栄光 の 架橋 歌詞 付き。 ゆず 栄光の架橋 歌詞&動画視聴

ゆず『栄光の架橋』歌詞の意味・解釈と考察

栄光 の 架橋 歌詞 付き

希望に満ち溢れたメッセージです。 もしまだあなたが苦しみの最中にいるなら、それはきっと「輝かしい光の手前=栄光の架橋」の途中に立っているということなのかもしれません。 歌手: 作詞: 作曲: 誰にも見せない泪があった 人知れず流した泪があった 決して平らな道ではなかった けれど確かに歩んで来た道だ あの時想い描いた夢の途中に今も 何度も何度もあきらめかけた夢の途中 いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある だからもう迷わずに進めばいい 栄光の架橋へと… 悔しくて眠れなかった夜があった 恐くて震えていた夜があった もう駄目だと全てが嫌になって逃げ出そうとした時も 想い出せばこうしてたくさんの支えの中で歩いて来た 悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある さあ行こう 振り返らず走り出せばいい 希望に満ちた空へ… 誰にも見せない泪があった 人知れず流した泪があった いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある だからもう迷わずに進めばいい 栄光の架橋へと… 終わらないその旅へと 君の心へ続く架橋へと…. アテネ五輪に彩りを与えたゆずの名曲 アスリート達のこれまでと全身全霊が注ぎ込まれる大会に、そっと彩りを添えるのは各放送局のオリンピックテーマソング達です。 著作権法には、著作権を侵害した場合、「10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはこの両方」という罰則規定があります 法人の場合の罰金は、3億円以下です。 体操男子団体総合の金メダルがかかった最終種目、鉄棒の演技中にアナウンサーの方が「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ」と楽曲を連想させる言葉で実況したシーンは、この大会を象徴するような名場面となりました。 また、かけわたした橋。 コピーの可否に関わらず、合法なサイト等にて利用してください。

次の

栄光の架橋(ゆず) / コード譜 / ギター

栄光 の 架橋 歌詞 付き

ゆずさん『栄光の架橋』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 この記事を読んで、改めて『栄光の架橋』を聴いてみてください。 また、著作権者には著作権侵害に対する差止請求権や損害賠償請求権があります。 一番のサビと最後でゆずは、こう歌っています。 特に今年1月からは、著作権法も厳しく改正施行されましたので、巻き込まれないよう、このような行動は控えた方がご自身のためです。

次の

栄光の架橋 ゆず 歌詞情報

栄光 の 架橋 歌詞 付き

そんな何も見えず迷ってしまった時でもこの曲は私達を見放さず、まるでコンパスの様に、それぞれの大切な架橋へと背中を押してくれます。 それどころか、むしろ苦しかったり負けそうになった瞬間が切り取られています。 当記事が皆さんの「終わらないその旅へと続く栄光の架橋」となってくれれば何よりです。 選手の背中を押す応援歌 公式テーマソングは、いわば勝負に挑む選手達への応援歌です。 そんな風に希望の前には、悲しみや苦しみがある。

次の

ゆずが導く未来への道『栄光の架橋』

栄光 の 架橋 歌詞 付き

そんな時に「大丈夫だよ!」「また一緒に頑張ろう!」 たった一言の優しさが私たちを救ってくれたんです。 しかし諦めず歯を食いしばり、立ち向かって乗り越えて辿り着いた場所がある。 どうしてそんなひどいことを言うのだろうと誰かに対して思ったことがあるかもしれません。 身体の一部が急激に成長しようとする時に痛みを伴うものです。 過去を受け入れ、永遠に続く輝かしい未来へ。 成長痛というものがあります。 今でも鮮明に覚えている方は多いのではないでしょうか? ということはテーマは「スポーツの応援歌」?そう感じる方もいらっしゃるかもしれません。

次の

ゆず『栄光の架橋』歌詞の意味・解釈と考察

栄光 の 架橋 歌詞 付き

各種動画サイトやSNSなどのコメント欄を見ると、受験生や夢追い人、仕事で失敗をしてしまった人、大切な人との別れを経験した人など多くの方の背中を押す一曲となっている様子が窺えます。 具体的考察 歯を食いしばって立ち向かった日々。 何故でしょうか? それは、この曲がオリンピックに出場する選手の応援ソングという枠を超えた、人生の曲だからです。 私、砂糖塩味はこう感じました。 考察という次元を超えて、ダイレクトに心に響いてくる『栄光の架橋』。 「人生に希望を抱きながらも荒波に揉まれ様々な辛酸を舐めたてきた。

