新Group Vision「Trusted Global Innovator」を発表。 その後、が参加し、の参加を予定しており、5行での利用となる。

次の