次の

ゆず 栄光の架橋 歌詞

栄光 の 架橋 歌詞 付き

ゆずがかけた『栄光の架橋』は、14年経った今でも私たちの心の中にあり、気付けばどんな時も私たちをそっと勇気づけてくれるのです。 その希望の場所まで歩いて来た道程が『栄光の架橋』である。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 誰にも見せない泪 ナミダ があった 人知れず流した泪があった 決して平らな道ではなかった けれど確かに歩んで来た道だ あの時想い描いた夢の途中に今も 何度も何度もあきらめかけた夢の途中 いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある だからもう迷わずに進めばいい 栄光の架橋へと… 悔しくて眠れなかった夜があった 恐くて震えていた夜があった もう駄目だと全てが嫌になって 逃げ出そうとした時も 想い出せばこうしてたくさんの 支えの中で歩いて来た 悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある さあ行こう 振り返らず走り出せばいい 希望に満ちた空へ… 誰にも見せない泪があった 人知れず流した泪があった いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある だからもう迷わずに進めばいい 栄光の架橋へと… 終わらないその旅へと 君の心へ続く架橋へと…. 過去の経験から、進む続けることや苦しい時期の意味を知っていても、歩いて行くことが嫌になったり、無駄に思える時があります。 誰 だれにも 見 みせない 泪 なみだがあった 人知 ひとしれず 流 ながした 泪 なみだがあった 決 けっして 平 たいらな 道 みちではなかった けれど 確 たしかに 歩 あゆんで 来 きた 道 みちだ あの 時想 ときおもい 描 えがいた 夢 ゆめの 途中 とちゅうに 今 いまも 何度 なんども 何度 なんどもあきらめかけた 夢 ゆめの 途中 とちゅう いくつもの 日々 ひびを 越 こえて 辿 たどり 着 ついた 今 いまがある だからもう 迷 まよわずに 進 すすめばいい 栄光 えいこうの 架橋 かけはしへと… 悔 くやしくて 眠 ねむれなかった 夜 よるがあった 恐 こわくて 震 ふるえていた 夜 よるがあった もう 駄目 だめだと 全 すべてが 嫌 いやになって 逃 にげ 出 だそうとした 時 ときも 想 おもい 出 だせばこうしてたくさんの 支 ささえの 中 なかで 歩 あるいて 来 きた 悲 かなしみや 苦 くるしみの 先 さきに それぞれの 光 ひかりがある さあ 行 ゆこう 振 ふり 返 かえらず 走 はしり 出 だせばいい 希望 きぼうに 満 みちた 空 そらへ… 誰 だれにも 見 みせない 泪 なみだがあった 人知 ひとしれず 流 ながした 泪 なみだがあった いくつもの 日々 ひびを 越 こえて 辿 たどり 着 ついた 今 いまがある だからもう 迷 まよわずに 進 すすめばいい 栄光 えいこうの 架橋 かけはしへと… 終 おわらないその 旅 たびへと 君 きみの 心 こころへ 続 つづく 架橋 かけはしへと… 誰 dare にも nimo 見 mi せない senai 泪 namida があった gaatta 人知 hitoshi れず rezu 流 naga した shita 泪 namida があった gaatta 決 kextu して shite 平 tai らな rana 道 michi ではなかった dehanakatta けれど keredo 確 tashi かに kani 歩 ayu んで nde 来 ki た ta 道 michi だ da あの ano 時想 tokiomo い i 描 ega いた ita 夢 yume の no 途中 tochuu に ni 今 ima も mo 何度 nando も mo 何度 nando もあきらめかけた moakiramekaketa 夢 yume の no 途中 tochuu いくつもの ikutsumono 日々 hibi を wo 越 ko えて ete 辿 tado り ri 着 tsu いた ita 今 ima がある gaaru だからもう dakaramou 迷 mayo わずに wazuni 進 susu めばいい mebaii 栄光 eikou の no 架橋 kakehashi へと heto… 悔 kuya しくて shikute 眠 nemu れなかった renakatta 夜 yoru があった gaatta 恐 kowa くて kute 震 furu えていた eteita 夜 yoru があった gaatta もう mou 駄目 dame だと dato 全 sube てが tega 嫌 iya になって ninatte 逃 ni げ ge 出 da そうとした soutoshita 時 toki も mo 想 omo い i 出 da せばこうしてたくさんの sebakoushitetakusanno 支 sasa えの eno 中 naka で de 歩 aru いて ite 来 ki た ta 悲 kana しみや shimiya 苦 kuru しみの shimino 先 saki に ni それぞれの sorezoreno 光 hikari がある gaaru さあ saa 行 yu こう kou 振 fu り ri 返 kae らず razu 走 hashi り ri 出 da せばいい sebaii 希望 kibou に ni 満 mi ちた chita 空 sora へ he… 誰 dare にも nimo 見 mi せない senai 泪 namida があった gaatta 人知 hitoshi れず rezu 流 naga した shita 泪 namida があった gaatta いくつもの ikutsumono 日々 hibi を wo 越 ko えて ete 辿 tado り ri 着 tsu いた ita 今 ima がある gaaru だからもう dakaramou 迷 mayo わずに wazuni 進 susu めばいい mebaii 栄光 eikou の no 架橋 kakehashi へと heto… 終 o わらないその waranaisono 旅 tabi へと heto 君 kimi の no 心 kokoro へ he 続 tsudu く ku 架橋 kakehashi へと heto…. しかし私、砂糖塩味はこの曲の真髄は「人生の応援歌」である、と考えました。 それを信じて、希望に満ちた空へ走り出せばいい。 年月を経てもずっと人々を勇気づけてくれる楽曲 人を突き動かすのは、必ずしもプラスな感情や経験だけではありません。

次の